iPhone 特集・連載

【iPhone×iPad 2台持ちのメリット! アプリによる連携/共有/同期でさらに便利に!!-第1回-】

ブラウザ同期で利便性アップ! Chrome、ドルフィンなどiOSでの同期機能を徹底比較

文●mobileASII編集部

2013年12月05日 21時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの弱点を
iPadが補ってくれる!


 iPhoneを使っている方の中には、“iPadはiPhoneとOSが同じで用途がかぶるので必要ない”と考えている人もいるだろう。 だが、iPhoneとiPadではそれぞれ特性が異なる。たとえばiPhoneは画面が小さいため1度に閲覧できる情報が少ないの対して、iPadは画面が大きく閲覧できる情報が多い。また、iPhoneは基本、電話機なので通話用のバッテリーをキープすることを考えるとウェブ閲覧などの使用を躊躇してしまうのに対し、iPadは電話機能がなく電池の容量も大きいので思う存分使用可能、という違いだ。

 シチュエーションによってiPadを使用することによって、上記のiPhoneの弱点はカバーできる。移動中の電車で立っている時は片手で操作しやすいiPhone、席に座れたら画面が大きくて見やすいiPad――。外出先には洋服のポケットなどに入れて気軽に持ち出せるiPhone、自宅でじっくり使う場合はiPad――といった具合だ。先ほど挙げた“OSが同じ”という点も実は利点だ。操作性がほぼ同じなため、持ち替えても迷わず使用できるのだ。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリ連携でスマホライフがこんな便利に!!

▲本記事の担当編集が使用しているのが、iPhone 5とiPad mini。次のページで紹介している「Pocket」に後で読みたい記事をどんどん放り込んでいる。データはクラウド上に保存されているため、同じ記事が表示されているのが分かるはずだ。

 特にオススメなのは、セルラー+Wi-Fi版のiPad。Wi-Fi版でもiPhoneでテザリングをすれば通信できるが、iPhoneの電池の減りが速くなってしまったり、そもそもうまくテザリングができなかったりすることもあり不便だ。また、セルラー+Wi-Fi版なら万が一、iPhoneの電池が切れてしまっても単体で通信できるので、Wi-Fi版よりも使い勝手が良い。

  iPhone iPad 2台持ちのメリット
画面の
大きさ
小さいが片手で持てる 大きいが片手で持ちにくい 片手しか使えない場合はiPhone、両手が使える場合はiPadとTPOにあわせて使い分けられる
電池の
持ち
短い 長い 通話用のiPhoneの電池は確保しつつ、iPadでデータを閲覧 ※セルラー版ならiPhoneでのテザリングが不要なのでさらに便利

 

 上記のように2台持ちによるメリットは多く、特にクラウドを使ってデータを共有すれば使い勝手はかなり良くなる。iOSには「Apple ID」というIDが用意されており、iPhoneとiPadで共通のものを使えば、データがクラウドサービスの「iCloud」上に自動でアップ・同期可能だ。これだけでも非常に便利なのだが、Apple IDで同期できるデータは「連絡先」や標準ブラウザの「Safari」、一部のサードパーティー製のアプリのみというのが残念なところ。

 そこでここでは、Apple IDやiCloudではカバーしきれないデータを、iPhoneとiPadで共有できる便利なアプリを紹介していく。iPhoneのみを使っているユーザーは、これを参考にiPadの導入を検討してみてはいかがだろうか?

Webブラウズ 基本編
 「Chrome」など3ブラウザの
 同期仕様を比較

 前編となる今回は、ブラウザアプリから紹介していく。先ほど少し述べたが標準ブラウザのSafariは、Apple IDとiCloudを使えばデータの同期が可能。普段からSafariを使っているなら、そのまま同期を行えばよい。ただしSafariにも弱点があり、Macとも同期させたいとなるとSafari以外のブラウザには対応していない。また、Windowsでは対応ブラウザは多いが、Safari以外のブラウザで同期できるデータはブックマークのみと限られている。そこで、ここではSafari以外の同期に対応しているブラウザアプリ3つをピックアップした。同期できるデータや使い勝手は、アプリによってさまざま。自分に合ったブラウザをダウンロードして、快適なウェブライフを過ごそう。

[CHECK!]ブラウザで同期できるデータとは?

 ひとくちに“同期”といっても、扱うデータはさまざまだ。同期可能なデータと、ブラウザごとの対応データを説明しよう。

・ブックマーク…お気に入りサイトの情報。
・履歴…自分が閲覧したサイトの情報。
・タブ…ブラウザで開いているタブの情報。
・パスワード…サイト閲覧時に求められるIDとパスワードの情報。
・リーディングリスト…後で読みたい記事をまとめてリスト化する機能。
・ID…iPhoneとiPadで同期するのに必要なアカウントの種類。
・Windowsとの同期…同期できるWindowsパソコンのブラウザ。
・Macとの同期…同期できるMacのブラウザ。

 

■データ同期の例

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!! 2台持ちのススメ! iPhoneとiPadのアプリ連携でスマホライフがこんな便利に!!

▲たとえばタブを同期すれば、iPhoneで開いているタブ2つを…。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホライフがさらに便利に!!

▲iPadから閲覧することが可能になる! この同期は自動で行われるのも嬉しいポイントだ。

※写真はDolphin Browser。



Chrome


Googleアカウントで簡単同期!
パソコンでChromeを使っている人に最適!!


 Safariにのみ用意されているリーディングリスト機能を除けば、ブックマーク、履歴、タブ、パスワードとすべての同期に対応しているのがGoogle製のChrome。同期はGoogleアカウントで行えるので、すでにGoogleカレンダーやGmailなどを利用している人は設定がカンタンだ。ただし、WindowsやMacなどパソコンと同期させる場合は、Chromeしか対応していない点が弱い。

■Chromeが同期できるデータ
ブックマーク
履歴
タブ
パスワード
リーディングリスト ×
ID Googleアカウント
Windowsとの
同期
Chrome
Macとの
同期
Chrome

 

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!!

▲iPhone版では、右上の数字が書かれたボタンを押すと、その時開いているページが一覧で表示される。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホライフがさらに便利に!!

▲iPadでは、パソコンのブラウザと同じように、画面上部にその時開いているページがタブで表示される。

(c)Google Inc.

このアプリをiTunes App Storeでチェック!!



Dolphin Browser


対応するPCブラウザの数が最多!
スマホ&タブレット専用ブラウザ


 Chrome同様、リーディングリスト以外の、ブックマーク、履歴、タブ、パスワードすべてに対応している。ほかのブラウザと違いパソコン版がないが、パソコンのChrome、Firefox、Safari用に拡張機能が用意されているので、同期は可能。同期用のIDには独自の「dolphin」以外に、「Facebook」や「Google」のアカウントが使える点が使い勝手がよい。また、近くにいるDolphin Browserユーザーに、自分が閲覧中のページを送ることができる「Send to Device」機能がある。他社製ブラウザにない独自機能としてウリの1つなので、活用してみよう。

■Dolphin Browserが同期できるデータ
ブックマーク
履歴
タブ
パスワード
リーディングリスト ×
ID dolphin、Facebook、Google
Windowsとの
同期
Chrome、Firefox、Safari
Macとの
同期
Chrome、Firefox、Safari

 

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!!

▲iPhone版では、右下の数字が書かれたボタンを押すとページを切り替えられる。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホライフがさらに便利に!!

▲iPad版は、パソコンのタブブラウザと同じように画面上部にタブが表示される。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!! iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!!

▲たとえば、iPadからiPhoneへ「Send to Device」でページを送る場合は、iPadでページを開いた状態で右上の「…」を押して「Send to Device」をタップ(左写真)。送りたいiPhoneを選ぶ(右写真)。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!!

▲一瞬でiPhoneでも同じページが表示される。

(c)MoboTap Inc.

このアプリをiTunes App Storeでチェック!!



SleipnirMobile


PCでSleiphirを使用している
ユーザーなら迷わずコチラで!


 同期できる項目はブックマークのみと少ないが、パソコン版の「Sleipnir」との同期に対応しているのはコチラのみ。パソコンでSleipnirを使用している人なら、このアプリが最適だろう。iPhone、iPad版では1フリックでタブを切り替えたり閉じたりすることができ、画面下部に常にページのサムネールが表示される点が特徴的。

■Sleipnir Mobileが同期できるデータ
ブックマーク
履歴 ×
タブ ×
パスワード ×
リーディングリスト ×
ID Fenrir Pass
Windowsとの
同期
Sleipnir
Macとの
同期
Sleipnir

 

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホ&タブレットライフがさらに便利に!!

▲iPhone版で複数のページを開くと、サムネール付きで画面下部に一覧が表示される。

iPhone・iPad2台持ちのススメ! アプリでデータ共有してスマホライフがさらに便利に!!

▲iPad版でも、iPhone版と同じく画面下部に開いているページのサムネールが表示される。たくさんのページを開く際にもっとも直感的に操作できるのが、このブラウザだ。

(c)Fenrir Inc.

このアプリをiTunes App Storeでチェック!!


 最後に、Safariと3つのアプリの違いを表にまとめてみた。ブラウザ選びの参考にしてみてほしい。

■共有に関するブラウザの相違点まとめ
アプリ名 Safari
(標準ブラウザ)
Chrome Dolphin
Browser
Sleipnir
Mobile
ブックマーク
履歴 ×
タブ ×
パスワード △※ ×
リーディング
リスト
× × ×
ID Apple ID Google
アカウント
dolphin、
Facebook、
Google
Fenrir
Pass
Windows
との同期
Chrome、
Firefox、
Internet Explorer、
Safari
Chrome Chrome、
Firefox、
Safari
Sleipnir
Mac
との同期
Safari Chrome Chrome、
Firefox、
Safari
Sleipnir

※Mac には OS X Mavericks が、iPhone・iPad には iOS 7.0.3 がインストールされている必要があります。

次ページ>>Webブラウズをさらに快適にしてくるアプリを紹介!

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ