Android 特集・連載

【「Xperia Z1」活用術-第2回-】

「Xperia Z1」バッテリーを長持ちさせるための、基本的な省エネ設定術!

文●mobileASCII編集部

2013年12月17日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
z1f

 人気の冬スマホ「Xperia Z1」は、3000mAhの大型バッテリーを搭載しており、あまり節電を気にせず使うことができる人気モデル。そのままでも問題なく使うことができるが、さまざまな設定などを行い電力消費をさらに抑えれば、もっと長時間稼働させることも可能だ。

 ここでは、そんな「Xperia Z1」をよりバッテリー重視で使うための、基本的な省エネ設定術を紹介していこう。


POINT 1
画面の設定から、バッテリーを節約


「Xperia Z1」は約5.0インチのフルHDディスプレイを搭載しており、美しい大画面でアプリやWEBなどを楽しめるのが特徴だ。また、ソニー独自の超解像技術である高画質エンジン「X-Reality for mobile」を搭載しており、それを駆使すれば写真や動画を美しく再生することができるようになっている。
 だが一方で、ディスプレイはスマホの中で一番バッテリーを消費する部分でもある。バッテリーの持ちを重視したいなら、明るさや美しさなど画面の表示設定を変えることで、節電することができるのだ。まずは、そんなディスプレイの設定方法について紹介していく。

「X-Reality for mobile」をオフにする

 高画質エンジン「X-Reality for mobile」は「画面設定」からオン/オフすることができる。画面設定の一番上にある「X-Reality for mobile」の項目を選んでチェックを外せば、機能がオフになる。

z1f z1f

▲「画面設定」の一番上にある、「X-Reality for mobile」のチェックを外せばOKだ。

「画面の明るさ」を手動で調整する

「画面の明るさ」の設定は「明るさを自動調整」を使うのが便利だが、手動でできる限り暗く設定するほうがバッテリーを消費しない。「画面設定」から「画面の明るさ」を選んで「明るさの自動調整」のチェックを外し、手動で明るさを調整してみよう。

z1f z1f

▲「明るさの自動調整」をオフ(チェックを外す)にして、手動で明るさを調整しよう。

画面の自動回転をオフにする
 
「画面の自動回転」は便利な機能だが、常にセンサーが働くので必要がない場合にはオフにしておくほうが、ベストだ。「画面設定」から「画面の自動回転」の項目のチェックを外しておこう。また、通知パネル内にある「画面の自動回転」の項目をタップすることで、簡単にオフ(白色)に設定することもできる。

z1f z1f

▲「設定」内にある「画面の自動回転」の 項目のチェックを外す(画面左)、または、通知パネルからオフにすることも可能だ(画面右)。

「スリープ」時間をなるべく短く!
 
 自動的にバックライトが消灯する「スリープ」設定。バッテリーのことを第一に考えるなら、スリープに入るまでの時間をなるべく短めにするのがオススメだ。自分の使い方を考えながら、「10秒」「15 秒」などの時間に設定してみよう。

z1f z1f

▲「画面設定」の「スリープ」から、なるべく短い時間に設定する。

電源をこまめにオフにする
 
 冒頭にも書いたように、ディスプレイはスマホの中で一番バッテリーを消費するところなので、使わないときは画面を消灯させておくことが重要だ。「Xperia Z1」は、端末の右サイドにある「電源キー」を押すと画面をオン/オフできるので、こまめに消すようにしよう。

z1f

▲本体の右サイドにある「電源キー」から画面をオン/オフできる。

>>> 次ページ 
Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど、使わない機能をオフにする

<< PREV 1 2 3 4 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク