iPhone 特集・連載

「iPad Air」レビュー! iPad、Androidタブレット、Windowsタブレット、ノートPCと比べてどう!?

文●小林誠

2013年11月28日 21時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電子書籍」「ブラウザ」
「アプリ」の使い勝手をチェック!


 他に「iPad Air」になったことで、使い方に大きな違いがでそうなのは「電子書籍」と「ブラウザ(WEB閲覧)」だろう。どちらも、これまでより閲覧が快適になるので、手で持って見ても疲れずに、長時間、使い続けられるのは間違いない。ただし、これらのアプリは、そもそも両手持ちで操作することが多いので、「iPad 4」と劇的に使い方が変わるわけではないと言える。

ipadair

▲「Kindle」アプリを操作している様子。こちらはあまり大きく操作が変わらないものの、端末が軽くなったことで端末を手に持って読書しやすくなった。

「iPad Air」で、アプリの動作がどう変化したのかも気になるところ。2つの機種で、同じアプリを使い比べてみたところ、「iPad Air」のほうがアプリの起動や動作が速くなっていると感じた。アプリも落ちにくくなった感じだ。実際に、ベンチマークを行って調べてみたので、以下に「iPad 4」との比較を紹介しよう。

ベンチマークの結果は
「iPad Air」が当然優勢!?

 ベンチマークは「GeekBench 3」「PerformanceTest Mobile」など、4種類のアプリで行った。それぞれ3回計測し、平均値を出した結果が、以下の表となる。

  iPad Air iPad 4
GeekBench 3 2689 1430
Performance
Test Mobile
38468 26840
3D
Benchmark
51.313 42.676
AnTuTu
3DRating
Benchmark
5868 6707

■「GeekBench 3」

 まず、PCやAndroidでもアプリを提供している「GeekBench 3」で、プロセッサとメモリのパフォーマンスを測定し比較してみた。ベンチマークは、シングルコアとマルチコアで結果を表示するが、表に掲載しているのはマルチコアの場合。スコアはやはり「iPad Air」が良い数値となり、「iPad 4」との差は、倍近い結果となった。

ipadair

▲「GeekBench 3」のベンチマーク最高スコアは、2692。

■「PerformanceTest Mobile」

 次に、これも有名な「PerformanceTest Mobile」で試してみた。メモリや2D、3Dグラフィックの処理能力も計測できるが、上の表に掲載しているのはCPUのスコア。こちらも「iPad Air」が好調で、なんと1万以上の差がついた。

ipadair

▲「PerformanceTest Mobile」を使ったCPUの最高スコアは、38511だった。

■「3D Benchmark」

 3本目は「3D Benchmark」。これは、その名の通り、簡単に3Dグラフィックの処理能力をテストできるもの。当然「iPad Air」のスコアがよく、51FPSを超える結果となった。

ipadair

▲「3D Benchmark」は戦闘機のアニメーションを計測。最高スコアは53FPS。計測時間も「iPad Air」のほうが短い。

 以上、これらの結果を見てもわかるように、ベンチマークは圧倒的に「iPad Air」の結果が良い。これは、CPUがA7になったおかげだろう。処理能力は、2つの端末では数値上、かなり差があるようだ。ただし、ベンチマークアプリとして有名な「AnTuTu」の結果は、その他と違うものとなった。このアプリは恐らくアップデートが必要だと思うが、なぜか何度計測しても「iPad Air」のほうがスコアが低い結果となった。一応結果だけ掲載しておく。

■「AnTuTu」

ipadair

▲「iPad Air」のほうがスコアが悪くなる「AnTuTu」。一応最高スコアは5912だった。

次のページ>>他のタブレットと比較すると!?

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ