iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド-第4回-】

iPhone 5s/5cマスターへの近道!? 見方&使い方など、ホーム画面の基本操作&設定方法を解説①

文●mobileASCII編集部

2013年10月18日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面の見方からアプリの整理方法まで!
「ホーム画面」の基本をマスターしよう


[iPhone 5s/5c]ホーム画面の基本操作/設定①

 画面ロックを解除すると表示される「ホーム画面」。このホーム画面は、ケータイでいうところの待受画面にあたるもの。このホーム画面は壁紙を楽しむだけでなく、「アプリメニュー」の役割を担っていたり、「ステータスバー」「コントロールパネル」といったiPhoneを快適に使うための機能が備わっていたりと、とても重要な存在です。

 そこで「ホーム画面編」は、2回にわけて詳しく解説! 今回はまず、ホーム画面上にある情報の見方やアイコンを整理する方法、壁紙の設定方法について見ていきましょう。

アプリだけじゃない!
ホーム画面各部の名称や情報アイコンをチェック

 まずは、そもそもホーム画面とはなにか、どんな作りになっているか…というところから解説していきましょう。

 カラフルなアプリアイコンが並ぶホーム画面は、すべての操作の中心となる場所。たとえばアプリを起動していてもホームキーを短く押すと、アプリが一時停止されてこの画面に戻ることができます。

 このホーム画面は、大きく「画面上部」「画面中央」「画面下部」の3つのパートに分かれています。画面上部は「ステータスバー」と呼ばれ、左から「ネットワークアイコン」「時計」「バッテリーアイコン」などのアイコンが表示されています。端末の状態や現在時刻を確認するときなどは、ここをチェックしましょう。

 一方、「画面中央」には、アプリやWebサイトのショートカットなどのアイコンが並んでいます。一画面に表示できるアイコンは、縦5段×横4列の計20個まで。ホーム画面は横に“面(ページ)”を増やすことができ、アイコンが画面に収まりきらなくなった場合は、自動的に次(右)の面に配置されます。左右の面に移動するときは、横にフリックしましょう。その“面”を表しているのが、画面中央の下部に並んでいる○。この○が、ホーム画面が何面あるかを表していて、そのうち●が示しているのが現在表示されている画面の位置になります。

 そして最後の「画面下部」。画面を横にフリックしてみるとわかりますが、画面下部にある4つのアイコンが配置された部分が変わっていないと思います。これは「Dock」と呼ばれるもので、この「Dock」はホーム画面を左右に移動させても、常に同じものが表示されるように設定されています。「電話」や「メール」「Safari」など、頻繁に使うアイコンを設定しておくと便利です。

[ホーム画面の各部の名称や情報の見方]

[iPhone 5s/5c]ホーム画面の基本操作/設定①

①ネットワークアイコン
キャリア名(NTTドコモ、KDDI、SoftBank)や、3G/LTE、Wi-Fiの接続状況が表示されます。電波強度を示すアンテナアイコンは5段階。

②時計
現在時刻を表示。24時間表示と12時間表示を選択できます。初期設定では、24時間表示になっているため、変更する場合は「設定」⇒「一般」⇒「日付と時刻」で、「24時間表示」のチェックを外す必要があります。

③バッテリーアイコン
バッテリーの残量を表示。パーセンテージもあわせて表示したい場合は、「設定」⇒「一般」⇒「使用状況」⇒「バッテリー残量(%)」にチェックを入れましょう。

④新着件数/更新情報の通知
新着メッセージの件数や更新情報などが、アイコンの右上に数字で表示されます。

⑤アプリアイコン
端末にインストールされているアプリは、ホーム画面上にアイコンとして自動的に表示されます。

⑥Dock
利用頻度の高いアプリのアイコンを最大4つまで配置可能。Dockに置かれているアイコンは、画面を移動しても常に同じものが表示されます。

⑦ホーム画面ポジション表示
○の数でホーム画面が何面あるかを表示。現在表示中の画面の位置は、●でチェックできます。

 ホーム画面の構成を理解したら、次はいよいよホーム画面を使いやすくする操作や設定の方法を覚えていきましょう。


フォルダを作成して
アイコンを整理しよう!

 ホーム画面は、iPhoneの“玄関口”。玄関は、余計な靴やモノを置かずに整理整頓を心がけることで、見た目だけでなく使い勝手もグッと上がりますよね? これはiPhoneでも同じこと。フォルダを作り、そのなかによく使うアプリをまとめたり、カテゴリごとに整理したりしておきましょう。

ホーム画面 ホーム画面

 例として、ゲームアプリを2つをフォルダにまとめてみます。まずは、移動させたいアプリアイコンを長押しして、アイコンが揺れている状態にしましょう。その状態でアイコン同士を重ねると、フォルダが作成されます。

ホーム画面 ホーム画面

 作成したフォルダには、アプリのジャンルごとに自動的にタイトルがつけられますが、自分でわかりやすいようにタイトルを変更することもできます。

アイコンやフォルダは自由に配置可能!
使いやすい位置へ並び替え


 よく使うアプリやフォルダは、わかりやすい位置に並べておくと、いちいち探す手間が省けて◎。並び替えるときは、フォルダを作成したときと同様に、アイコンやフォルダを長押しして、全体のアイコンが揺れている状態にしてから、移動させるだけ!

次ページ>>
スマホの動作が重くなるまえに施したい対策&
壁紙の変更方法をチェック!!

<< PREV 1 2 NEXT >>

この特集のほかの記事

関連記事

こんな記事もオススメ!

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク