Android 特集・連載

【Xperia A SO-04E活用術-第3回-】

「Xperia A SO-04E」の文字入力『POBox Touch』を設定してみよう!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2013年08月21日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『POBox Touch』のキーボードを便利に使うコツ ②


PObox

 続いて編集部オススメセッティングの②を紹介していく。
 日本語入力に「qwerty」キーボードを使うというユーザーにも、『POBox Touch』は便利な機能を用意している。

『POBox Touch』の「qwerty」キーボード設定を、使いやすいように変更してみよう。


モバアス推奨セッティング その②
 日本語を「qwertyキーボード」で入力するなら
 「アシストキーボード」と「表示キー選択」を活用!

「『フリック入力』に慣れた方がいいのはわかっているんだけど、『qwerty』キーボードのほうがしっくりくる」という人は案外多い。
 ただ、一般的な「qwerty」キーボードはキーの間隔が狭く密集しているため、入力時にミスタッチが増えてしまい、結果入力スピードが遅くなってしまう…。

 それに対して『POBox Touch』の「アシストキーボード」は、日本語を入力する際に、次に打つべきキーを拡大してくれたり、不要なキーを隠してくれたりして、ユーザーの入力を助けてくれる。

 たとえば、まず「r」を打つと、日本語の場合、次に打つ候補は「e」、「r」、「y」、「u」、「i」、「o」、「a」の7つだけとなるので、それ以外のキーには触っても反応しないようになったりする。また、その際に使うことがない「w」のキーを非表示にして、ほかのキーにスペースを振り分けるようにもできる。

『POBox Touch』で『qwerty』キーボードを使うなら、「アシストキーボード」は是非とも活用してみたい。

アシストキーボードを使ってみよう

PObox PObox

『POBox Touch』の設定メニューから、「ソフトウェアキーボード設定」→「アシストキーボード」をタップすると、右画像のように4種類のアシストキーボードを選択することができる

PObox PObox PObox

▲通常の「ノーマル」のほか、アシストキーボードには「ワイド」、「ハイライト」、「ダイナミック」の3種類が用意されている。効果は「ダイナミック」が一番ハッキリとしていてわかりやすい。

「表示キー選択」で不要なキーを非表示にする!

PObox PObox

▲日本語入力の際には、「Q」や「L」、「x」、「c」は使うことがほぼないため、非表示にしてキーボードを広く使うと便利。候補にある「v」は、「ヴァイオリン」、「ヴァン・ヘイレン」などの「う゛ぁ」で使う場合もあるため、残しておいた方が無難かも。

アシスト(ダイナミック)&不要キー非表示で、ミスタッチが劇的に減る!

PObox PObox

▲上の2枚がアシストキーボード(ダイナミック)と不要キーの非表示を組み合わせた例。打つキーによって、「w」や「r」が非表示になって、他のキーを広く使えるようにするなど、非常に芸が細かい。文字の色が薄くなっているキーは、触っても反応しないようになっている。

>>> 次ページ 
『POBox Touch』のキーボードを便利に使うコツ ③&④

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ