Android 特集・連載

ドコモ2013夏スマホ「ARROWS NX F-06E」レビュー!! 5.2インチ大画面&大容量バッテリーのフルスペック機を試す!!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2013年07月02日 18時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ARROWS NX

 ドコモ2013年夏スマホである「ARROWS NX F-06E」をレビュー! 5.2インチ大画面&大容量バッテリーを搭載した「ARROWS NX F-06E」とは、どんな端末なのかを徹底的に検証してみた!!


5.2インチディスプレイを搭載した
全部入りスマホ「ARROWS NX F-06E」


ARROWS NX

「ARROWS NX F-06E」のデザインは、直線を基調としたスクエアなものとなっている。

 6月7日に発売されたドコモ夏スマホ、「ARROWS NX F-06E」(以下、ARROWS NX)は、5.2インチフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイ、3,020mAh大容量バッテリーフルセグ対応チューナー搭載と、富士通のお家芸である“フルスペックてんこ盛り”な端末です。

 今回の「ARROWS NX」は、筆者の周りの“超”ガジェット好きな人々の間でも相当評判が良く、「F-10Dで懲りたから、もう二度とARROWSは買わない!」と言っていた某スマホケースメーカーの役員までが、「ARROWS NX」を買って愛用しています。
 では、この「ARROWS NX」は、以前までの「ARROWS X」シリーズと何が変わったというのでしょう?

「ARROWS NX」では、搭載するCPUを、以前までの「ARROWS X」で使われていたNVIDIA社の「Tegra3」から、他社製スマホと同様のQualcomm社の「Snapdragon 600」に変更しました。このことはスマホマニアたちの間に、衝撃のニュースとして一気に伝わりました。
「Tegra3」は3Dゲームなどでのパフォーマンスは良好だったのですが、かなりの電力喰いで、バッテリーの持ちを重視する一般ユーザーからは総スカンを受けました。対して「Snapdragon 600」は、同じQualcomm社のLTEモデムと組み合わせることが可能なので、きめ細かい省電力チューニングが行えるというメリットがあり、多くのメーカーが採用しています。
 性能の安定した「Snapdragon 600」を得て、省エネ技術でさんざん苦労してきた富士通が、ついに本領を発揮するんじゃないか!? と期待を寄せられているのが「ARROWS NX」だというワケです。

 バッテリー容量は前述の通り3,020mAhと大容量で、富士通は「2日間を大きく上回る電池持ち」というキャッチフレーズを掲げて攻勢に出てきています。いままで弱点だったポイントを、がっちり埋めてきた「ARROWS NX」は、いったいどんな端末に仕上がっているのか、じっくりといじり回してみましょう!

まずは「ARROWS NX」の
スペックをチェック!

 富士通のARROWSシリーズで、タブレットを除けば、過去最大サイズとなる5.2インチのディスプレイを搭載した「ARROWS NX」は、この夏スマホの中でも目立って大きい部類のボディとなっています。

 ただし、5.0インチディスプレイを搭載した春モデルの「
ARROWS X F-02E」との比較では、ディスプレイが大きくなったにもかかわらず、サイズはほとんど変わっていません。ディスプレイの縁は3.0mmと狭額縁設計となっているので、5.2インチと大画面ながら、横幅が70mmに抑えられています。5.2インチディスプレイは、ドコモから発売されているスマートフォンとしては、「GALAXY NoteⅡ」の5.5インチに次ぐ大きさです。横幅81mmの「GALAXY NoteⅡ」で音声通話をするのは結構大変ですが、「ARROWS NX」なら、普通に電話としての使用も問題ないでしょう。
 厚みは9.9mmとスマートですが、重さは163gと重量級です。それでも、中3,020mAhの大容量バッテリーがたっぷり詰まっていると思えば、我慢できる範囲でしょう。

  ARROWS NX
F-06E
ARROWS X
F-02E
高さ 約139mm 約140mm
約70mm 約69mm
厚さ 約9.9mm 約10.3mm
(最厚部 約 10.7mm
重量 163g 157g
画面サイズ 5.2インチ 5.0インチ
ARROWS NX

▲女性が持った場合、かなりの大きく感じるが、ラウンドした背面カバーのデザインのおかげで、手のひらへの収まりは悪くない。背面カバーは取り外せず、バッテリーの脱着はできない。

「ARROWS NX」は、大画面ディスプレイ、大容量バッテリー、高性能CPUを搭載しているほかにも、先進的なスペックを誇っています。
 カメラには1,630万画素の「Exmor R for mobile」を採用。64GBの内蔵メモリに、富士通お得意の「スマート指紋センサー」を搭載。そして800MHz帯のLTEへも対応しており、おサイフケータイ/NFC、ワンセグ、NOTTV、防水・防塵、赤外線通信、急速充電、新しい無線LAN規格である「IEEE 802.11acにも対応するという、究極の全部入りモデルとなっています。


「IEEE 802.11ac」Gbps級の速度を実現する新無線LAN規格

ARROWS NX

▲ハイスペックなスマートフォンが好きな層には確実に刺さるであろう、謳い文句がいっぱいだ。

「ARROWS NX」の購入価格を考える

 もうご存じの通り、ドコモの2013年夏モデルでは、『ツートップ』戦略が採られており、「Xperia A」と「GALAXY S4」の2機種に関しては、「月々サポート」と全ての割引キャンペーン(「はじめてスマホ割」と「ありがとう10年スマホ割)が適用された場合、実質負担額が「Xperia A」で5,040円、「GALAXY S4」で15,120円と、「ARROWS NX」に比べて相当安くなっています。

「ARROWS NX」の本体価格は74,760円ですが、ドコモが月々の支払額を助けてくれる「月々サポート」の額が、『ツートップ』に比べ、相当少ないことによって、24カ月使った際の実質負担額が新規・機種変ともに42,000円となります(MNPの場合は0円)。

 スペックや機能面での魅力では、『ツートップ』に勝るとも劣らない「ARROWS NX」ですが、実質負担額を重視する人々から見ると、割高に感じてしまうかもしれません。

■「ARROWS NX」の「月々サポート」割引額
機種 本体価格 購入種別 月々
サポート*
実質
負担額
ARROWS
NX
F-06E
74,760円 新規 32,760円 42,000円
機種変更 42,000円
他社
からの
MNP
74,760円 0円

   ※価格は税込み。 *「月々サポート」の金額は24カ月の総額。


次ページ>>「ARROWS NX」のデザインをじっくりチェック!

<< PREV 1 2 3 4 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ