Android iPhone 特集・連載

【スマホ定番アプリ活用術!-第1回-】

すぐわかる「LINE」トーク&スタンプの使い方

文●mobileASCII編集部

2012年11月21日 22時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使いこなしポイント②
「LINE」の醍醐味!
トークを使いこなそう!


LINE

 いよいよ『LINE』の最大の楽しみである「トーク」の使い方を解説しよう。多彩な表情が用意されたスタンプを利用する「トーク」はいわば"絵付きのチャット"。ケータイメールのやりとりにはないライブ感と、文字だけのチャットにはない楽しさにあふれている。友だちと気軽にコミュニケーションするのに最適!

①[メニュー]

LINE LINE

 無料通話やこのトークへの友だちの招待が可能。また「トーク設定」から壁紙の変更などもできる。

②[機能呼び出し]

LINE

 トーク中に写真や動画を撮って添付したり、ギャラリーから選択した画像や動画を貼り付けたり、位置情報を送信したりできる。メニューはフリックで切り替え可能。

③[スタンプ/絵文字/顔文字]

LINE

 タップすると「絵文字」「スタンプ」「顔文字」のメニューが表示され、タブで選択可能。絵文字やスタンプをタップすれば投稿できる。「スタンプ」では、下部のメニューをフリックして種類も選択可能。初期状態でも4種類されていて、これだけでも十分に楽しめる。

④[文字入力]

LINE

 画面下部のウィンドウが文字入力部分。タップするとソフトウェアキーボードが表示される。

CHECK コメントやスタンプを長押し

 トークの画面でいろんな場所を長押ししてみよう。コメントではコピーや共有のメニューが、スタンプの場合はスタンプ情報が、また友だちのアイコンでは無料通話などのメニューが表示される。

LINE LINE


■ここが重要
■ケータイメールより
■気軽に楽しんで使おう!

「トーク」は、堅苦しく考えずにとにかく使ってみるのがおすすめ。メール代わりの連絡手段として使ったり、スタンプを多用して微妙な感情を伝えたり、気軽に試してみよう。

LINE

▲各種類ごとに、多彩な表情やバリエーションが用意されたスタンプは、いわば"新世代の絵文字"。最初に用意された4種類だけでも、いろんな感情を伝えられる。

ポップアップを設定しておけばメールの代わりに

 先述の「トーク設定」で「通知ON」に設定し、「その他」→「設定」の「通知設定」で「通知ポップアップの表示」「バイブレーション」などを設定しておけば、友だちの投稿をプッシュ通知してくれる。メール代わりに便利!

LINE


スタンプのこんな使い方を
試してみよう!

 スタンプには、たとえば"落ち込んでいる"ものだけでも、いろんなバリエーションがある。感情の微妙な移り変わりを表してみたり、あるいはそのとき気持ちをスタンプだけで表現してやりとりしてみたり(実際、文字入力しなくても、スタンプだけで投稿できる)、いろんな使い方を試してみよう!

スタンプだけでもコミュニケーションできる!

LINE

新たなスタンプを入手する楽しみも!

LINE

▲ショップで新しいスタンプを購入してみるのも○。表現の幅がさらに広がる!

感情の移り変わりをスタンプで表現!

LINE

▲喜怒哀楽の移り変わりを絵文字でアピール。こんな使い方も楽しい。

※画面は2012年9月18日時点のものです。

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ