Android 特集・連載

【2013冬スマホ】「NEXUS 5」レビュー! 最新のOS「Android 4.4」を搭載した高機能・低価格スマホだ!

文●佐野正弘

2013年12月04日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「NEXUS 5」は、Androidを開発するGoogleの最新スマートフォンであり、Android OSの最新バージョンである「KitKat」ことAndroid 4.4を、いち早く体験できるのが大きな特徴のモデルだ。SIMフリーモデルの投入に加え、イー・モバイルからも販売がなされたことで、国内でも入手しやすくなった。ここでは、その「NEXUS」シリーズ最新のスマートフォンを検証していこう。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

Android 4.4搭載の
リファレンスモデルを
チェック!


 Googleの「NEXUS」シリーズは、Androidの最新OSをいち早く搭載したリファレンスモデル(標準機)として、先進的なスマートフォンユーザーからは常に高い注目を集めてきたモデルだ。しかしながら「NEXUS 7」などのタブレットと比べると、同シリーズのスマートフォンは日本で販売がなされなかったり遅れたりすることも多く、これまで入手しづらかった。

 だが、最新の「Android 4.4」を搭載したスマートフォン「NEXUS 5」は、Google自身がGoogle PlayでSIMフリー版の販売を早々に開始したのに加え、イー・モバイルが取り扱いを始めたことから、国内でも気軽に購入できるモデルとなった。そこでここでは改めて、「NEXUS 5」の実力を検証してみたいと思う。

 まずは、「NEXUS 5」の性能面をチェックしてみよう。「NEXUS 5」を開発しているのはLGエレクトロニクス(以下、LG)だが、同社は最近、NTTドコモ向けの「G2」(L-01F)や、au向けの「isai」(LGL22)など、高性能なフラッグシップモデルを国内向けに次々と投入している。そこで「NEXUS 5」が、これらLGの最新モデルと、どの程度性能に違いがあるのかをスペックシートから確認してみた。

機種名 NEXUS 5
(EM01L)
G2
(L-01F)
isai
(LGL22)
サイズ
(W×D×H)
約69×138×8.6mm 約71×139×9.2mm 約71×144×9.1mm
重量 約130g 約145g 約152g
ディス
プレイ
約5.0インチ
IPS液晶
1920×1080
ピクセル
約5.2インチ
IPS液晶
1920×1080
ピクセル
約5.2インチ
IPS液晶
1920×1080
ピクセル
OS Android 4.4 Android 4.2.2 Android 4.2.2
CPU 2.26GHz
Snapdragon
800
クアッドコア
2.3GHz
クアッドコア
MSM8974
2.3GHz
クアッドコア
RAM 2GB 2GB 2GB
ROM 32GB / 16GB※ 32GB 32GB
メイン
カメラ
約800万画素
CMOS
約1320万画素 約1320万画素
サブ
カメラ
約130万画素
CMOS
約240万画素 約240万画素
バッテリー
容量
2300mAh 2900mAh 2500mAh

※イー・モバイル版は16GBのみ

「NEXUS 5」はCPUにSnapdragon 800を、そしてディスプレイにはLGのスマートフォンで実績の高い、約5インチのフルHDのIPS液晶を搭載。若干画面サイズは狭いものの基本的な性能はほぼ同等であり、ハイエンドモデルに匹敵するといって過言ではないだろう。カメラやROM(フラッシュメモリ)、バッテリーなどは性能が抑えられているが、この辺りはコスト面を考慮してのことと考えられそうだ。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載 [NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲イー・アクセスの発表会より。「約5インチのフルHDのIPS液晶」や「Snapdragon800」が魅力だ。

 実際、「G2」や「isai」は一括購入時で7万円前後の価格が付けられているが、「NEXUS 5」はGoogle Play版(16GBモデル)、そしてイー・モバイルの「バリュー一括」で購入したときの価格は、共に39,800円と、かなり安価に設定されている。操作に影響する基本性能はしっかり強化しつつも、コストを抑えて購入しやすさを重視したモデルとなっているようだ。

前面はシンプル、背面は個性的な本体デザイン

 続いて本体デザインを確認してみよう。「NEXUS 5」の前面はフラットで非常にシンプルなデザインだが、表示部分がほかのディスプレイより近く感じられることで定評のあるLGのディスプレイ技術を採用しており、ディスプレイの映像とフレームが継ぎ目なく一体化しているかのような印象を与えている。

 ディスプレイサイズが約5インチと大きいので、片手操作がやりずらい印象を受けるかもしれないが、狭額縁設計と上下に丸みをもたせたデザインで、片手で操作しても意外と手に負担はかからない。男性の手であれば、親指でもほぼ画面上部までくまなく操作できるだろう。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲「NEXUS 5」の正面。狭額縁設計で持ちやすく、フレームとディスプレイが継ぎ目なく一体となっているように見える。

 前面がシンプルであるのに対し、背面のデザインは非常に個性的だ。何といっても目立つのは背面に刻印された「NEXUS」のロゴであり、「NEXUS」シリーズであることを積極的に打ち出しているのが分かる。またカメラ部分も、周囲が円形となっている上にやや出っ張りがあるため、こちらもデザイン的には強い印象を与えている。ちなみに背面のカバーは着脱できないのでバッテリーは取り外しできないほか、防水にも対応していない点には注意が必要だろう。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲背面には「NEXUS」のロゴが大きく設けられている。円形のカメラも特徴的だ。

 本体カラーはホワイトとブラックの2色と、極めてオーソドックス。ただ色によって表面の加工が異なっており、ホワイトはさらっとしたマット調の仕上げがなされている一方、ブラックはしっとりとした触り心地の、ラバー調の加工となっている。ちなみに筆者は手が乾燥しやすいので、滑りにくいブラックの加工の方が好みだ。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載 [NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲右側面には電源キーとmicroSIMスロットを搭載。バッテリーは取り外しできない仕様だ(写真左)。左側面には音量キーを備える。側面のデザインも至ってシンプル(写真右)。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載 [NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲本体上部には、3.5㎜のイヤホンジャックを用意(写真左)。本体下部にはmicroUSB端子に加え、スピーカーを搭載(写真右)。

[NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載 [NEXUS 5]レビュー!最新のOS「Android 4.4」搭載

▲「GALAXY NEXUS」(左)と「Xperia Z1」(右)とサイズを比較すると、このような感じ。

次のページ>>Android 4.4の機能は!?

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク