特集・連載

【アプリマーケット分析】「Google Play」は日本、韓国が強い!  AppAnnie桑水氏に聞く、スマホアプリ市場の最新データ

文●mobileASCII編集部

2013年07月08日 19時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「App Store」「Google Play」
2つのマーケットの状況をチェック!


 スマートフォンの普及とともに、大きく成長し続けているスマホアプリ市場。市場を牽引するのはiPhoneの「App Store」とAndroidの「Google Play」であるが、今、その2つのはどのような状況となっているのだろうか。アプリマーケットのデータ分析に詳しい、「AppAnnie」のディレクター桑水悠治氏に、各マーケットの状況について聞いた。※記事中のグラフデータは「App Annie」提供。

appannie  「GooglePlay」「AppStore」の最新トレンド!


App Annie
ディレクター

桑水悠治氏

App Annie日本支社ディレクター。App Annie ( www.appannie.com )はアプリ市場のアナリティクス、市場データのリーディングカンパニーで、その製品はTop100パブリッシャーの90%以上で利用されている。

 

「App Store」と「Google Play」の
ダウンロード数と売り上げデータ

 編集部 :まずは、「App Store」と「Google Play」の現状についてお教え願います。

 App Annie桑水悠治氏(以下:桑水氏) :まず、アプリのダウンロード数に関してですが、「App Store」と「Google Play」では、それほど数は変わらなくなってきています。これは世界全体のマーケットでの数値となりますが、「App Store」が若干、数が多いという感じですね。

【アプリ・マーケット分析】 「Google Play」は日本、韓国が強い!  AppAnnie桑水氏に聞く、スマホマーケット市場の最新データ

▲「App Store」と「Google Play」のダウンロード数を比較したもの。どちらも順調に推移しており、その数はほぼ変わらない。

 編集部 :なるほど、端末の普及率から考えると「Google Play」がもっと強いのかなと思っていましたが、同じくらいなのですね。売上はどうなのでしょう?

 桑水氏 :売上は両ストアとも順調に伸びています。2012年3月から2013年5月までの売上推移を見てみますと、「App Store」は約70%増加しているのに対し、「Google Play」はなんと約8倍の増加です。「Google Play」の売上が非常に伸びているのが特筆すべきところですね。ただ、2つのストアの売り上げを単純に比べると「App Store」がやはり強くて、「Google Play」の約2.5倍の売上となっているのが現状です。

appannie

▲売上では「App Store」が優勢。2013年3月から1年間のデータをみると、「App Store」は70%増加し、「Google Play」は約8倍の成長となっている。

 編集部 :「Google Play」の8倍というのは驚異的な気はしますが、「App Store」がまだまだ強いという感じですね。

 桑水氏 :そうですね、世界規模でデータをみるとそうなっています。ただし実は、日本だけの市場で見ると「App Store」と「Google Play」では、ダウンロード数も売上もどちらもそれほど変わらない感じになってきているんです。

編集部:ということは、日本は「Google Play」が、うまくいっている国の1つであるという感じですか。

桑水氏:「Google Play」の売上を国別でみると、なんと日本が1位です。日本は世界でみると、圧倒的に「Google Play」がうまくいっている国と考えていいのではないでしょうか。あと、韓国も「Google Play」はうまくいっていまして、売上を伸ばしています。

appannie

▲「Google Play」の売上のデータ。2012年の夏から急成長しており、日本と韓国が牽引している。その2カ国だけで売り上げの50%を占める。

 編集部 :「App Store」のほうはどうなのでしょう? 1位は、やはりアメリカ?

 桑水氏 :そうです。売上規模で「App Store」のマーケット状況をみていくと、上からアメリカ、日本、イギリスの順になります。ただし、この売上のデータをゲームだけに絞ると少し状況は変わってきまして、上からアメリカ、日本、中国となります。アジアは全体的に、全体のダウンロードに対して占めるゲームの売上規模が高いという傾向にあるのです。

 編集部 :ゲームはアジア市場に強いというのはポイントですね。ちなみに、アジアのみならず世界規模でみた場合の「App Store」と「Google Play」のゲームの売上が占める割合は、どんな感じでしょうか。

 桑水氏 :全体の売上に対するゲームの割合は、特に「Google Play」が高いです。日本だと90%がゲームで、韓国に至っては全体の売上の95%がゲームとなっています。その他の国でも80%はそうですね。「App Store」もゲームは強いのですが「Google Play」ほどではなく、全体の60%~70%がゲームという感じです

appannie

▲「App Store」「Google Play」のマーケットにおける、ゲームが占める割合。左がダウンロード数、右が売上の割合だが、売上の比率はかなり高い。

次のページ>>2つのマーケットの国ごとでの特徴は?

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク