iPhone 特集・連載

【飯田橋で働く女性編集者の独り言-第131回-】

一人暮らしでペットと暮らすなら! 『iHealth iBaby monitor』

文●mobileASCII編集部

2013年01月10日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、ごきげんよう。
モバアス女子部・柏です。

一人暮らしでペットと暮らすなら! 『iHealth iBaby monitor』

親元を離れて約2年。一人暮らしを始めたばかりの頃は、どんなに飲んだくれて帰ってきても怒られないし、深夜ゲームをしていても何も言われないし……「一人暮らしって結構楽しいかも!」なんて思っていました。

しかし、体調を崩したときや、料理を作ったとき、終電で帰宅したとき、などなど……一人暮らしをしていると、些細なことで猛烈に“寂しさ”を感じてしまうんですよね。

そんな“寂しさ”を感じたときに、ペットがそばにいてくれたら……と思うものの、家を留守にすることが多いので何かと心配。この心配を解消するものはないのか……と調べて発見したのが『iHealth iBaby monitor』。

一人暮らしでペットと暮らすなら! 『iHealth iBaby monitor』

この『iHealth iBaby monitor』は、専用アプリ「iBaby Monitor BM」をインストールしたiPhoneやiPad、iPod touchで離れた場所の様子を映像で確認できる、遠隔操作型ネットワークカメラです!

一人暮らしでペットと暮らすなら! 『iHealth iBaby monitor』

ネットワークカメラを通して、外出先で部屋の様子を確認できるだけでなく、音声通話や視聴中の映像を撮影することも可能。ワタクシのように留守中のペットの様子をチェックすることはもちろん、赤ちゃんや子供の見守り、防犯対策など、さまざまな用途で利用できますよ♪

≪主な機能≫
・専用アプリを使ってモニターの角度を調節可能。カメラの向きは、左右は350度まで、上下は70度まで操作できる。
・赤外線撮影ができるので、暗い部屋でもOK。
・離れた場所でも音声通話のやりとりができる。
・専用アプリで、試聴中の映像からスナップショットを作成したり、録画したりできる。
・1台のカメラの映像を最大で4ユーザーまで共有できる。
・アラーム機能を搭載。何か大きな動きがあったり、物音があったときに、アラームを鳴らすことができる。

専用アプリの対応機種は、iOS 4.0以降のiPhone 3GS、iPhone 4/4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代~第5世代)、iPad(第1世代~第4世代)、iPad mini。専用アプリは、App Storeから無料でダウンロードできます。

本体価格は、19,800円(税込)。一人暮らしさんにとっては、イタイ出費になりますが、安心してペットと暮らすためだと思うと安く感じられますよ。気になる人は、ぜひApp Storeをチェックしてみてね!

※本記事に掲載している画像の加工は、「写真撮影の心強い味方」でご紹介した『Vintique』を使っています。

mobileASCII編集部・ 柏
mobileASCII 編集部・柏
編集部が誇るカワユスKILL(ルビ:ぎる)22歳・女子スタッフ。かわいい顔して、 いろいろズバズバ斬りまくっちゃうかも。AB型ならではのぶっとび分裂傾向も魅力かも。てへぺろ★

 

mobileASCII.jp TOPページへ