Android 特集・連載

【ドコモ春タブレット「Xperia Tablet Z SO-03E 」レビュー】
かっこよすぎる10.1インチタブレット
「Xperia Tablet Z」を使ってみた!!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2013年03月27日 20時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xperia Tablet Zのプリインアプリをチェック!


まずは基本の基本から!
 ホームアプリのインターフェースは
 スマホのXperia Zとほぼ同じ

「Xperia Tablet Z SO-03E」のホーム画面は、スマホの「Xperia Z」とほぼ同じインターフェースとなっています。タブレットならではの違いは、アプリ一覧画面の開き方と、通知パネルの出し方くらいです。アプリ一覧画面を開くには、画面の右上にある「アプリ」と書かれたボタンをタップします。また、通知パネルはスマホと違って下から上に向かってポップアップする形になっていますので、画面下部のアイコン類が表示されている帯を、上に向かってフリックする操作が必要です。その他、アイコンを削除したり、ウィジェットなどを追加する方法は、一般的なAndroid 4.xスマホと変わりませんので、違和感なくすぐに慣れると思います。

Xperia Tablet

横向きでの使用が多いタブレットだけに、一般的なスマホと少しだけインターフェースが違っている。アプリ一覧画面や通知パネルの出し方を覚えておこう。

Xperia Tablet

アプリ一覧画面を開いたところ。一度に28個ものアイコンが表示されるのは、画面の大きなタブレットならではだ。

Xperia Tablet

ホーム画面の何も無いところを長押しすると、画面右サイドからウィジェットやショートカットアイコン、壁紙の変更などのメニューが表示される。

プリインアプリを活用してみよう! ①

 画面の大きなタブレットは動画視聴に最適! 
 
ソニーのビデオ配信「Video Unlimited」を楽しむ!

「Xperia Tablet Z SO-03E」を手に入れたなら、ソニーのビデオ配信サービス「Video Unlimited(ビデオアンリミテッド)」を利用してみましょう。「Video Unlimited」は、ハリウッド映画から、邦画やアニメ、テレビ番組など幅広いジャンルの作品がラインアップされているのが特長。今回、試しにアカウントを作って作品をレンタルしてみましたが、1タイトルあたりHD版が500~1,000円(税込)、SD版が350~700円(税込)なので、特に安いという印象はありませんが、レンタル店までわざわざ行かなくても、好きなコンテンツがすぐに見られるのはやはり便利です。せっかくの1920×1200ピクセルのディスプレイを備える「Xperia Tablet Z SO-03E」なので、ぜひともHD画質の作品を見たいところですが、ざっと検索した感じでは、まだHD画質のラインナップがあまり揃っていません。これからに期待…って感じでしょうか。あと、価格ももう少し安いとうれしいですね。

Xperia Tablet

「Video Unlimited」のトップ画面。オススメ作品やカテゴリー別の作品検索などが一覧で見られ、わかりやすいインターフェースとなっている。

Xperia Tablet

レンタルは、1本あたりの価格となっており、購入前に、無料のプレビューが視聴できる。ダウンロードをする際にはWi-Fi環境下がオススメだ。

プリインアプリを活用してみよう! ②

 1300万曲以上のタイトルを誇る
 「
Music Unlimited」を試してみよう!

「Music Unlimited(ミュージック・アンリミテッド)」は、月額980円で聴き放題の音楽配信サービス。「Xperia Tablet Z SO-03E」はデカイので、WalkmanやiPodのようなポータブルプレイヤー的には使えないと思いますが、自宅で外付けスピーカーをセットしてじっくり視聴するなら、なかなか楽しめると思います。現在用意されているのは1300万曲で、邦楽のラインナップも徐々に充実してきています。ただ、超メジャークラスの洋楽アーティストでも、本人たち以外の演奏(オルゴールやトリビュート盤)しかないものが結構あったりするのが気になるところでした。初回登録者向けの30日間無料体験のキャンペーンもありますので、この機会に試してみるのもいいかもしれません。

Xperia Tablet

「Music Unlimited」のトップ画面。楽曲の検索は、右上の虫眼鏡アイコンのウインドウにキーワードを入力して探すスタイル。

Xperia Tablet

「Music Unlimited」がオススメする楽曲の一覧画面。ジャケットをタップすれば、収録曲を聴くことができる画面にジャンプする。

Xperia Tablet

洋楽の品揃えに強いのが「Music Unlimited」の特長。ジミヘンの発掘音源を収めた新譜もいち早くラインナップしていた。

プリインアプリを活用してみよう! ③

 無料で5GBまで使えるオンラインアルバム
 「PlayMemories Online」で写真・動画を管理しよう

 オンラインアルバム系のサービスは、星の数ほどありますが、ソニーが自前で始めたのが「PlayMemories Online」です。これは5GBまでの動画や写真を、無料で預かってくれるクラウドサービス。「PlayMemories Online」で、写真や動画データのリサイズやフォーマットを自動で変換してくれるので、ほとんどの機器で再生できるようになります。アップした動画や写真は家族や友人とかんたんにシェアできるので、旅行先などで撮った写真も、その場ですぐにみんなに渡すことができます。

Xperia Tablet

「PlayMemories Online」の起動画面。アルバムを作ったり、友だちとシェアするのもカンタンにできる。

Xperia Tablet

アルバムを表示したところ。新しく写真を加えたいときには左上の「+」ボタンをタップして、ギャラリーから選択してアップロードする。

プリインアプリを活用してみよう! ④

 DLNAを使った、AV機器連携がカンタン!
 「ムービー」アプリを使ってみよう!

 Xperiaシリーズには、昨年冬モデルの「Xperia AX」から、「ムービー」というDLNAアプリがプリインストールされるようになりました。この「ムービー」は、名称が一般的すぎてあまり話題になっていませんが、DLNA対応のさまざまなAV機器と連携できる、かなり優れたDLNAアプリです。

 ホーム画面にある「ムービー」のショートカットアイコンをタップすると「Devices」という項目が表示されますので、これを開きます。すると、同じ無線LANの中にあるBlu-rayレコーダーや、パソコンなどのDLNA対応機器が見つかります。今回の試用では、筆者の自宅にあるパナソニックの「DIGA DMRーBZT910」と、週刊アスキー編集部にあるソニーの「nasne」の2つの機器に接続してみましたが、どちらも難なくつながって、録画した番組を「Xperia Tablet Z SO-03E」で視聴することができました。ただし、放送中の番組(ライブチューナー)を視聴する際には、送り出し側の機器が対応している必要があり、「nasne」はOKでしたが、2011年製造の「DIGA DMRーBZT910」ではできませんでした。お手持ちのレコーダーなどがライブチューナー機能に対応しているかは、ホームページやカタログで確認してみてください。

Xperia Tablet

「ムービー」アプリを起動したときのトップ画面。DLNA対応機器と接続するには「Devices」をタップ。ソニーの「nasne」などからダウンロードした番組は、「ワイヤレスおでかけ転送」メニューの中に表示される。

Xperia Tablet

「Devices」を開くと、「Xperia Tablet Z」と同じ無線LANの中にあるDLNA対応機器の一覧が表示される。ここではパナソニックのBlu-rayレコーダー「DIGA DMRーBZT910」に接続してみることに。

Xperia Tablet

「DIGA DMRーBZT910」のHDDに撮りだめたテレビ番組の一覧画面。「DIGA DMRーBZT910」の場合、DRモードで録画した番組は再生できなかったが、長時間モードで録画してあった番組は、スムーズに再生することができた。

Xperia Tablet

無線LANの電波が届く範囲なら、家中どこでもテレビ番組が観られる。10.1インチのディスプレイを備えた「Xperia Tablet Z SO-03E」なら、映画やライブ映像もなかなかの迫力で楽しめる。


次のページでは、裏面照射型CMOSセンサーを採用したカメラの実力をチェックしていきます。

次ページ >> Xperia Tablet Zでの写真撮影は意外にイイ!!

<< PREV 1 2 3 4 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ