Android 特集・連載

【GALAXY S Ⅲ SC-06D レビュー&活用術-第1回-】

夏モデルの本命!? 「おサイフケータイ」に対応した、docomo「GALAXY S Ⅲ SC-06D」を緊急レビュー!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2012年06月24日 19時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一新されたTouchWizホームとAndroid 4.0の融合は?

本機は、GALAXY SシリーズはじめてのAndroid 4.0搭載機なので、設定項目や操作感などが、これまでのAndroid 2.3搭載機種とは多少異なっています。ただし、昨年12月に発売されたAndroid 4.0の初号機であるGalaxy Nexusは、まさにGoogleが考える“素”の4.0インターフェースだったので、慣れるまでにかなりの時間がかかりましたが、このGALAXY S Ⅲは、SAMSUNG独自の「TouchWizホーム」が採用されていることもあってか違和感はなし! Android 2.3搭載機種からの乗り換えでも、それほど戸惑うことなく使えそうです。

■TouchWizホーム

ホーム画面の枚数は7枚。これまでのGALAXY Sシリーズでは、工場出荷状態で独自ウィジェットをホーム画面に貼りまくっていましたが、本機ではかなり抑えめな印象です。あまり人気のないウィジェットを整理してきたということなのでしょうか? このあたりは今度取材して訊ねてみたいと思います。ホーム画面はdocomoオリジナルの「Palette UI」にも変更できるので、お好みにあわせて使い分ければいいと思いますが、「Palette UI」ではホーム画面が5枚に減ってしまいます。GALAXY S Ⅲをカスタマイズしてバリバリ使いたいという人には、やはり「TouchWizホーム」がオススメです。

Galaxy SⅢ

今回試用した端末では、初期状態のホーム画面には、「天気予報」、「動画」、「音楽」、「S Suggest」の4つのウィジェットが貼られていました。「S Suggest」は、SAMSUNGがオススメするアプリを紹介するウィジェットですが、スペースを4×4も使ってしまうので、邪魔ならウィジェットを外して、アプリアイコンから起動する方がいいかも。

■プリインストールアプリをチェック

アプリは、GALAXY Noteにも入っていたメモ帳アプリ「Sメモ」と高機能カレンダーアプリの「Sプランナー」、GALAXYユーザー同士でチャットができるアプリ「ChatON」などが新しく加わりましたが、プリインストールされているアプリを見てみると、GALAXY S Ⅱに比べ、かなり数を厳選してきたことに気がつきます。画像や動画、音楽、ドキュメントデータなどをPCとWi-Fiを使ってやり取りすることができる「Kies air」、メールの受信やSNSのアップデートがプッシュで受けられる「Social Hub」といったSAMSUNG独自のアプリをはじめ、ecoモードやBeeTV、楽天オークションなどのdocomo系サービスのアプリも姿を消しています。これは今回試用したテスト機だけなのかもしれないので、製品版の発売後に再度確認してみることにします。

アプリ Galaxy SⅢ

最初から端末に入っているのはご覧のアプリ。ただし、これは試用機なので、市販時とは内容が変わる可能性もあります。

■使わないアプリを非表示にできる!

Androidシステムや、キャリアのサービスに関わるアプリはアンインストールできないのですが、本機では使わないアプリのアイコンを“非表示”にしてしまうという小技が使えます。ただ見えなくするだけという「臭いものに蓋」的な機能ですが、画面がスッキリするのはうれしいです!

アプリ非表示

アプリ画面でメニューキーをタップすると「アプリを非表示」にできるメニュー項目が表われるのでタップ。ホーム画面から消したいアプリにチェックを入れれば、アイコンが非表示になります。

 

次のページでは、GALAXY S Ⅲから加わった新機能を紹介していきます。

<< PREV 1 2 3 4 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ