特集・連載

【隔週開校! スマホの学校-第7回-】

失敗しない機種選びのポイント(カメラ編Ⅰ)

文●株式会社ピアズ 桑野隆司

2013年10月28日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「失敗しない機種選びのポイント」2回目は、カメラ編です。

 今は、デジカメ変わりにケータイで撮影する方って多いですよね。

 もちろん私も写真は、ほとんどケータイで撮ります。最近は容量も増え、画質も良くなってきたので動画もケータイで撮ることが多いですね。また、スマートフォンで写真を撮ればそのままSNSへ投稿できたりするので、とても便利です。

 カメラ機能といえば、まず皆さんが気にされるのはカメラ画素数ではないでしょうか?

2013冬スマホカメラスペック

 最高画素数1630万画素とは、すごいですね。本当にデジカメ並です。ですが実は、画素数だけではカメラの性能は測れないのです!! ご存じでしたか?

 そもそも、この画素数って何でしょう? なぜそんなに画素数が大切なのでしょう?

 画素数は簡単にいってしまえば、画像を表す“点(ドット)”の数です。1630万画素といえば、1630万個の“点”から1つの画像が成り立っているのです。

sumaho

 画素数が多いと写真がきれいといわれるのは、これが理由です。画素数が多ければ多いほど、点の数が多くなり、高精細になるのできれいな写真になります。

 では、こちらの画素数の写真はどうでしょう。

sumaho

 どちらが高精細かわかりますか? どちらも同じぐらいきれいに見えませんか? なぜなら今、皆さんが見ている画像は同じ画素だからです。カメラはそれぞれ1630万画素と800万画素で撮影していますが、皆さんが見ている画像は写真ではなく、パソコンやスマートフォンのディスプレイなどを通して見ていますよね? ディスプレイでは、1630万画素や800万画素のデータをフルに表示していないので、高画素のカメラで撮影しても高精細に見るのは限界があるのです。今、見ている画像は200万画素程度でしかないんですよ。なぜか?…については、またディスプレイ編で詳しくお話ししましょう(次の次を予定しています)。

 では、画素数じゃなくてどこで選べばいいの?…ってなりますよね。そこでカメラで機種を選ぶ場合は機能で選ぶことをおススメします。一概に機能といっても各機種によってさまざまな機能がついています。

 ぜひ、自分にあったカメラ機能を見つけてください。では、カメラ機能については、また次回の続編をおたのしみに!!


株式会社ピアズ 代表取締役
桑野 隆司(くわの たかし)

ケータイ業界の池上彰。
携帯電話販売店の販売スタッフやイベントのスタッフなどへの研修講師を14年以上つとめ、現場に即した研修内容とレベルに合わせたわかりやすい説明で、これまでに10,000名以上のスタッフを接客指導してきたカリスマ講師。
9年前に携帯電話業界に特化したセールスプロモーション会社"株式会社ピアズ”を創業し、講師だけでなく、コンサルタントやプロデューサーもつとめる『ケータイのプロ』

【株式会社ピアズ】
ケータイ業界をメインとして販売促進をおこなうトータルサポートコンサルティング企業。現場に根ざした販促企画の企画/運営だけでなく、人材育成やマーケティング/戦略立案などの上流の仕事も行う。創業時より現場主義/成果コミット/顧客本位を貫き、着実に成長を続けてきた。人を尊重する理念型経営で、2012年度には日本経営品質賞経営革新奨励賞を受賞した。

 

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク