特集・連載

シニア層がスマホを大活用! 富士通シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る!

文●mobileASCII編集部

2013年11月14日 20時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シニア向けスマートフォンの代名詞といえば、富士通の「らくらくスマートフォン」。2013年8月に最新モデル「らくらくスマートフォン2」が発売され、タッチパネルの押しやすさや通話のしやすさなどが好評だが、それと合わせて同端末にプリインストールされている「らくらくコミュニティ」というシニア向けSNSが人気を博しているという。ここでは、その「らくらくコミュニティ」にスポットを当て、その人気の理由を富士通の開発陣に聞いてみた。


「らくらくスマホ」内にある
SNS機能が大人気!
リニューアルして、使い勝手が向上!



富士通株式会社

ユビキタスサービス事業本部
熊沢 剛氏


富士通株式会社

ユビキタスビジネス戦略本部
青山 進氏

 

 

――まずは「らくらくコミュニティ」が立ち上がった経緯について、お教えください。

富士通 熊沢氏(以下、熊沢):実は、昨年発売させていただいた初代「らくらくスマートフォン」から、すでにコミュニティサービスはやっていました。そのときはニックネーム制で、旅や食について掲示版に書き込んでコミュニケーションが楽しめるというものでしたが、もっといろいろな趣味について語りたいという要望があったんですね。合わせて、二ックネーム制で知らない人と知り合うというのもいいのだけど、リアルな友達とも交流を深めたいという要望もありました。そのような要望を反映して、今年の8月に「らくらくスマートフォン2」が出るタイミングでリニューアルさせていただき、今の形となりました。

シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る!

▲シニア向けスマホとして人気の「らくらくスマートフォン2」。機能面のみならず、「らくらくコミュニティ」といった各種サービスも充実している。

――なるほど。それまでのコミュニティサービスが、さらに進化したということなんですね。具体的には、どう変わったのでしょうか。

熊沢:掲示板はそれまでも趣味を語り合う場として使っていただいていましたが、もう少しテーマを細分化し気楽に投稿できるようにしました。「らくらくスマートフォン」のユーザーの傾向を分析すると、もっと見せたい、もっといろいろと自慢したいというニーズがあり、その要望を取り入れ、シニアの方にとって分かりやすく身近なテーマを用意しました。なかでも現状だと「ぺット」や「あいさつ」、趣味のガーデニングといった掲示版が大変人気です。また、文字や写真に加えて、イラスト(スタンプ)を使って簡単に投稿することができるようにしました。現時点でユーザーの約8割以上の方が、投稿の際に文字だけでなくスタンプを付けてコミュニケーションを楽しんでいますので、年配の方にもスタンプを使ったコミュニケーションがウケているんだなと感じています。

シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る! シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る!

▲初代の「らくらくスマホ」から人気の「らくらくコミュニティ」が、さらに進化した。

――スマートフォンになって「LINE」のスタンプが人気ですが、シニアの方も同様という感じなんでしょうね。

富士通 青山氏(以下、青山):そうですね。スタンプの要望が大きいです。今後もあいさつや季節ものを増やすことを検討しています。あと他の人の投稿を読んで共感した場合など“拍手ボタン”を押すという機能も付けました。ボタンひとつで意志を伝えることができるので、こちらも大変好評ですね。また、新たに趣味の合う人同士でサークルを作って、コミュニケ―ションを楽しめるようにしました。たとえばプロ野球の巨人ファンだけのサークルですとか、身近な友人と、その話題についてコミュニケ―ションが楽しめるというものです。

シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る! シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る!

▲手軽にイラストを送付できる「スタンプ」は、シニア層にも人気が高いようだ。

――サークルは誰でも参加できるというものなのでしょうか?

熊沢:「らくらくコミュニティ」の会員の方なら誰でもサークルを立ち上げることが可能です。個人の方が仲間内で楽しめる、クローズドなサークルとなっています。合わせて、「らくらくコミュニティ」が主催する、もっとオープンで誰でも参加できるサークルやイベントも設置しました。フォトコンテストなど、参加者が楽しめるようなイベントを毎月実施しています。9月に開催したフォトコンテストは「街で見つけた夏の終わり」というテーマで、審査員に著名な方を招いて開催しました。

セキュリティ対策も万全!

――掲示板やコミュニティなどSNSサービスで気になるのが、セキュリティですが、こちらに関してはいかがでしょうか?

熊沢:シニアユーザーに安心してご利用いただくために、専門スタッフによる24時間チェック、広告・セールスの排除、個人情報漏えい防止、の3つの対応を実施しています。掲示板に関しては24時間体制で投稿を事前にチェックして、問題ない投稿だけアップするという方針です。たまに個人情報を投稿してしまう方もいらっしゃるので、そこはしっかりとチェックさせていただいています

――ちなみにシニア層といっても幅があると思うのですが、コミュニティに参加されている方は、だいたい何歳くらいの方が多いのでしょうか?

熊沢:コミュニティに登録された方々のデータを見ると60代前半の方が多く、男女比はほぼ半分ずつという感じですね。また、実際の投稿をみると女性の方が多いような気がします。「らくらくスマートフォン」を使っているユーザーの方は60代くらいの方が一番多く、その内「らくらくコミュニティ」を実際に使っているのが、少し若い50代60代の方という感じです。

シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る! シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の魅力に迫る!

▲人気のテーマは「旅」や「ペット」。コミュニティは、50代60代のユーザーが多いようだ。

次ページ>>「らくらくスマホ」の
ユーザーでなくても参加可能!?

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ