特集・連載

【新春特別企画 2012 mobileASCII.jp年間人気ランキング!-第4回-】

2012 特集記事 アクセスランキング ベスト20!

文●mobileASCII編集部

2013年01月07日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の売れ筋モデル&カスタマイズ系の
特集記事に多くのアクセスが集まった!


「2012 mobileASCII.jp ランキング」第4回は、2012年の1年間にアクセスを集めたmobileASCII.jpの特集記事をチェック。新端末のレビューや、端末の使いこなし術、Android 4.0の設定方法など、多くの特集記事をアップしてきたが、多くのアクセス数を集めたのは、やはり売り上げランキングでも上位に入った人気端末を扱った記事だった。

2012年に注目されたスマートフォンのトレンドに関する記事を、mobileASCIIスマホ班のコメントとともにに、
あらためて振り返ってみよう!

<各記事のタイトル、または画像をクリックorタップすると元の記事にアクセスできます>

[集計期間」2012年1月1日~12月23日


【第1位】
【ARROWS X F-10D活用術】
 バッテリー持ちを良くするための設定術!

「スマホの一番の課題ともいえるバッテリーの持ちに関する記事は、やはり注目度が高かったですね。特にこのARROWS X F-10Dの記事では、使わないウィジェットを外したり、サービスを停止したりなど、具体的に徹底したバッテリー対策を取り上げているところが、アクセス数につながった気がします」(編集部・山下)

「バッテリー対策をいろいろ試すには、検証作業にかなり時間がかかるので大変なんですが、実際にバッテリーの持続時間が延びていくのを見ながら原稿を書くのは楽しかったですね。ARROWS X F-10Dユーザーの方以外でも使えるネタがありますので、バッテリー持ちを何とかしたいと思っている方は、ぜひ読んでみてもらいたいです」(編集部・高橋)

記事の中では、ARROWS X F-10Dの端末設定を、節電という面から最適化するばかりでなく、ツール系アプリを積極的に使ってバッテリー対策を行なっている。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>

■こんな記事もチェック!
【GALAXY S Ⅲ 活用術】 バッテリーの持ちを良くする&快適化のための設定術!


【第2位】
【Xperia acro HD活用術!!】
 第1回 ホーム画面カスタマイズしよう

「2012年の端末売り上げランキングでも上位につけた、Xperia acro HDだけに、このホーム画面カスタマイズ記事のアクセス数も多かったんでしょうね。ウィジェットやアプリの設置、外し方など、ホーム画面の基本を詳しく紹介していますが、後半でバッテリー対策について言及しているところもポイントです」(編集部・山下)

「記事の執筆当時は、まだ“ソニー・エリクソンホーム”と呼ばれていたホーム画面(今はエクスペリアホームという名称に変更されている)を、100%使いこなしてもらおうというところから始まった活用術企画でした。基礎の基礎から使い方を勉強してみたいというXperiaビギナーの方は、今から読んでもタメになると思いますよ」(編集部・高橋)

デフォルトの「docomo Palette UI」から「ソニー・エリクソンホーム」への変更方法や、ホーム画面をカスタマイズしてオリジナルのホームを作るテクニックなどが網羅されている。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>


【第3位】
IGZO液晶はキレイで省エネ効果抜群! 
ドコモ冬モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」最速レビュー!

「AQUOS PHONE ZETAはこの冬イチオシのスマホだったので、人気、注目度ともに高かったように思います。シャープの新技術“IGZO”についての説明もきっちりとできたんじゃないでしょうか。カメラ機能の説明のところで作例として使った“トンボ”の写真は、個人的にはわかりやすかったと思うんですが、一部の昆虫嫌いの方たちには評判が悪かったみたいです(苦笑)。今後の反省材料です」(編集部・山下)

「スマホのスペックは高ければ高いほどイイ!という私にとって、AQUOS PHONE ZETAは、まさに物欲を刺激するモデルです。IGZOの省エネ性能も魅力なのですが、個人的には光学式手ぶれ補正機能が付いた1,630万画素のカメラがお気に入りです。記事の中でもカメラ機能について、作例写真付きで紹介していますので、写真好きな方はぜひチェックしてみてください」(編集部・高橋)

ハードウェアのスペック面だけでなく、シャープ独自のFeel操作など、便利機能などについても紹介している。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>

■こんな記事もチェック!
極限カスタマイズで使い勝手を向上させる!! 
ドコモ冬モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」活用術
【ホーム画面カスタマイズ編】


【第4位】
docomo スマートフォン「GALAXY S Ⅲ SC-06D」の
ホーム画面を徹底カスタマイズ!

「GALAXY S Ⅲのホーム画面である“Touch Wizホーム”は、エクスペリアホーム同様によくできていると改めて感じました。プリインされているホーム画面がそのまま使える端末ってやっぱいいですね」(編集部・山下)

「GALAXY S Ⅲの“Touch Wizホーム”は、ホーム画面上にムービーの子画面を出しっ放しにできる“ポップアップ・プレイ”や、独自のスケジュール帳ウィジェットを置くことができたりと、中上級者でも不満の出ない設計がイイんですよね。私はフォルダを駆使して画面を整理するのが好きなんですが、フォルダの作り方や整理方法なども詳しく紹介してありますので、参考にしてもらえるとうれしいですね」(編集部・高橋)

GALAXY S Ⅲのホーム画面カスタマイズにテーマを絞った内容で、“Touch Wizホームを使ううえでの基本から応用までが網羅されている。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>

■こんな記事もチェック!
夏モデルの本命!? 「おサイフケータイ」に対応した、
docomo「GALAXY S Ⅲ SC-06D」を緊急レビュー!

docomo「GALAXY S Ⅲ SC-06D」のカメラ機能にクローズアップ!
【GALAXY S Ⅲ 活用術】 バッテリーの持ちを良くする&快適化のための設定術!


【第5位】
『Android 4.0のホーム画面を使いやすくカスタマイズしよう!』

「ドコモの Palette UIを題材に、2012年に本格的に普及した“Android 4.0”でのホーム画面の設定方法を解説しています。ラベルカラーの変更や、フォルダの作成などは、ホーム画面整理のポイントですね」(編集部・山下)

「端末に搭載されているOSが、Android 4.0に切り替わりつつあるタイミングだったので、注目度が高かったようです。やはりAndroidスマートフォンは、自分が使いやすいようにどんどんカスタマイズできるのが魅力のひとつですね」(編集部・高橋)

ホーム画面の設定方法など、スマートフォン初心者にとって役に立つ情報が満載だ。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>


【第6位】
『Android 4.0をさらにサクサク高速化する!』

「2012年に話題を集めたAndroid 4.0だけに、この記事にも多くのアクセスが集まりました。ただ、使い勝手を考えてウィジェットをいっぱいホーム画面に出すと、メモリを圧迫してサクサク感がスポイルされてしまうというのは悩ましいところですね」(編集部・山下)

「スマートフォンを普通に使っているだけで、どんどん不要なキャッシュが溜まっていったり、使っているつもりがないアプリが裏でたくさん動いているというのが、端末の快適さを損なう要因です。体感速度を向上させるためのテクニックは、どんな端末にも使えると思います。Android 4.0にアップデートして“重い”と感じている人は、ぜひ読んでみてください」(編集部・高橋)

どんなに端末のスペックが高くても、不要なアプリをたくさん動かしていると、宝の持ち腐れ。端末を快適に使うためのテクニックを学んでみよう。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>


【第7位】
『スマートフォンの遅い・重いをズバッと解決!』

「スマートフォンの“遅い”、“重い”は、2012年もユーザーにとっては大きな悩みだったようです。ただ、夏モデルくらいから内蔵ストレージの容量が大きな端末が増えてきましたので、アプリをSDカードに移動させたりという手間が要らなくなってきました。最新の機種にとっては記事の内容が少し古くなってしまったかな?」(編集部・山下)

「Androidスマートフォンが重くなってしまう原因は、やっぱり不要なキャッシュデータや、起動しっぱなしになっている不要アプリなんです。記事の中で紹介している“最適化アプリ”などを利用して、いつもスッキリと使いたいですね」(編集部・高橋)

端末を快適化するためのポイントを、8つに分けて紹介している。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>


【第8位】
最新クアッドコアCPU搭載スマホ「Optimus G」を使ってみた!

「Optimus Gは発売当時、CPUがQualcommの『Snapdragon S4 Pro APQ8064』というクアッドコアなので非常に注目されてましたね。夏モデルでは、デュアルコアの『Snapdragon S4 MSM8960』が品不足で、端末の生産が滞ってしまうほどの状況でしたし。iPhone 5対抗という時期に登場した、実力派Androidスマホといったモデルでした」(編集部・山下)

「夏モデルの発売から、それほど日が経っていないときに、突如発表になったのがOptimus Gでした。実際に触ってみたときに、かつてないほどの速さを実感したのを思い出しました。クアッドコアCPU搭載の先駆け的モデルですが、冬モデルが発売になった今でも、実力は一線級だと思います」(編集部・高橋)

Xiの100Mbps対応機ではないのだけが冬モデルに比べての弱点だが、それ以外のスペックは、冬モデルと比較してもまったく劣らない。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>


【第9位】
軽量コンパクトで防水対応 ドコモ2012冬モデル
「Xperia AX SO-01E」最速レビュー!!

「“王道”という言葉がピッタリのXperiaシリーズの完成形といった感じの端末。レビューを書いてくれた小林さんの『私の手は脂ぎっている』という自虐ネタが印象的な記事でした」」(編集部・山下)

「このXperia AXから、端末レビューに小林誠氏が加わってくれました。独特な書き口で端末を語る小林氏の原稿は、必見です!」(編集部・高橋)

「Xperia AX」と「Xperia GX」、「Xperia acro HD」の比較に関しても詳しく解説されている。
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>

■こんな記事もチェック!
docomo 2012夏モデル「Xperia GX」&「Xperia SX」はどちらが買い?
docomo 2012夏モデル「Xperia GX」&「Xperia SX」のホーム画面をチェック!
docomo 2012夏モデル「Xperia GX」&「Xperia SX」のプリインアプリをチェック!


【第10位】
【GALAXY Note活用術】Sペンを使い倒して、
 GALAXY Noteのポテンシャルを最大限に引き出せ!

「当初は韓国取材のみで記事を構成しようと考えていたのですが、途中から“Sペン”の使い方に路線変更しました。“ケータイにメモが送れる”という小技までフォローしていますので、GALAXY Noteユーザーはぜひ一度目を通してみていただきたいと思います」(編集部・山下)

「手書き機能は便利な反面、覚えなきゃいけないことが多くて…と思っている方は、できることがコンパクトにまとまっている、この記事を読んで参考にしてみていただければと思います。GALAXY Noteのポテンシャルを最大限に引き出せますよ」(編集部・高橋)

/a>

▲SペンとSメモの使い方をマスターするためのテクニックが紹介されている
<記事タイトルまたは画像をクリックすると元の記事へアクセスできます>

■こんな記事もチェック!
【GALAXY Note 活用術】
Android 4.0にバージョンアップ後のGALAXY Noteの機能をチェック!


次ページ>>11位以下の特集記事もチェック!

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ