Android 特集・連載

【2013冬スマホ】「Xperia Z1」「Xperia Z1 f」のカメラ機能を、開発チームにインタビュー!

文●河野弘道、池田英一

2013年10月22日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Xperia Z1」「Xperia Z1f」カメラ機能を開発者に聞く!

カメラ操作がしやすくなった
GUIをチェック!


――「Z1」のGUIは「Z」に比べてカメラ操作のしやすいものに変わっていますが、やはりカメラファンを意識したものなんでしょうか?

天野 今回、「Z1」をスマホとしての目新しさ、オールド感のない新しいものとして世に出したかったというのがあるんです。私たちはエアリーって呼んでいるんですが、なるべく撮影の邪魔をしない軽いもので、いざ使いたいというときは特に意識することなく使えるという点を意識しています。また、ホワイトバランスや露出補正というのは、両方とも映像を見ながら調整するものなので、それをひとつの画面にまとめているのもポイントです。あと、「Z」だと必要な設定が深い階層にあったり、細かいところを行き来する必要があったのですが、「Z1」ではその辺を削減して撮りたいものをすぐに撮れるGUIになっています。

Xperia カメラ開発者インタビュー Xperia カメラ開発者インタビュー

▲「Z」(左)では露出補正とホワイトバランスの設定が別々になっているが、「Z1」(右)では同じ画面で確認・変更ができる。5インチの大画面なので、タッチ操作も快適だ。

――確かに両機種を比較した場合、「Z1」のほうがテンポよく撮影できる感じでした。

天野 これは人によって感じ方が違うかもしれないのですが、実は「Z」だとメニューを開くときのテンポが項目によって違うんです。あるものは速く表示されて、あるものは遅くなるといった感じですね。それを「Z1」では、自然に流れるBGMのように意識しないでテンポよく触れるようにアニメーションや速さを作り込んでいます。

――そういった細かい作り込みがあるんですね!

天野 あと、メニュー画面もあまり階層を深くせず、設定したい項目をすぐに見つけられるようにタブ表示にしてあります。

――個人的には露出補正などの設定項目を表示した状態で、本体のシャッターボタンを半押しすると表示が隠れるのが使いやすかったです。ボタンから離すとまた表示が出てくるので、設定を次々と切り替えて撮るときには重宝しました。

天野 もともとデジタルカメラのチームにいたんですが、そのときもやりたいことをすぐ実現できるという即時性、道具を使いこなすためのインターフェースにはみんなすごく気をつけていたんです。なので、今回取り入れられる要素はUIにどんどん入れ込んでいきました。

サイバーショットではできない
エフェクトを目指した

――ピクチャーエフェクトはサイバーショットに採用されているものと違うものが搭載されていますが、スマホならではのこだわりはあるのでしょうか?

天野 一番の考え方の違いは、スマホだと広い液晶画面にタッチ操作ができるということですね。かつスマホに搭載されているので、処理能力もとても高いです。なので、サイバーショットとは違ったチャレンジングなエフェクトも取り入れて、個性を出しています。また、アプリ開発の人以外とも手を組んでやっているので、ひとつひとつかなりこだわり抜いて作っています。

――では、サイバーショットに比べてかなり処理能力を要求されるエフェクトも搭載されているんですね。

天野 豊富な処理能力がないと(画面上の動作が)カクカクしてしまいます。処理能力をスマホの強みとして生かせるように意識して使いつつ、さらに技術力をもって高速化を行い、ひとつひとつ、いつものカメラと同じ感覚で使えるように調整しています。

――万華鏡やハリスシャッターなど、サイバーショットにはないおもしろいエフェクトが多いように感じます。

天野 とにかくユーザーさんに遊んでほしかったんです。「α」や「NEX」などのレンズ交換式カメラでは、レンズ数だけ違った世界があります。それと同じレンズを取り替えるような感覚を体験していただければなぁと考えています。

「Xperia Z1」「Xperia Z1f」カメラ機能を開発者に聞く!

▲ピクチャーエフェクトのアプリを選択すると、最初に画面が9分割され、それぞれの効果が確認できる。あとは気に入った画像にタッチするだけだ。この状態でも処理落ちなどはほとんど見られない。

「Xperia Z1」「Xperia Z1f」カメラ機能を開発者に聞く! 「Xperia Z1」「Xperia Z1f」カメラ機能を開発者に聞く!

▲選んだ色以外をモノクロ化するパートカラー(右)は、サイバーショットにも搭載されているが、タッチ操作の「Z1」のほうが簡単で自由度も高い。個人的には色あせた雰囲気を演出できるノスタルジック(右)がお気に入り。被写体を選ばず使えるのでおすすめだ。




ソニーモバイル
コミュニケーションズ株式会社

エクスペリエンスプランナー
天野氏

 

――タイムシフト連射やARエフェクトなどは、どのような発想から生まれたのでしょうか?

天野 その発想の部分が1番苦労しました(笑)。すごいカメラというテーマがあったんですが、果たして自分たちがどんなカメラを使いたいのかというところをしっかりと考えたんです。なので、開発者やデザイナーさんと何度も集まって議論ました。そこではいろいろなアイデアが出まして、例えば目(カメラ)があって、脳(検索機能)があるんだから見ているものをもっと知れるんじゃないかという「Info-eye」の発想であったり、簡単に撮れるんだけどプロではないのでどうしても決定的瞬間を撮り逃しちゃうよねという「タイムシフト連写」の発想ですね。

――今後、そういった楽しいアプリが増えると期待できるんでしょうか?

天野 そうですね。今回はアプリを追加できる機構を入れているので、どんどん新しくておもしろいものを出していければと考えています。今もたくさん考えていることがあるので今後もご期待ください。

確かな手応えとなった「Z1」

――今回は「Z1」で普段とは違う協業の形となりましたが、その点でフィードバックなどは得られたのでしょうか?

荻原 やはりいろいろな人や技術が交流しあったという点は1番大きいですね。顔を合わせて対話ができたので、1+1が2になるだけでじゃなくて、それ以上のものが生まれるんじゃないかという期待があります。

――最後に読者の方に「Z1」のアピールをお願いします。

天野 どんどんカメラで撮ってください、遊んでくださいという感じですね。「Z1」なら今まで撮れなかったものが撮れるし、見えなかったものが見えてくるようになります。かなり美しい筐体に仕上がっているので、どこに出してもカッコイイ自慢の子どもです。

荻原 「Z1」のカメラを通して少しでも多くの方が写真の世界に踏み込んでもらえればと思います。そして、どんどん深みにはまってください(笑)。

有山 自分たちでも満足のいく画質が再現できたと思っているので、思い出画質というところを是非体感していただきたいですね。良い写真をどんどん撮影していただいて、「Z1」を持っていて良かったなと感じてもらえれば幸せです。今後はユーザーの方々が「Z1」で撮った素敵な写真を見ながら、それをエネルギーに次の開発に臨みたいと思います。

――本日はありがとうございました。

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ