Android 特集・連載

【今すぐできる!「しゃべってコンシェル」カンタン活用ガイド!!-第2回-】

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

文●mobileASCII編集部

2012年08月07日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃべってコンシェルの基本的な操作方法と
さらに便利に使うための設定をチェック!!

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

ユーザーが「知りたいこと」などをスマートフォンに話しかけると、ズバリと最適な回答を画面に表示してくれるアプリがしゃべってコンシェル」。音声で入力できるというのは、スマートフォンのキーボード操作に慣れていない人はもちろんのこと、街中で歩きながらでも使うことができるので、想像以上に便利です。
「しゃべってコンシェル」は、単に話しかければいいアプリと思われている方が多いかと思いますが、ちょっとした下準備をするだけで、さらに便利に使うことができます「しゃべってコンシェル」特集の第2回目となる今回は、そんなアプリの基本的な操作設定方法について紹介していきます。

■まずは基本的な使い方からチェック!

アプリアイコンをタップして「しゃべってコンシェル」を起動すると、羊の執事が「何かご用ですか」とお出迎してくれる画面が表示されます。ここでユーザーが行なう操作は、下の写真でグリーンで囲んだマイクボタンをタップするだけ。スマートフォンのマイク感度は思っている以上に高いので、普通に話せば端末を口元まで近づけなくても認識されます。なるべく滑舌よく、ハキハキと話すのがコツです。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

マイクをタップすると、すぐ機能がスタートするので、何をしゃべるのかを考えておかないと慌てることに。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

周りが騒がしくない環境なら、このような感じで端末と口元が離れていても問題なく認識されます。

■乗換案内は“設定”を活用すれば便利に!!

「しゃべってコンシェル」は、単に思いついたことを話すだけのツールではありません。事前にいろいろ設定すれば、さらに便利な使い方ができるのです。たとえば、電話をかけるようなポーズで使用したり、メールの起動や乗換案内を簡単に使えるようにすることも可能です。

「設定」はアプリを起動して音声入力画面の時に、端末のメニュー・キーを押すと表示されます。設定できる項目は6つで、以下の通りです。
 

位置情報
取得設定
GPSや基地局情報を使って、
ユーザーがどこにいるのかをアプリに教える
耳あて
自動音声
入力
電話をかけるポーズで自動に入力をONにする
音声再生
設定
検索結果を合成音声で教えてくれるようにする
音量設定 合成音声の音量を調整する
自宅最寄駅
設定
「自宅に帰る」としゃべった時に、現在地付近の駅から自宅のある駅までのルートが表示されるようにできる
入力履歴
削除
これまでに入力した履歴を削除する

 

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

端末のメニューキーをタップすると、上の写真でグリーンで囲んだように「設定」と「ヘルプ」のボタンが表示されます。ここでは設定を開いてみます。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

初期状態では、上の写真のようにすべてのチェックが入っています。※8月14日訂正 初期状態では「耳あて自動音声入力」にはチェックは入っていません。上の写真も正しい初期状態のものに変更してあります。

■位置情報取得設定

 「近所のラーメン屋を教えて」などで
 検索できるようにするには

「しゃべってコンシェル」は、ドコモのエリアガイドと連携する上で、ユーザーがどこからアクセスしているのか現在地の位置情報を要求します。「位置情報取得設定」をONにしておけば、「近所のラーメン屋を教えて」などといった曖昧な検索をするのも可能になります。どうしても位置情報を教えたくないという場合以外は、ONのままにしておく方が圧倒的に便利です。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

「しゃべってコンシェル」の「位置情報取得設定」を使うには、端末の「無線ネットワークを使用」、「GPS機能を使用」のどちらか、あるいは両方がONになっている必要があります。

耳あて自動音声入力

 電話をかけるようなポーズをすれば
 自動で音声入力モードがスタートする!

他の人が近くにいるような場所で、端末に向かってしゃべるのが恥ずかしいという時には、一見電話をかけているように見える「耳あて自動音声入力」モードを試してみましょう。チェックボックスをONにすれば、端末を顔の近くに持ってくるだけで、センサーが感知して音声入力がスタートします。これなら人目を気にせず音声入力できます。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

顔の近くに端末を近づけると、バイブがぶるっと震えて、入力がスタートしたことを知らせてくれます。

自宅最寄駅設定

「自宅に帰る」だけで、路線検索ができる!

カーナビに装備されている「自宅位置登録」までの機能はありませんが、「しゃべってコンシェル」は「自宅最寄駅設定」で、住んでいる場所の駅を登録しておける機能があります。あらかじめ登録しておけば、「自宅に帰る」としゃべるだけで、現在地近くの駅からの乗り換え情報を表示してくれるようになります。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

「自宅最寄駅設定」だけは、スマートフォンのキーボードで入力する必要があります。駅名を入力する際には末尾の「駅」はつけないのがポイントです。

「しゃべってコンシェル」の基本的な使い方をチェック!

「位置情報取得設定」がONになっていれば、現在地付近の駅名を入力しなくても、発車駅を自動で選択して、自宅最寄り駅までのルートを示してくれます。


次のページでは、しゃべってコンシェルでメールしたり、音楽を聴くための最適化設定を紹介します。

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ