Android 特集・連載

【Xperia A SO-04E活用術-第3回-】

「Xperia A SO-04E」の文字入力『POBox Touch』を設定してみよう!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2013年08月21日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『POBox Touch』のキーボードを便利に使うコツ ⑤&⑥


PObox

 非常にカスタマイズできる範囲が広い『POBox Touch』には、外観を変更したり、ソニーモバイルが用意しているプラグインや、「Google Play」にたくさんあるプラグインを組み込んで機能を拡張することができる。ここでは編集部がオススメするカスタマイズ方法を2つ紹介する。いろいろ試しながら、自分が一番使いやすいセッティングに変更してみよう。


モバアス推奨セッティング その⑤
 キーボードのスキンを自分好みに
 変更して文字入力を楽しく!


『POBox Touch』のキーボードには、デフォルトで3種類、Webには69種類ものキセカエ用スキンが用意されている。クールなものから可愛い系のものまで多くラインナップされているので、自分好みのキーボードデザインを適用して、文字入力を楽しいものにしよう。

『POBox Touch』の設定から「キセカエキーボード」を選択!

PObox PObox

『POBox Touch』の設定を開き、「キセカエキーボード選択をタップ(左画面)。選択画面に出てくるサンプルが気に入ったら、下の「決定」をタップ。もしもっと他のを見てみたくなったら、上の「Webから取得」をタップしよう。

Webから「キセカエキーボード」をダウンロード!

PObox PObox

「Webから取得」をタップすると、ソニーの『POBox Touchキセカエキーボード』のページにジャンプする(左画面)。サンプルから選んで「Google Play」からダウンロードする形となっている。「Google Play」には、ソニーモバイル提供の「キセカエキーボード」が多数用意されているが、「Xperia A」の『POBox Touch』に適用できないバージョンもあるので注意。

『POBox Touchキセカエキーボード』の適用例

PObox PObox

▲左が「LaserLightblue2」、右が「CrystaBlue」。

PObox PObox

左が「LacePink2」、右が「FloatingPrismBlack」。


モバアス推奨セッティング その⑥
 
『POBox Touch』にプラグインを
 追加すればさらに便利に!

『POBox Touch』には、ソニーモバイルが用意しているプラグインや、「Google Play」にたくさんある「マッシュルーム」プラグイン(※)を適用することができる。プラグインは文字入力を効率的に進めるために役に立つ、“追加機能”を『POBox Touch』から呼び出すことができるもので、定型文や端末に保存されている連絡先(電話番号やメアド)をコピペしたり、現在時刻をテキストに加えるなどがカンタンにできるようになるものもある。

 プラグインを追加して
『POBox Touch』の機能をUPさせよう!

※ 日本語入力アプリの草分け的存在「Simeji」用のプラグインを「マッシュルーム」と呼ぶ

「プラグインアプリ」の管理は設定メニューから

PObox PObox

『POBox Touch』の設定メニューにある「「プラグインアプリの管理」をタップ(画面左)すると、インストールされているプラグインの一覧が表示される(右画面)。新しいプラグインアプリを入手するには、下の「新規プラグインのダウンロード」をタップする。

ソニーモバイル謹製のプラグインをインストールしてみよう

PObox PObox

▲プラグイン設定の画面で「新規プラグインのダウンロード」をタップすると、ソニーモバイルが提供する『POBox Touch』用プラグインが表示される。インストールするには、ピンクで囲んだボタンをタップして「Google Play」からダウンロードすることになる。純正プラグインは4つしかないので、右画面の下で囲んでいる「互換プラグインを検索」からも探してみよう。

互換のマッシュルームプラグインも使える!

PObox PObox

▲日本語入力アプリの元祖的存在「Simeji」向けに開発されたプラグインは、『POBox Touch』でも使うことができる。「Google Play」にはたくさんあるので、気になるものはインストールして試してみよう。

プラグインを起動するには

PObox PObox

▲インストールされているプラグインを起動するには、「モードキー」を長押しにすると表示されるポップアップメニュー(左画面)の、ピンクで囲んだボタンをタップ。すると右画面のように画面下にプラグインのメニューが表示されるので、使いたいアイコンを選択しよう。

「ウェブ引用2.3」

PObox PObox

▲メール本文やメモ帳などに、WebのリンクURLや本文をカンタンに貼り付けることができるプラグイン。文字入力中でもGoogleの検索ページが開くので、別途ブラウザに切り替える手間が省ける。

「定型文」

PObox PObox

▲「あいさつ」や「ビジネス」用の定型文が用意されたプラグイン。文例がやや少なくて素っ気ない感じがしないでもないが、入力の手間を大幅に省くことができる。

「旧字体入力」

PObox PObox

▲「旧字体入力」プラグインを使うと、「髙」や「邉」などの旧字体に変換してくれる。旧字体の人名などを入力する際に便利だ。

「NowMush」

PObox PObox

▲現在時刻や日付をメールやSNSにコピペしてくれるプラグイン。何かの記録を残しておきたい場面などで有用だ。

「郵便番号まっしゅ」

PObox PObox

▲郵便番号を打ち込むと、それに対応する住所に変換してくれるプラグイン。住所書きが多いような場面で役に立つだろう。


 以上、「Xperia A」の日本語入力アプリ『POBox Touch』を便利に使うコツを紹介してきた。スマホのタッチパネルでソフトウェアキーボードを使うには、少なからずストレスを感じるもの。少しでも快適に使えるよう、このページを参考に設定を最適化してみてもらいたい。

Xperia Aの主なスペックは以下の通り

●OS:Android 4.1 ●サイズ:約131×67×10.5mm ●重さ:約141g ●画面サイズ:4.6インチ  HD TFT液晶 (1,280×720ドット) ●CPU:APQ8064 クアッドコア 1.5GHz  ●内蔵メモリ:ROM32GB/RAM2GB ●カメラ有効画素数1310万画素CMOS インカメラ:31万画素 ●バッテリー:2,300mAh ●最大外部メモリ:microSDXC 64GB

Xi:〇
ワンセグ:○
NOTTV:○
おサイフケータイ/NFC:○/○
赤外線通信:○
防水/防塵:○/○
テザリング:〇

Xperia A

▲カラーバリエーションは、左からWhite、Black、Pink、Mintの4色。

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ