Android ニュース

ソニーモバイル、5.0インチのフルHDディスプレイを搭載した『Xperia Z』を発表

文●mobileASCII編集部

2013年01月08日 15時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年1月7日(米国ラスベガス)− ソニーモバイルコミュニケーションズは、「2013 International CES」に先駆けて行われたソニーのプレスカンファレンスにおいて、今春に導入予定のスマートフォン、『Xperia Z』の発表を行なった。

Xperia Z

『Xperia Z』は、約7.9mmの薄型フラットボディにソニーの最先端の技術を搭載したスマートフォン。
 約5.0インチのフルHDディスプレイに高輝度・高精細な映像表現を可能にする「Reality Display」を採用し、「モバイルブラビアエンジン2」と併せて、映像コンテンツをより鮮やかに、美しく表現する。また、ソニーが世界で初めて開発した積層型CMOSイメージセンサー”Exmor RS for mobile”を採用した約1310万画素カメラはHDRビデオに対応。複雑な操作や特別な設定なしで簡単に、美しい静止画や動画を撮影できる。

 CPUには1.5GHzのクアッドコアを搭載し、すばやく、快適な操作性を実現。防水・防塵性能も備え、シーンを問わず使用できる。薄型フラットボディは背面にガラス素材を採用することで、美しい平滑面を実現、無駄を排したミニマルで心地よいデザインが特長だ。

 また、ソニー製の対応機器にかざすだけで写真や音楽をワイヤレスで楽しめるワンタッチ機能に対応。『Xperia Z』で再生中の音楽を接続先のスピーカーやヘッドセットで再生するワンタッチリスニング機能や、写真や動画を簡単にバックアップするワンタッチバックアップ機能にも対応している。

『Xperia Z』は日本を含めた各市場での発売が予定されている。

Xperia Z


 その他、『Xperia Z』と一部仕様が異なる『Xperia ZL』、NFC搭載Bluetoothヘッドセット『SBH20』、『DR-BTN200M』の発表を行なった。

DR-BTN200M

Xperia Z

SBH20

Xperia Z

Xperia Z 主なスペック

カラー:BlackPurple、White
サイズ:H139xW71xD7.9 mm
重量:146g
ディスプレイ:5インチ 1920x1080pixel TFT HD Reality Display
CPU:1.5 GHz Qualcomm APQ8064+MDM9215M Quad Core
メモリー:RAM2GB/ROM16GB
OS:Android 4.1 (Jelly Bean)
カメラ:メイン1,300万画素 インカメラ210万画素
バッテリー:2,330mAh


「Xperia」は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
「ブラビア」、「BRAVIA」、「Exmor RS for mobile」および「make.believe」は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
「Bluetooth」はBluetooth SIG, INC.の登録商標であり、ソニーモバイルはライセンスに基づいて使用しています。

プレスリリース(英文)
http://blogs.sonymobile.com/category/press-releases

mobileASCII.jp TOPページへ