Android iPhone 特集・連載

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第42回-】

「暁美ほむら」は俺の嫁

文●mobileASCII編集部

2012年08月02日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「暁美ほむら」は俺の嫁

みなさま、ごきげんよう。
モバアス女子部・柏です。

一般的に“オタク”に部類されるワタクシ。3度の飯より、アニメやゲームが大好きなんです。

そんなワタクシのゲームデビューは、3歳のころ。よくお兄さまと「ストリートファイター2」で一緒に遊んでいた記憶があります。

この頃からゲームに傾倒するようになりましたが、オタクとしての気質を開花させたのは小学校2年生のとき。きっかけは「テイルズ オブ デスティニー」というゲームに登場するリオン・マグナスというキャラクターに一目惚れしたことでした。それからは、リオン・マグナス役の声優・緑川光さんの出演するアニメ作品を見たり、キャラソンを聴いたりするようになり、気づけば“オタク”と呼ばれるようになっていた、というワケなんです。

そんなワタクシのお気に入りのアプリが『嫁コレ』

この『嫁コレ』は、キャラクターの撮り下ろしボイス付カードを集めて楽しむアプリです。
現時点での作品数は、「電波女と青春男」「とらドラ!」「薄桜鬼」など45作品。キャラクター数は、「藤和エリオ(CV:大亀あすか)」「逢坂 大河 (CV:釘宮理恵)」「海野六郎(CV:神谷浩史)」「湊 智花(CV:花澤香菜)」など102人と豊富です。アニメファン、声優オタクにはたまりませんね!

遊び方は簡単。

「暁美ほむら」は俺の嫁

まずは、嫁にしたいキャラクターを1人選び、登録を行います。

その後は、選んだ嫁とさまざまな手段でコミュニケーションをとり、愛情度が上がると新しいカードが手に入る、というものです。

「暁美ほむら」は俺の嫁
「暁美ほむら」は俺の嫁

コミュニケーションは、「なでる」「話しかける」の2種類。「話しかける」と、撮り下ろしボイスが聞けちゃいます。また、好感度が上がると、「キスをする」こともできるらしいですよ! ふふ。

このほかにも、起こしてもらうことや写真を一緒に撮ることもできます。

ワタクシの嫁・暁美ほむらちゃんは、まだまだ心を開いてくれませんが、そこがまた“萌え”ポイント! 周囲にどんなに「気持ち悪い」と言われても、この趣味は一生やめられる気がしません。

同志たちも、このアプリでいっぱい萌えればいいと思うよ!! ……でも、「暁美ほむら」は俺の嫁。異論は認め~ん!!

mobileASCII編集部・ 柏
mobileASCII 編集部・柏
編集部が誇るカワユスKILL(ルビ:ぎる)21歳・女子スタッフ。かわいい顔して、 いろいろズバズバ斬りまくっちゃうかも。AB型ならではのぶっとび分裂傾向も魅力かも。てへぺろ★

 

mobileASCII.jp TOPページへ