特集・連載

【2013秋 おすすめ&人気タブレット比較-最終回-】

「iPad」「Nexus7」「Surface」どれがいい? OSの違いやノートパソコンとの比較から考えるタブレットの選び方(後編)

文●小林誠

2013年09月09日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレットの選び方

パソコンとタブレットどっちがいい!?
シーン別に使いやすさをチェック!


 以上、主なタブレットの種類と製品について紹介してきた。OSの種類や端末のサイズによって使いやすさに違いがあることがわかったと思うが、最後にそれを踏まえて、「ビジネス用途」や「インターネットの閲覧がメイン」など、用途別にタブレットやノートパソコンのどちらのデバイスがいいのかまとめてみた。


ビジネス用途……パソコン、タブレット+ワイヤレスキーボード
 仕事でノートパソコンの代わりとしてバリバリと使うのなら、タブレットと言えどもキーボードは不可欠だろう。タッチ操作がすごく得意で苦でない人なら別かもしれないが、文字入力をスピーディにこなすためにはキーボードは一緒に持ち歩いたほうがいい。ただしキーボードとタブレットを持ち歩いてもパソコンより軽いはずなので、携帯性は優れているといえる。中でもWindowsタブレットの「Surface RT」はいろいろついているので、買ってすぐに仕事に使えるのでおススメだ。


WEBサイトやメールの閲覧……タブレット
 WEBサイトやメールを見るだけならタブレットが最適だろう。もちろんパソコンでもまったく問題ないが、タブレットと比べると重いし起動に時間がかかる。自宅で使うことが多いのなら10インチ前後の大画面タブレット、持ち歩くことが多いのなら7インチ前後のタブレットが良いだろう。タブレットなら外出先で使ってもバッテリーがなかなか減らないのもいい。


SNSなどツールをよく使う……タブレット
 もちろんパソコンでも問題ないが、携帯性で考えると、やはりタブレットのが使い勝手がいいだろう。スマートフォンがあれば十分という人も多いかもしれないが、スマートフォンに比べてバッテリーが持ち、SNSのタイムライン上で多くのコメントを一気に見ることができると考えるとタブレットのほうがいいケースもある。タブレットでも7インチクラスの片手で操作できるサイズが、便利でオススメだ。投稿するのがメインで文字入力はキーボードのほうがよいうという人は当然ながらパソコンやキーボードつきのタブレットが選択肢となるが、簡単な文字入力ならタブレットのみのタッチ操作でも十分可能なはずだ。


動画視聴……パソコン、タブレット
 もちろんパソコンでも視聴できるが、携帯性があるタブレットのほうがどこでも閲覧できるという点で便利だ。とくに「Xperia Tablet Z」の画面の美しさは秀逸で、10インチ前後のタブレットは見やすくて迫力があるのでオススメだ。また7インチタブレットも動画のアプリが豊富で、いろいろと手軽に視聴ができる点もはいい。ただしタブレットでも「Surface RT」は対応している動画アプリが少ないのは難点。


カメラ……タブレット
 何に使うかにもよるが、カメラ機能つきのタブレットがあるので、選ぶならそれだろう。ただデジカメのような高機能さはないし、スマートフォンのような手軽さもないので、タブレットのカメラはビデオ通話出の使用などあくまで補助的なものと考えたほうがいいだろう。


画像編集……パソコン、タブレット
 タブレットには多くの画像編集・加工アプリがあり、タッチ操作で簡単に編集ができるのが魅力。一方でパソコンのほうが高性能な画像編集ソフトが使えるため、どんな編集機能が必要かで決まる。用途にもよるが、リサイズや、自動的に明るさ補正をする程度ならタブレットで十分だ。


電子書籍……タブレット
 iPadとAndroidタブレットでは、Kindleのような電子書籍サービスがアプリを提供し、購入しやすく、本も読みやすい。特に7インチなら、縦にして持てば単行本やコミックのようなサイズとなるのでちょうどいいし、ページをめくるなどの操作もしやすい。スマートフォンも片手操作が魅力だが画面サイズが小さいし、パソコンも対応サービスが多くあるものの、横になって読む、電車内で読むといったときに不便だ。

 このようにシーン別で考えると、タブレットでカバーできるシーンは広いことが分かる。極論で言えば、タブレットならとりあえず何でもこなせるし、できないというシーンが無いのだ。スマートフォンも多機能ではあるが画面の小さい携帯端末ということもあり、長時間画面を見るというよりは、短時間にサッと情報を確認するような使い方が合っている(もちろん、使い方にもよるが)。一方でパソコンはコミュニケーション端末としては大き過ぎるし、持ち歩くことも考えると携帯性で劣る。カメラ、動画、電子書籍の閲覧といったエンタメ向けの性能もタブレットと比べると低い。
 というわけで、筆者はタブレットを大きくプッシュしたいが、タブレットにはさまざまな種類があるので、自分が重視するシーンを想定して「7インチ」か「10インチ」かを選んだり、用途や好みに合わせて「iPad」「Androidタブレット」「Windowsタブレット」といったOSから選ぶ必要がある。
 たとえば、筆者が今回取り上げたタブレットをシーン別に分けるとすれば、以下のような感じになるだろう。まずビジネス向きは「Surface RT」。やはりOfficeが使える、USBポートがあるというのが、その理由。自宅で映像中心にエンタメ機能を楽しむなら、断然「Xperia Tablet Z」。フルHDの10インチサイズの大画面は、迫力や臨場感が他とは違う。7インチタブレットの3機種については、サイズ自体は同じなので利用シーンは重なるところもあり差別化は難しいが、価格重視で、Web閲覧・メール・アプリを使うだけなら「MeMO Pad」。それにプラスして、SNSなどのコミュニケーションサービスの利用を重視するなら「Nexus 7(2013)」がオススメとなる。「Nexus 7(2013)」は動作が快適なので、頻繁に記事を投稿したりタイムラインのチェックをしたりする人に向いているはずだ。同じ7インチサイズでも、外出先でのエンタメ機能を求めるなら「iPad mini」だろう。アプリの完成度でAndroidタブレットの一歩先を行き、対応している動画や電子書籍サービスも豊富というのが、その理由となる。これはあくまで筆者の感想ではあるが、これを参考にして、自分の用途にあった最適な一台を選んでほしい。

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ