iPhone 特集・連載

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】

花言葉:元気な女性

文●mobileASCII編集部

2012年06月06日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性

みなさま、ごきげんよう。
モバアス女子部・自称癒やし系の柏です。

一見派手なイマドキ女子に見られがちなワタクシ。自分の親にさえ町中でバッタリ遭遇すると、「田舎のヤンキーみたいで怖い」と一歩引かれます。正直悲しいです。

そんなワタクシですが、実は歴史が好きなんです。
歴史と言っても、教科書に載っているような大きな出来事や人物などではなく、別の時代の誰かが生きていたという小さな歴史。
その知らない誰かの痕跡に触れ、自分とは違う誰かを再認識することで、妙に安心するんですよね。つまり、厨二病です。

そんな小さな歴史を求めて、関東圏内のお寺などを、約1ヶ月に1回のペースで巡るのが趣味。下調べや地図などは持ち歩かず、気ままに街をブラブラして気になったモノや場所を写真で記録するのが、自分ルールです。そのときに必ず持ち歩くのはスマートフォン。以前はわざわざデジカメを持参していたのですが、最近はもっぱら「Morelomo」「一眼トイカメラ」などのカメラアプリを使っています。 アプリだとその場で加工できるので、実際に目に映る景色と、アプリで雰囲気をガラリと変えた景色。同じ場所を二度楽しめますよ!

というわけで、今回は去年撮影した鎌倉の風景を厳選してご紹介。

こちら、鎌倉最古の寺・杉本寺。

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性
©mobileASCII

鎌倉五山のひとつである浄妙寺。境内は国の指定史跡となっています。

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性

浄妙寺内にある枯山水庭園。

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性

境内で気持ちよさそうに寝ているニャンコ。
撮影後にニャンコを触ろうとしたら、猫パンチされました。ぐすん。

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性

そして最後に、今が見ごろの紫陽花!

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第3回-】花言葉:元気な女性

ちなみに、紫陽花の花言葉は“元気な女性”だそうです。確かに見ているだけで元気をもらえて癒やされます。

ワタクシも自称癒やし系として、編集部の紫陽花になろうかしら♪うふふ。

mobileASCII編集部・ 柏
mobileASCII 編集部・柏
編集部が誇るカワユスKILL(ルビ:ぎる)21歳・女子スタッフ。かわいい顔して、 いろいろズバズバ斬りまくっちゃうかも。AB型ならではのぶっとび分裂傾向も魅 力かも。てへぺろ★

 

mobileASCII.jp TOPページへ