iPhone 特集・連載

【「iPad Air」&「iPad mini Retina」比較レビュー-第1回-】

「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の違いは? どちらを買う? 迷っているアナタの代わりに1カ月使ってみたヨ

文●外村克也(タトラエディット)

2013年12月20日 20時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1カ月使ってわかった!
ちょっと濃い目の
iPad Air&mini Retina比較レビュー


「iPad Air(以下、Air)」が発売されてから45日以上、「iPad mini Retinaディスプレイモデル(以下、mini Retina)」は30日以上たった今も、ショップでは一部モデルが品薄の状態と、その人気ぶりには驚かされる。ここでは、それぞれの機種を発売日に購入した筆者が、1カ月以上両端末を使い込んで見えてきた違いをレビューしたいと思う。どちらを買おうかと思っている方の参考になれば幸いだ。

ipad

▲「iPad Air」(左)は11月1日に、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」(右)は11月14日にゲット。2台の端末を1カ月以上、とっかえひっかえ使ってみた!

雑誌やウェブコンテンツの見やすさは
意外にも変わらない

 先発の「Air」の画面に慣れていたので、手にとったときはそれほど感動しなかった「mini Retina」の高解像度ディスプレイ。たしかに画面がきれいなのだけれど、写真を表示させないかぎり、なかなかその恩恵を受けることがない。しかし、1カ月ほど触って、じわじわと「mini Retina」の魅力に取り憑かれてきた。

 まず、「mini Retina」の恩恵を如実に受け始めたのが、Newsstandをはじめとした電子雑誌だ。小さな画面でも1冊の雑誌を、とても効率よく読むことができる。というのも、雑誌は1ページを読むのにそれほどの時間を要しないような構造になっているのが一般的。キーワードの優先度が高いものほど大きな字となっていることが多く、細部の記述などは、小さい文字となっていることが多いのだ。1ページを見渡し、気になるキーワードがあるかをチェック。あれば、さっと本文や写真を読み、さらに気になれば小さな文字で書かれたキャプションを見る、という具合だ。

 Retinaディスプレイなら、1画面で見開き表示しても文字が潰れることがないし、キャプションが小さいと感じたときは、ピンチ操作で拡大縮小できるという保険もある。そればかりか、ページをサムネイル表示したときの見出し文字まで読み取れる。そのため、雑誌をパラパラとめくって目的の記事を探し当てるのが快適だ。

ipad ipad

▲Newsstandで読める雑誌は、画面下に表示されるページのサムネイルでも見出し文字を確認することができる。そのため「mini Retina」でも快適にページの拾い読みができるというわけだ。

 雑誌などを読むとき、一見すると画面サイズが大きい「Air」のほうが有利のように感じるのだが、「mini Retina」でもほとんど変わらない。その理由は次の通りだ。

画面サイズの違いは、
目から端末の距離でカバーできる

 使い始めてしばらくして気づいたが、雑誌やウェブコンテンツを見ているときの見やすさは、「Air」でも「mini Retina」でもほとんど変わらなかった。当初は画面サイズの違いから、できるだけ大きな画面で見たほうがストレスはないと思っていたのだが……。理由はすぐに気づくことができた。「Air」よりも、数センチほど「mini Retina」を顔に近づけることで、ほとんど同じ画面サイズに見えるのだ。「mini Retina」は軽いため、手に持って使うというスタイルが多い。そのため、机に置いた状態よりも近い位置で見ることになる。すると、遠近差で「mini Retina」も「Air」と同じようなサイズで見ることができるのだ。

ipad ipad

▲机に置いたときのサイズ感はかなりの差があるが、「mini Retina」を手に取ることで、ほとんど変わらなく見える。重量が軽いので、疲れもほとんど感じることがない。

狭額縁でも使いやすい
気の利いた工夫が◎

「Air」は新しいボディを採用して、画面の両脇の額縁の幅が狭くなった。これにより、縦持ちの際に、どうしても親指が乗っかってしまう。これでは誤動作を起こすのでは……と気にしていたのだが、実際は問題はなかった。iPad向けのiOSでは、画面の端に乗った親指を識別して、タップやスワイプ操作などに影響が出ないようにソフトウェアレベルで配慮している。そのため、縦持ちでも、スクロールやピンチといった操作が快適に行えるようになっている。この仕様は初代「iPad mini」の発売時に採り入れられていたようだ。もちろん、「mini Retina」でも同じように、画面にかかった親指を識別している。

ipad

▲画面の端にこれくらい親指がかかっても、きちんと識別して誤動作なくスクロールできる。

次ページ>>ケースやキーボードも比較!

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク