Android ケータイ 特集・連載

【2013-2014冬 最新スマホ&新サービス 発表会-第2回-】

孫社長も久しぶりに登場! 新サービスも明らかになったソフトバンク2013冬の発表会をレポート!

文●mobileASCII編集部

2013年09月30日 19時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
孫社長

 2013年9月30日、ソフトバンクモバイルが都内で開催した「2013 Winter - 2014 Springソフトバンク新商品発表会」では、9月20日のiPhone 5s/5cの発売イベントなどにも参加せず、しばらくメディアの前に姿を現していなかった同社・孫正義社長も久しぶりに登場。第1回で紹介した新端末のほか新たなサービスなどが明らかにされた。特集第2回では、発表会の模様や新サービスの概要をレポートしていこう。


久々に姿を見せた孫社長
「つながりやすさNo.1」をアピール


 9月30日15時にスタートした「2013 Winter - 2014 Springソフトバンク新商品発表会」では、これまでの発表会同様、同社社長の孫正義氏が、新製品や新サービスのプレゼンテーションを行った。
 壇上に立った孫氏は、iPhoneがドコモからも販売されることになり、いよいよ“端末のラインナップ”ではなく“ネットワークの優劣”を競争していく時代に入ったとコメント。
 そのネットワークについては、3年半前に発表した“電波改善宣言”以来、つながりやすさNo.1を目指して構築し、その成果が表れていることをアピールした。

ソフトバンク発表会レポート ソフトバンク発表会レポート

▲「スマートフォンパケット接続率No.1」「スマートフォン通話接続率No.1」「iPhone 5の通話接続率No.1」「スマートフォン総合満足度No.1」など、第三者期間の調査を含め、満足度が高いことをアピール。

2013冬-2014冬のスマホは
全機種「Hybrid 4G LTE」を搭載!

 この“つながりやすさNo.1”をさらに加速すべく発表したのが、「Hybrid 4G LTE」である。これは、iPhoneで使われている「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)と、Android端末で使われている「SoftBank 4G」(TD-LTE方式)の両方のネットワークを1つの端末で利用可能になるというもので、2013冬-2014春モデルから搭載される。
 なお、FDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」は、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEのネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているFDD-LTEのネットワークが利用できる「ダブルLTE」の高速化を進め、両社それぞれ下り最大75Mbpsの「倍速ダブルLTE」として、高速通信が可能なエリアを拡大する。2014年春には、900MHz帯のプラチナバンドでもLTEサービスを順次開始し、2.1GHz帯と1.7GHz帯に900MHz帯を加えた「トリプルLTE」として、さらに快適な高速通信サービスを提供できるようになるという。

ソフトバンク発表会レポート ソフトバンク発表会レポート

▲今回発表されたAndroid端末4機種すべて「Hybrid 4G LTE」に対応する(写真左)。来春には、2.1GHz帯、1.7GHz帯に加え、900MHz帯のプラチナバンドも利用できる「トリプルLTE」が提供されるという。

「子育てサポート」「通信機能付体組成計」など
新機軸のサービスを投入

 孫社長は、ハードだけでなく、サービス面での充実を図り、これからの競争を乗り切るとし、発表したのが「子育てサポート」である。ソフトバンクの母親社員220名のサークル企画を基に作られたサービスで、外出先からスマホなどで、24時間、赤ちゃんの様子を見守ることができる「ベビーモニター」や、写真や成長記録を一生分(容量無制限)残すことができるサービス、妊娠・育児情報や専門家への電話無料相談など、子育てをサポートする多彩なコンテンツを取りそろえた。2014年1月下旬以降に提供開始する。

ソフトバンク発表会レポート

▲月額840円で、子育て中の方にはウレシイさまざまなサービスを受けることができる。

 同じくサービス面の強化として発表されたのが、「スマート体組成計」だ。これは、「SoftBank HealthCare」と連携し、乗るだけで測定データがクラウド上に自動転送され、スマートフォンで簡単に健康管理ができるというもので、2014年2月中旬以降に発売される。

ソフトバンク発表会レポート ソフトバンク発表会レポート

▲「スマート体組成計 SoftBank 301SI」は3G通信機能を搭載しており、乗るだけで9つの測定データ(体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベル、身体年齢、骨レベル、骨格筋レベル、水分量)がクラウド上に自動送信され、スマートフォンの「SoftBank HealthCare」アプリで閲覧・管理できる。

毎度おなじみスギちゃんほか、
ゲストも多数登場

 会場には”つながりスギちゃん”でおなじみのスギちゃんのほか、水沢アリーさん、重量挙げ選手の三宅宏美さんが応援に駆け付けた。3辺狭額縁の技術や「Hybrid 4G LTE」をわかりやすく解説したり、「スマート体組成計」を使ったサービスの魅力を披露したりと大忙しのスギちゃんに、「たまに滑っていたけれど、それくらい?スルーっと速いネットワークということで(笑)」と、孫社長のフォローが印象的だった。

sb20130930

▲水沢アリーさんが孫社長に「CMに出して!」と、直接交渉する場面も!

孫社長

▲シャープ製「AQUOS PHONE Xx 」も、「Hybrid 4G LTE」に対応。

孫社長

▲4.5インチのフルHDディスプレイを搭載する、シャープ製「AQUOS PHONE Xx mini」。

孫社長

▲手になじみやすいラウンドデザインとなった、富士通製「ARROWS A」。

孫社長

▲「Disney Mobile on SoftBank DM016SH」は、ディズニーキャラクターの等身大のライブ壁紙に注目。

孫社長

▲「スマート体組成計」はスマホと連動して、体重を管理できる。

mobileASCII.jp TOPページへ