EMONSTERを海外で試す―SIMフリーは本当か

文●中山 智

2008年06月10日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「S11HT」
「S11HT」

 日本のキャリアーとしては珍しく、HSDPA/W-CDMA/GSMに対応したSIMロックフリー端末として発売されたイー・モバイルの「EMONSTER S11HT」(関連記事1関連記事2)。とはいえ日本では周波数の関係で、ほかのキャリアーのSIMを挿入しても使用できず、本当にSIMフリー機なのかどうか確認できない。そこで、海外にS11HTを持ち込んで、SIMフリー機としての実力をテストしてみた。



ベトナムでSIMフリーを試す


ベトナム最大の都市、ホーチミン
ベトナム最大の都市、ホーチミン

 今回訪れたのは東南アジアのベトナム。ベトナムにも日本同様に複数の携帯キャリアーが存在するが、利用したのは最大手の「Mobifone」。というのもプリペイドSIMの場合、Mobifoneのみパケット通信(GPRS)に対応しているからだ

 ちなみに、SIM自体は現地での購入に手間取ると面倒なので、日本の海外携帯輸入販売店「STF」であらかじめ購入した。だが、訪れたホーチミン市では街中のあちこちに携帯屋があり、「MobifoneのSIMをください」と英語で言えばすぐに買うことができた。中にはパスポートのチェックなどが必要なショップもあるようだが、私が利用したショップはなんのチェックも記入も必要なかった。

携帯ショップ
露天商に近いが携帯ショップ。SIMカードを買いに行くと束になったカードから抜き出して売ってくれた。


あっさり通話! SIMフリーは本当だった!


 現地に到着して、早速S11HTからイー・モバイルのSIMを抜き出し、MobifoneのSIMと入れ替える。電源を入れると、なんのトラブルもなくMobifoneの電波をキャッチ。あっさり国内外へ通話することができた。

MobifoneのSIMカードをS11HTにセット
MobifoneのSIMカードをS11HTにセット
リチャージカードは削ると番号が出てくるので、それを入力する。
リチャージカードは削ると番号が出てくるので、それを入力する。

 SIM自体の値段はショップによっても違うが、6万8000~7万5000ドン(約470~525円)。これに10万ドン(約700円)のリチャージカードを2枚購入し、チャージした。その結果、もともとのSIMに付属していたぶんと含めて、総額約34万ドン(約2380円)がチャージされることとなった。

 国内通話はMobifone以外への通話の場合、最初の6秒が150ドン(約1円)で、そのあとは25ドン(約0.17円)/秒。Mobifone同士はこれよりも若干安い。

 国際(日本への)通話は、なぜかドル建てで0.45ドル(約50円)/分。物価からするとかなり高く感じるが、ドコモのローミングだと280円/分なので断然割安。ほかのキャリアーの携帯を持ち込んでローミングさせつつ、現地SIMを入れたS11HTと使い分ければ滞在中の電話代をかなり節約できるだろう。

 ただし、毎日1530.10ドン(約11円)の利用料がチャージから引かれるので注意。



パケット通信は設定でちょっと戸惑う


 あらかじめ日本でMobifoneのパケット通信の設定を調べたところ

  • APN(アクセスポイント名):m-wap
  • ユーザー名:mms
  • パスワード:mms

これだけの設定でオーケーとのこと。

設定画面1
新しい接続先を作成。モデムの選択は「パケット通信」を選ぶ
設定画面2
アクセス ポイント名には「m-wap」と入力
設定画面3
最後にユーザー名とパスワードに「mms」と入力すれば設定はオーケーだが……

 そこで、S11HTに新たな接続を作成し、上記の設定を反映させて接続してみたところ……つながらなかった。

 あらためて、Mobifoneのサイトをチェックしてみると、どうやらパケット通信を行なうには、アクティベート(開通作業)をしなければならないようだ。サイトによると、

  • (1)SMSを送る
  • (2)サイトから登録する
  • (3)MobiFoneショップに持ち込む

 の3つの方法がある。このなかで、1のSMSの送信がその場で手軽にできる。

 新規のSMS作成画面を開き、宛先は「994」、本文には「DK GPRS」と書き込み送信するだけ。このあと2通ほどMobifoneからSMSが返信される。ベトナム語で書かれているため、内容は把握できないが、日本で購入していったSIMも、現地で購入したSIMも同じ文面のSMSだったので、たぶん開通のお知らせなのであろう。

設定画面4
新規のSMSを作成して994に「DK GPRS」と打って送る
設定画面5
返信されてきたメッセージ。アルファベットだが、ベトナム語なので意味は不明

 アクティベートのあと再び、接続を試してみると無事パケット通信を行なうことができた。ただし、現地で買ったSIMは日中に開通作業をしたら、即座に接続できたのに対し、なぜか日本で買っていったSIMは真夜中に開通作業したせいか、接続できたのが翌日の午前中だった。



mixiや2ちゃんねるもOK!


 「EMnet」での接続ではないため、イー・モバイルのMMSは利用できないが、それ以外はほぼ日本と同じようにS11HTを使用できた。また、3GではなくGSMでの接続のため、速度はPCとのPAN接続で12~25kbps。PCのモデムとして使用するには厳しいが、S11HT単体でのネットや作業ならそれほど問題はない。

 たとえば、メールなら受信をヘッダーだけにしたり、サイズを制限すればサクサクとチェックできる。また、mixiや2ちゃんねるといったサイトは、IEから見るのではなく、それぞれ「MZ3」や「hikkync」といった専用ブラウザーを使うことでかなり快適になる。

MZ3
WindowsMobile用のmixiブラウザー「MZ3」。閲覧だけでなく、コメントの送付や写真付き日記もアップできる
hikkync
WindowsMobile用の2チャンネルブラウザー「hikkync」。IEで見るより断然見やすい


モバイルGoogleマップで位置確認が楽しい!


 EMnetが使用できないので「NAVITIME」の使用はテストできなかったが、かわりに「モバイルGoogleマップ」は問題なく使用できた。旅行先で現在地が分かるというのは実に楽しい。滞在中はちょっとした時間を見つけては、モバイルGoogleマップで現在位置をチェックしていた。

メコン川ツアー
モバイルGoogleマップ
メコン川ツアー中に川のど真ん中で「モバイルGoogleマップ」を使用。パケット通信も可能だし、GPSもキッチリとキャッチ


定額ではないがパケット代は激安!


 これだけハードにパケット通信を行なったら、日本では定額にでもしない限りパケ死確実なのだが、残高は見てもほんの少しずつしか減っていかない。

 パケット代を調べてみると、91ドン(約0.63円)/10KB。10KB以下の通信時も91ドンなので、一概に同じとはいえないが、約0.008円/パケットということになる。日本の場合、なんのサービスもつけないと0.2円/パケットなので、その差は歴然。約1週間滞在したが、結局2枚買った10万ドン(約700円)のリチャージカードのうち1枚ぶんは丸々残ってしまった。

「*101#」へコールすると、チャージ金額が表示
Mobifoneの場合、「*101#」へコールすると、チャージ金額が表示されるので、残高はすぐに分かる

 ちなみに、まれに接続の表示がGPRSの「G」から、より高速なEDGEの「E」になることがあった。EDGEでの接続は、理論上最高で473.6kbps(GPRSの場合は171.2kbps)での通信ができるはずだが、体感的にはあまり変わらなかった。これはMobifoneの回線の安定性によるものと思われる。



海外旅行好きには神機!?


 今回のテストの結果、S11HTは海外でなら問題なくSIMフリー機として活用できることが分かった。

  S11HTの国内での通信方式は、3GのW-CDMA/HSDPA。使用している周波数帯が1700MHzと特殊なため、国外では3G端末としては使用できないが、世界基準である2GのGSMに対応する

 今回のベトナムを含め200ヵ国以上、世界市場の約8割が採用するGSM。S11HTはGSMすべての周波数帯(850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz)に対応しているので、S11HTを持っていけば、世界中のほとんどの国や地域で、現地のプリペイドSIMを購入して通話できるというわけだ。

 また、プリペイドSIMでもパケット通信が可能なものが増えてきているのが現状だ。とくに東南アジア圏では、今回のベトナムをはじめ、香港やタイ、中国といったメジャーな渡航先でパケット通信が行なえるプリペイドSIMが提供されている。そのため、通信速度は3Gに劣るものの「通話+通信」というかたちで、日本にいるときと同じようにS11HTをフルに使いこなせるはずだ。

 海外へ出かけることが多いユーザーには、使っている環境そのままで、しかも通話、通信費がオトクに海外でも使えるS11HTは、かなり“神機”に近いのではないだろうか?

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク