Android 特集・連載

【2013夏 最新タブレットを購入するなら、スマホとの2台持ちがおすすめ!-第1回-】

2台持ちがおすすめな理由と最新注目モデル

文●mobileASCII編集部

2013年06月05日 22時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
welcome

 スマホがあるからタブレットは必要ない――そう思っている人はもう考えを改めるべきだ。似ているようで大きく違う2つの端末は、いっしょに使ったり、賢くお得に使い分けたりすることで、大きな相乗効果を得られるのだ。そこでこの特集では、タブレット+スマホの2台持ちならではの魅力を存分に紹介していこう。この夏のボーナスでタブレットの購入を検討している人も要チェック!


使って納得! 2台持ちなら
仕事も趣味もテキパキこなせる


 Androidタブレット端末は、最近のショップでは店頭の目立つ場所に置かれるようになってきた。注目を集めている理由は、単に「新しいデジモノだから」というだけではない。機能面も性能面もこの1年で目覚ましく進歩していて、パソコンでできることの多くがタブレットでこなせてしまう。そうした実力を持った端末だからだ。

 およそ1年前、国内では数機種しかなかったラインナップも、Wi-Fi専用モデルを含めると数十機種にものぼる製品が販売されている。屋外通信を装備したモデルは続々とLTEなどの高速通信に対応。クアッドコアのCPUや大容量のRAMを搭載するなど、ハードウェアの性能向上も著しい。OSはAndroid4.1になってインターフェイスがなめらかに動くようになっている。タブレットを使うと、ひと昔前のパソコンよりも快適にウェブや動画が見られるという点がいい。スマートフォンにくらべて画面が大きく、映画やゲームを大迫力で楽しめるという点も、タブレットが注目を集める理由のひとつだ。

タブレットのココがツボ

基本はスマホと同じだが性質はパソコンに近い
 OSはスマホと同じAndroidだが、得意とするものは大きく異なる。タブレットは調べものや文書作成などに向いている。


▲大画面の液晶を持つタブレットは、長い文書の作成やお絵かきツールとしての用途に向いている。

ノートパソコンよりも軽く持ち歩きがラク
 出張や旅行では、できるだけ荷物の重量を減らしたいもの。タブレットなら軽く、持ち歩いても苦にならない。

▲10インチタブレットの最軽量モデルはわずか495gと軽い。ほとんどのノートパソコンは1kgを上回っている。

 


スマホとタブレット
2台持ちがおすすめな3つの理由


 そんなタブレットは、じつは単体で使うよりも、スマホと組み合わせることでさらに便利に活用できる。ここでは、編集部が実際に検証して導き出した、”2台持ちがオススメ”な3つの理由をご紹介していこう。シーンに応じてそれぞれを使い分けたり、同時に別の用途に使ったりすることで、かつてない便利さが実現する!


おすすめ理由
出先と自宅で端末を使い分け

 屋外では片手で操作しやすいスマホ、自宅では画面が大きいタブレットと、使い分けられる。データをクラウドで同期すれば、連絡先、お気に入り、文書ファイルなどの情報はどちらからも利用可能だ。

[ここがポイント!]
Google の各種サービスを使い
2台でデータを連携

ma14

▲両端末で同じGoogleアカウントを登録すれば、連絡先やカレンダーなどの情報を2台間で同期できる。Googleドライブを使えば文書なども共有可能に。
 

[ここがポイント!]
LTEに対応していれば
固定回線が不要になる速さ

ma14_p33

▲ネット接続の実力はADSL以上。回線の自由度も高く、屋内はもちろん屋外でも変わらないスピードでネットに接続。2台の端末間の連携がよりスムーズに。


おすすめ理由 
ひとりでもみんなでも2台の端末で楽しめる

 動画やゲームなどのコンテンツを、ひとりの時間ではスマホで、みんながいるときは、大画面のタブレットで楽しめる。「Google Play」から購入したゲームやビデオは、2台の端末で使いまわせてお得だ。

[ここがポイント!]
旅行先でもみんなで楽しめる

ma14

▲スマホで撮影したビデオや写真を、タブレットに入れて見たり、ときには映画をダウンロードしたりなど、移動時間を楽しみに変えられる。
 

[ここがポイント!]
映画やゲームは1度の購入で
複数の端末に入れられる

ma14_p33

▲「Google Play」で購入した映画やゲームなどは、「マイアプリ」の「すべて」内に表示さる。両端末に追加費用なしでダウンロード可能。


おすすめ理由 
あつかえる情報量が多く仕事効率アップ

 スマホで電話の最中にスマホ内のデータを見られれば――。そんなとき、タブレットがあればスムーズに通話ができる。画面が広く情報量が多いため、電話での打ち合わせでもサクサク調べものができる。

[ここがポイント!]
電話中の調べものがラクになる

ma14

▲2台持ちなら通話中でも電話を切ることなく、連絡先やスケジュールを確認したり、ウェブやマップを使った情報検索が行える。
 

[ここがポイント!]
1画面あたりの情報量が格段に多い

ma14

▲かんたんな調べものはスマホ、じっくり取り組むときは情報量の多いタブレット、という使い分けで仕事の効率を格段にアップできる。


 スマホとタブレットの2台持ちがおすすめな理由、おわかりいただけただろうか。ここで、実際に2台持ちを実践している2人のユーザーの声もご紹介するので参考にしてほしい。次ページではいよいよ、この夏、編集部おすすめのタブレットをご紹介していくので要チェック!

2台持ちユーザーの声もご紹介!

「クラウド連携でどこからでも情報を引き出せる
 スマホとタブレットの組み合わせなら、クラウド経由でどこでも情報を引き出せるので便利! たとえば、移動中に取材のメモをスマホで整理し、LTEの高速回線を通じて即座にクラウドへアップロード。帰宅後は大画面のタブレットで仕事を再開できるのでラクです。(ライター・外村氏)

「スケジュールやメールの確認がスムーズ!」
 電話での打ち合わせ中にスケジュール確認できるタブレットが必須。電話をかけながらメールを書くこともあるのでタブレット+スマホは手放せません。大画面でソフトウェアキーボードも打ちやすく、メールのすばやい返信も可能です。(編集部・山下)

次ページ>>編集部おすすめのタブレット2機種を紹介!

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ