快適スマートフォン for アンドロイド 2014春 快適iPhone 2014春

Android iPhone ニュース

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

文●mobileASCII編集部

2013年10月04日 23時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  NTTドコモは2013年10月4日、「ドコモのLTE Xiネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるドコモサービス対応状況」について、都内にて説明会を開催した。

ドコモのLTEネットワーク戦略

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

「ドコモのLTE Xiネットワーク戦略」については、ドコモ取締役常務執行役員の徳広清志氏が説明。「広さ」「速さ」「快適さ」対策を強化して、ユーザーが満足できるネットワークの実現を目指すとし、2GHz、800MHz、1.5GHz、1.7GHzの4つの周波数を効率よく利用する「クアッドバンドLTE」をアピール。FOMAネットワーク網の時代から使用している2GHzを都市部で、800MHzを郊外で利用して「広いエリア」を構築し、その上に1.7GHz、1.5GHzの2つの新しい周波数を利用して「速さ」を実現すると説明した。

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

 ▲ドコモのLTEは、4つの周波数を利用する「クアッドバンドLTE」で展開。 

  2GHz、800MHz、1.5GHz、1.7GHzの4つすべての周波数に対応するのは、今後発表される「2013年冬モデルのAndroidスマートフォン」。すでに昨年発売された2012年の冬モデルから2GHz、800MHz、1.5GHzの3つの周波数は対応しているが、1.7GHzはこの冬モデルからの対応となる。この周波数は東京・大阪・名古屋を中心に受信時最大150Mbpsのサービスを展開し、12月末には山手線全駅、13年度末には500基地局、14年末には2,000基地局と順次エリアを構築していくとしている。また、東名阪以外のところでは、すでに1.5GHzを利用した100Mbpsのサービスを始めており、1.7GHzと1.5GHzの2つの周波数を利用して全都道府県で100Mbps超サービスを展開すると説明した。ちなみに9月に発売を開始した「iPhone 5s/5c」に関しては、2GHz、800MHz、1.7GHzの3つの周波数が対応しており、こちらは受信時最大100Mbpsとなる。  

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

▲受信時最大150Mbpsのサービスは、まずは東京、大阪、名古屋を中心に展開する。

Xiの基地局の数は、2倍増に!

 また、Xiの基地局数に関しては、2014年3月末までに約50,000局(約40,000箇所)に増やすとアピール。2013年3月に約24,400局あった基地局から約2倍増となるとした。その内、受信時最大75Mbps以上の速度に対応する基地局の数は約40,000局(約34,000箇所)にするとし、これまで3G回線用として利用していた帯域を、急ピッチでLTE化していくと説明した。その他、買い物施設やレジャースポットなど、施設内のエリアについても順次拡大するとのこと。現状の2.5倍増となる、約5,000箇所の屋内基地局を構築すると説明した。

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

▲基地局は2倍増。75Mbps以上対応の基地局は6倍増となる予定!

ドコモが「LTEネットワーク戦略」と「iPhoneにおけるサービス対応状況」について説明!

▲屋内基地局数も増強し、施設内でも快適に使えるようになる。

次のページ>>iPhoneへのサービス対応状況は?

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ