Android 特集・連載

【2013冬スマホ】「Xperia Z1」「Xperia Z1 f」のカメラ機能を、開発チームにインタビュー!

文●河野弘道、池田英一

2013年10月22日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1/2.3型の大型センサーやGレンズの搭載など、カメラファンをも唸らせる本格的なカメラを搭載したソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia Z1」。今回はその魅力的なカメラを生み出した開発チームにインタビュー! 「Z1」への想いや開発秘話を語ってもらった。

Xperia Z1 カメラ機能インタビュー

「Xperia Z1」が目指したのは
今までのスマホとは違う1つ上の画質!


「Xperia Z」からスタートした、
スマホカメラへの挑戦

――今回、ソニーモバイルの方と、ソニーのデジタルカメラチームが一緒になって開発をされたということですが、まずは、その辺りのいきさつなどからお伺いできればと思います。

亀崎 今はデジタルイメージング(ソニーのカメラ事業部)のメンバーと席を並べて仕事しておりますが、そのような形で一緒に仕事を始めたのは「Xperia Z(以下Z)」の頃からです。やはりソニーモバイルが、ソニーの100%子会社になったというのが、1つのきっかけでした。

――では、このメンバーで作られた1機種目が「Z」。2機種目が「Xperia Z1(以下Z1)」ということになるのですね。

亀崎 そうですね。もちろんソニー・エリクソン時代からソニー製のセンサーを使っていますし、ソニーグループとしてまったく関わりがなかったわけではありません。ただ、今までと違うレベルで協業が始まったのは「Z」からですね。そして、「Z1」の段階ではそれをさらに発展させ、ソニーモバイルとデジタルイメージング、さらにセンサー開発などを担う半導体事業部が、三位一体となって協業しています。




ソニーモバイル
コミュニケーションズ株式会社

カメラエンジニア
亀崎氏

 

 

「Z1」に搭載された“すごいカメラ”は
写真世界への入り口

――今回、発表会などでは「カメラから、スマホを再定義する」というフレーズを使われていましたが、「Z1」のカメラには明確なテーマがあったのでしょうか?

亀崎 “すごいカメラ”を作ろうというコンセプトのもと、じゃあ“すごいカメラ”ってなに? という3者でのブレストから始まりました。そこで出てきたキーワードが、“思い出画質”の撮れるカメラというものです。

――思い出画質とは何でしょう?

亀崎 ユーザーの用途別に画質を3つに大別した場合、上から作品画質、思い出画質、メモ画質と分けることができます。作品画質は、その名のとおり”写真を作品として残す”ための画質ですね。思い出画質は、旅行やイベントなどの思い出を残すうえで要求される画質です。主にコンパクトデジタルカメラを使って撮るエリアになると思います。メモ画質は、いつでもどこでも持っているスマートフォンの特性を活かしたもの。とりあえず記録として残せる画質ですね。そこで「Z1」のカメラは、従来のスマホが担っているメモ画質ではなく、その1つ上の思い出画質までカバーできるものを目標に定めました。レンズやセンサーなどのハード面、信号処理などのソフト面もそこに合わせて最適化されています。

――なるほどコンパクトデジカメと同等の画質を目指して作られたわけですね。ただ、カメラファンからするとサイバーショットシリーズとの棲み分けが気になるところです。

天野 実は明確な棲み分けというのはあまり意識していません。というのもスマホのカメラは、デジタルカメラ以上に広いユースケースが想定されています。そうすると必然的にスマホから写真の世界に興味を持つ方が多くなると思うんです。そこにソニーとして良い製品を提供することで、カメラそのものに興味を持ってもらえる人を増やせればと考えています。

荻原 結局のところデジタルカメラというのは、どんなに小さくしたところで肌身離さず持ち歩くものではないんですよね。例えば会社の行き帰りでも、写真に収めたいシーンに出会うことって意外と多いですが、そんなときに限ってカメラを持っていない。でも、スマホならいつでも持っているものなので、そんなチャンスも逃さず撮れる。なので、まずはサイバーショットのTシリーズレベルの画質がスマホで撮れればいいなと思っています。ただ、デバイスに違いがあるので、完全にサイバーショットとは一致しません。それに、週末ともなればデジタルカメラを持って外出する人も多いので、その辺りはTPOに合わせた使い分けができると思います。

――デジタルカメラと同じカテゴリで考えた場合、入門機のさらに下、超入門機といったところでしょうか。

荻原 カメラの入門機と言ってもそん色ないです。既に画質的にはサイバーショットと被る部分も出ているので、正直サイバーショットでないとダメというケースは減る可能性があります。ただ、ここからカメラに興味を持ってもらう。そして、レンズ交換の楽しみやさらなるボケ描写などを求めるユーザーさんがデジタル一眼の「α」シリーズや「NEX」シリーズにステップアップしてもらえればうれしいですね。なので、「Z1」には写真文化の裾野を広げる入り口を担ってなってもらえればと願っていますし、それだけの価値を提供できる画質に仕上がっていると思います。

有山 サイバーショットは気楽に撮っても失敗しないという思想のもとで作られているのですが、その思想は「Z1」にも引き継がれています。例えば、高感度でもノイズのざらざら感を減らしたり、被写体が動いているものと判断した場合はシャッター速度を速くしたり、そういった制御ですね。どんな場面でも失敗せずに撮れて、お客様をがっかりさせない。そうすることで写真への興味を強く抱いてもらえると考えています。

――ほかのメーカーさんとは違う、カメラメーカーらしいアプローチですね。

天野 思い出画質とメモ画質の差というのは、「Z1」で体験できると思います。普段メモ的にスマホのカメラを使っている方々にとっては、写真ってインフォメーション的な役割が強いと思うんです。こんなところに行ったとか、こんなもの食べたとか……。でも、「Z1」の写真なら、こんなキレイな所に行ったんだね! とか、こんなおいしそうなものがあるんだ! という体験ができるんです。そういった体験が写真を楽しむ第1歩かなと思います。そして、その先には「α」などさまざまなセンサーサイズのデジタル一眼がある。それはうちにしかできないアプローチと考えてます。

「Xperia Z1」「Xperia Z1f」カメラ機能を開発者に聞く!

▲「作品画質」のデジタル一眼を筆頭に、分類したイメージ。「Z1」は従来のスマホよりもワンランク上の、「思い出画質」のカメラを搭載する。

 ※Tシリーズ=屈折光学式のレンズを採用したフラットな形状が特徴のシリーズ。現在は防塵・防滴構造の「TX30」と「TF1」がラインアップされている。
※α=レンズ交換式のデジタル一眼。「トランスルーセントミラー・テクノロジー」という従来のデジタル一眼とは違う構造が特徴。
※NEX=APS-Cサイズ(23.5×15.6㎜)のセンサーを搭載しながら、小型・軽量を実現したミラーレス一眼。11月にはミラーレスで初となるフルサイズセンサーを搭載した「α7」も登場する。

次ページ>>センサーの大型化など
革新的な進化に迫る!

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク