Android 教育

これはぜひマスターしたい!速読をスマホで訓練「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

文●mobileASCII編集部

2013年07月18日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

アプリ名:右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング
作者名:BB Softservice Corp
価格:170円
現行バージョン:1.0.0
作者サイトURL:http://www.bbss.co.jp/

 速読。聞いたことはあるけど、ダーって本を早く読む術みたいな、その程度の知識しかない--そんな人にも気軽に”速読”の門戸を開いてくれるのがこのアプリ。「右脳鍛錬ウノタン」シリーズの監修者・七田眞氏のメソッドをもとに、視覚的な情報処理が得意な右脳を活性化させながら速読法をトレーニングしていく。

 七田式の速読法は”ページ全体をイメージとして取り込み、記憶”する方法。それを会得するためのトレーニングは4項目9種類。まずは、視野を広げ、一度に広範囲の情報を捉えるソフト・フォーカスという目の使い方を鍛えるイメージトレーニングからスタート。画面に表示されるステレオグラム画像に隠された立体が見えるまでの時間を測定する。

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」 ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

▲(写真左)画面上の2つの黒点に注目。スマホをゆっくり近づけたり遠ざけたりしながら2つの点が3つの点に見えるポイントを探して、絵に集中! って、何も見えてきません…。(写真右)だんだんと目が慣れてくると、確かに模様が浮かび上がってくる! 回答を入力してかかった時間を測定し、自分の日々の結果はランキング形式で表示される。

 次は眼のトレーニング。3種類あるトレーニングのうちのひとつが「ZOOウォッチング」。ラインに沿って移動する動物が、途中、何度か別の動物に入れ換わる。その回数をカウントする。そのほか、アイトレーニングには、動体視力を鍛える「熟語スロット」と、広範囲の情報を素早く捉える力を鍛える「魚キャッチ」がある。

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

▲「ZOOウォッチング」のチャレンジ画面。シロクマくんが上下左右と画面いっぱいに移動するので、ひとつひとつの絵を見極めようと大きくリアクションしていると追いつかない。頭は動かさずに眼だけで動きを追いながら、画面全体を大きく捉える感じがいいかも。お、言ってることが”速読”の解説っぽい。

 次は右脳ストレッチ。右脳を活性化させるスピード勝負のタイムトライアルゲームが4つ。さっきまでのアイトレーニングとは違って、文字を読むというより、提示される画面全体を視覚イメージとして捉えることが必要となってくる。これぞ右脳の活性化! 普段使っていない部分が刺激されている感じ。

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」 ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

▲(写真左)熟語群の中から指定された熟語を見つける「熟語さがし」。もうね、文字を読んじゃダメ! ひたすら処理のみ! (写真右)文字の位置を記憶し、別の画面で指示された文字がどこにあったかを当てる「色々メモリー」。2色の「黒」があって惑わされる。

 そしていよいよ速読訓練へ。スマホを横に構え、画面の左右に高速で表示される文章を読み取り、内容を把握しなければいけない実践トレーニング。表示速度を2段階から、難易度レベルを5段階から選ぶ。教材として使うのは、夏目漱石、太宰治、森鴎外などの著名な文学作品。テキストが終わると内容に関する質問が出題される。

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」
ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

▲画面の左右に文脈が順に表示される。瞬間的に切り替わっていくのを眼で追って読みとっていく。文学をゆっくり味わうのではない、速読訓練なのです!

 以上のトレーニングをこつこつとこなし、スキルがついたら速読測定に挑戦。速読のスピードと内容の理解度を測るテストで、十級から八段までの計18段階に判定される。ここではページをめくるタイミングを自分で決められるので、スピード感覚も必要だが、内容の把握も意識しながら読まなくてはいけない。

ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」 ページごとスキャンしちゃうようなかっこいい読書法を習得「右脳鍛練ウノタン 七田式 速読トレーニング」

▲(写真左)内容を意識しながら読み進めたら「読んだ」を押して次のページへ。(写真右)読み終わった文章の内容に関する出題。読んだつもりなのに質問されると答えられられなかったり…。

 速読といっても単に速く読むということだけじゃない。普段はしない眼の動きを鍛えたり、文章を視覚的に捉える練習をしたりと、右脳を使って文章を読むんだということがやってみるとわかる。トレーニングは難しいものではなく、ゲーム感覚で遊べるものばかり。続けているうちに右脳が活性化していくのを我ながら実感できるはずだ。ビジネスの資料処理に、趣味の読書に、忙しい時間を有効に使いたい人はぜひ。

mobileASCII.jp TOPページへ

このアプリをGoogle PlayでCheck!!

mobileASCII.jp TOPページへ