Android iPhone ケータイ 特集・連載

【石野純也のソーシャルゲーム最前線-第7回-】

ミクシィ笠原社長直撃!DeNAとの提携でmixiはこうなる!

文●石野純也

2013年02月01日 21時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAと協力しながら
ゲームの充実を進めていく


ケータイジャーナリスト・石野純也氏が、プラットフォーマーやゲーム運営会社にインタビューをしてソーシャルゲームの今後を占う本連載。今回は、DeNAとの提携発表も記憶に新しいmixiを運営する株式会社ミクシィ代表取締役社長・笠原健治氏に直撃した(取材日時:2013年1月17日)

ミクシィ笠原社長直撃!Mobageとの提携でmixiはこうなる!

▲株式会社ミクシィ 代表取締役社長 笠原健治:1975年 生まれ、東京大学経済学部 経営学科卒業。1997年、大学のゼミで学んだITビジネスのケーススタディや、当時米シリコンバレーにおけるインターネット・ビジネスの興隆に触発され、同年11月、求人情報サイト『Find Job !』を開始。1999年6月に法人化し、代表取締役就任。2004年2月、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』を開始。2006年2月、社名を「株式会社ミクシィ」と変更し、同年9月に東京証券取引所マザーズ市場に上場。

 2009年にSNS上でソーシャルグラフを活かした「mixiアプリ」の提供を開始したmixi。当時、すでにモバゲータウン(現・Mobage)やGREEといったゲームSNSはあり、各社ともソーシャルゲームの提供は始めていたが、プラットフォームをサードパーティに開放し、アプリの充実を図ったのはmixiが最初だった。開始当初から、ドリコムやロックユーアジアといった現在ソーシャルゲームに強い会社が参入していたことも、記憶に新しい。

 その後、mixiはゲームに特化したプラットフォームとして、mixiアプリとは別の「mixiゲーム」を2011年に開始。MobageやGREEのようなソーシャルゲーム専用プラットフォームとは違い、あくまでmixiのいち機能という位置づけだが、同社の課金売上高を過去最高に押し上げるほど、業績に大きく貢献するサービスに成長した。

 ところが、ミクシィ社は2012年11月に、突如としてMobageを運営するDeNAとの提携を発表した。ミクシィとDeNAは、mixiゲームとMobageのプラットフォームを共通化したうえで、それぞれのユーザーにゲームを提供していくことになる。これによって、ソーシャルゲームを開発するSAP(ソーシャル・アプリケーション・プロバイダー)の工数が削減され、1つのタイトルを両方のプラットフォームで出しやすくなるメリットが生まれる。

 では、なぜミクシィがこのタイミングでDeNAとの提携に踏み切ったのか。また、古くからのmixiユーザーの中には、mixiがMobageのような雰囲気になってしまうのを、好ましく思っていない向きも少なくない。DeNAとの提携でmixi全体にはどのような影響があるのかも、知っておきたいところだ。このような観点から、DeNAとの提携に至った理由やmixiゲームの今後について、同社の代表取締役社長、笠原健治氏にぶつけた。

――mixiゲームについて、まずは改めてmixiアプリとの違いや、mixi内での役割など、立ち位置を教えてください。

笠原:歴史的な流れで言うと、mixiアプリが始まったのが2009年8月で、プラットフォーマーとしては先駆け的に、アプリを受け付ける仕組みの提供を開始しました。その後、たとえば『サンシャイン牧場』だったり、『星空バータウン』だったり、大ヒットしたアプリが生まれています。これらは非常の多くの人に利用され、今も引き続き使われています。友達とコミュニケーションする延長線上にあるアプリやゲームがmixi内には脈々とあり続けてきました。

 もうひとつの流れとして生み出したのが、2011年11月に開始したmixiゲームです。こちらはいわゆるソーシャルゲームで、ゲームらしいゲーム、いわゆるゲーム好きのユーザーの方が満足いただけるゲームを切り出し、大きく育ててきました。売り上げ的には後者の方が、大きなインパクトを持っている状況です。

――そのような流れの中で、なぜDeNAと提携したのでしょうか。Mobageと相対するプラットフォームとして、独自に成長する路線もあったと思います。

笠原氏:実際には売り上げは伸びていますが、手ごたえを感じつつも、さらに非連続的な成長を促すためには、ソーシャルゲームにおけるトッププラットフォーマーであるDeNAさんと連携していく方がよりいいだろうという判断です。

 売り上げ的にはもちろんですが、ユーザーの方たちから見ても、ソーシャルゲーム分野における魅力のあるタイトルが増えていくことになり、満足いただけるのではないかと思います。

 mixi単体においても、ゲームという領域で十分成長をしてきましたが、やはりまだMobageさんにしかないタイトル、GREEさんにしかないタイトルはたくさんあります。そういったタイトルであったり、有名タイトルやブランド力の高いアプリが、mixiにも出てきてくれればいいと考えています。使われ方のすそ野が広がれば、より多くの時間を使う人も増えてきますからね。

――ソーシャルゲームを強化するうえで、DeNAの力があった方がよかったというわけですね。共通化は、どの程度まで行うのでしょうか。ゲームが完全に同じになるということではないですよね。

笠原氏:Mobageにあるすべてのタイトルがmixiに乗ってくるわけではありませんが、基本的には、今のmixiゲームのプラットフォームをMobageとほぼ同一の仕様に変えていくことになります。ですから、Mobageで出せているタイトルについては、特に追加の開発コストなくmixiに提供できやすくなります。どのタイトルが、どのスピードで出てくるのかは、今後、DeNAさんとも協力しながら、各SAPの方と調整を進めていきます。

 基盤の共通化に加えて(※編集部注)、SAPの開拓やサポート、mixiゲームへのサポートも協力していただくことになりますが、一方でSNSであるmixiのトップから各ゲームへ誘導するのは私たちの役割です。

――Mobageでは、有名な版権を使ったゲームなども積極的にDeNAが開拓していますが、そういった交渉も一緒に行うことはありえるのでしょうか。

笠原氏そうですね。有名なタイトルについては、mixi内でも多くの人が使う可能性があります。(Mobageと合計すれば)潜在的なユーザー数は増えますから、一緒に開拓していくメリットは大きいと思います。

――DeNAは、『怪盗ロワイヤル』などSAPとしても数々のヒットゲームを世に送り出しています。こうしたタイトルのmixiへの提供もありえるのかを教えてください。

笠原氏:DeNAさんからのゲームの提供については、十分見越したアライアンスです。ぜひ出していただきたいと思っています。

――逆のパターンは考えているのでしょうか。

笠原氏:元々ミクシィでは、自社タイトルを作っていません。

――今後も、それは変わらずですか。

笠原氏:そうですね。今のところ、その予定はありません。


(次のページへ続く)

※編集部注:2013年1月30日、ミクシィはmixiゲームスマートフォン(Web)版の「Mobage(モバゲー)」との開発基盤の共通化について発表した。http://developer.mixi.co.jp/news/news_apps/011615.html

■mixiゲーム人気ゲームTOP3!

戦国サーガ

 

▲戦国時代を舞台にした本格カードゲーム。カードは強化で力を解放したり、進化で新たな姿へ変えることができるので、自分だけの最強のデッキを作り出そう。戦友と武士団を結成して、他の武士団と交わす合戦も魅力の一つだ。

対応機種:Android、iPhone、ケータイ
メーカー:Cygames
料金:アイテム課金制
Android、iPhone用URL:
http://mixi.jp/run_appli.pl?id=33371
ケータイ用URL:http://ma.mixi.net/33371/
(c)Cygames, Inc.


ドラモンマスター
 

▲世界を冒険するファンタジーカードRPG。モンスターカードの収集して、合成や進化を行っていき、最強のモンスター使いを目指そう。

対応機種:Android、iPhone、ケータイ
メーカー:グレンジ
料金:アイテム課金制
Android、iPhone用URL:
http://mixi.jp/run_appli.pl?id=36426
ケータイ用URL:http://ma.mixi.net/36426/
(c)2011-2012 Grenge, Inc. All Rights Reserved.


神魔×継承!ラグナブレイク
 

▲天界・魔界・地上界がつながってしまった世界を舞台に、次元上昇の謎に迫るファンタジーRPG。圧倒的なスケールの世界を背景に、数百種類の個性あふれるキャラクター達が華麗に 4段階進化する。

対応機種:Android、iPhone、ケータイ
メーカー:CROOZ
料金:アイテム課金制
Android、iPhone用URL:
http://mixi.jp/run_appli.pl?id=37390
ケータイ用URL:http://ma.mixi.net/37390/
COPYRIGHT (c) CROOZ Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

 

次のページ>>mixiはMobageのようになるのか?

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク