Android 特集・連載

【ドコモ冬モデル 「Xperia AX SO-01E」活用術-第1回-】

Xperia AX SO-01Eを
さらにソニーらしくカスタマイズ!!
【ドコモ冬モデル 「Xperia AX SO-01E」活用術】

文●小林 誠

2012年12月28日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 【Xperia AX活用術】

Xperia AXを購入したら
設定の変更とアプリの追加を検討しよう


 発売後順調に売れ続けている「Xperia AX」だが、購入後“そのまま”使っている人はいないだろうか? せっかく購入した王道スマホだが、普通の使い方では物足りないかもしれない。かといって最初の姿はどこいった?と思うようなカスタマイズではXperiaらしさが失われる。ここでは、そんなXperiaの良さを活かしたカスタマイズの方法について紹介しよう。

ホーム画面を「Xperiaホーム」に変更

 まずは「Xperia AX」のホーム画面からカスタマイズしてみる。購入してそのまま使うとホーム画面はドコモが導入している「docomo Palette UI」になっているはず。初心者にはこれでもいいが、Xperiaが好きで購入したのなら、メーカー製ホーム画面「Xperiaホーム」に変更したいところ。
 まずは本体の「設定」から「Xperia」へ。「優先アプリ設定」があるのでここでは「一括設定」を選択し「Xperia」をタップする。

ホーム画面の変更

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

Xperiaホームへの変更は、「設定」→「Xperia」→「優先アプリ設定」→「一括設定」→「Xperia」の順でOK。

docomo Palette UIとXperiaホームの違い

 この設定によりホーム画面はもちろん、ロック画面やアプリメニューの画面もメーカー製画面へと変化する。とくにロック画面は「Palette UI」ではロックボタンをタップして解除する形だったが、左から右へスライドして解除する形になる。しかも右から左にカメラボタンをスライドするとカメラが起動するのだが、起動した瞬間に撮影も行う「クイック起動」なので、素早く撮影したい人に便利なのだ。

 またアプリメニューを見ても、「WALKMAN」「Timescape」といったXperiaらしいアプリが先に配置されている。ホームを「Xperia」に変更するだけで「Palette UI」を使うよりも、さらに「Xperiaらしさ」を感じられて、Xperiaの目玉となっているオリジナルアプリが起動しやすくなるのだ。

docomo Palette UIとXperiaホーム

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

左がdocomo Palette UIのロック画面。右はXperiaホームのロック画面。ロック解除方法などが大きく違う。

「Xperia Start Up」から
アプリを追加する

 次にもっと“Xperiaらしさ”を究めるため、「Xperia Start Up」を活用しよう。アプリメニューの後ろのほうにある「Xperia Start Up」のアイコンをタップすると4本のアプリをインストールできる。その4本とはXperiaのキャンペーン情報や周辺機器情報が集まる「Xperia Home」、Xperiaの快適な使い方を提案するマガジン風ビューア「Xperia Press」、Xperiaを活用するのに便利なアプリを紹介する「Sony Select」、Xperia向けの壁紙を提供したりするポータル「PlayNow」だ。

Xperia Start Up

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

「Xperia Start Up」のアイコンをタップすると、4本のアプリをインストールできる。インストール後にアプリメニューを確認すると、アイコンが並んでいる。

Xperia Press

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

「Xperia Press」はXperia向けにこだわりのアイテムを紹介するビューア。ページをめくるように読むことができる。

「Sony Select」からアプリを追加

「Xperia Start Up」でアプリのインストールを終えたら、その中の「Sony Select」をタップして、さらにアプリを追加しよう。さまざまなアプリが紹介されているが、その中に「SONYアプリ」というカテゴリがある。ソニーが開発している洗練されたアプリが紹介されているのでXperiaを格好良いままカスタマイズするなら、このソニー製アプリをインストールしていこう。ここではオススメの2本を紹介する。

Sony Select

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

「Sony Select」内の「SONYアプリ」には、ソニーグループが提供しているアプリが揃っているので簡単に入手できる。Playストアからでもいいが、「Sony Select」経由だと公式アプリがそろっているので分かりやすい。他にも多くのアプリが紹介されている。

x-Radar powerd by PetaMap

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

現在地周辺をガイドするレーダー風アプリ。「ぐるなび」や「ホットペッパー」などの飲食店情報や、ソニーのデジカメαの撮影スポット、観光・レジャースポット、病院や美容院などの暮らしに役立つスポットなど100万スポットを網羅している。Googleマップ上に表示することもできるので、普通の地図アプリとしても使える。

“α” CLOCK for Mobile

Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】 Xperia AX SO-01Eを、さらにソニーらしくカスタマイズ!!  【Xperia AX活用術】

 美しい壁紙を表示するアプリ。壁紙をソニーのデジタルカメラ「α」で撮影した世界遺産の美しい写真に切り替えられる。アプリのメニューから「壁紙の切り替え」を「ON」にするだけでいい。現在の時間に合わせて、同じ時間に近い写真を表示するほか、写真を日替わりでランダム表示することもできる。撮影したカメラ、時間帯のチェック、他の世界遺産の写真を無料でダウンロードすることも可能だ。

ソニーファンに便利な
家電連携アプリも多い

 ノートPCでVAIO、タブレットでXperia Tabletを使っているのなら「Xperia LINK」も便利。これはBluetoothでテザリングをする機能。接続する際にVAIOやXperia Tabletにも「Xperia LINK」があるので、起動してQRコードを表示させる。そして「Xperia AX」で「Xperia LINK」を使い、QRコードを読み取ればOK。たったこれだけでテザリングが可能だ。パスワードの入力が長くて面倒という人には便利なのではないだろうか。

 他にも家電連携のアプリが用意されているので、自宅に液晶テレビのブラビアや、ソニーのブルーレイディスクレコーダーがあるのならインストールしてみるとよいだろう。


>>>>ホーム画面を整理しウィジェットを厳選する

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ