iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド-第15回-】

iPhoneの使い始めに効くオススメ設定を伝授!

文●タトラエディット

2014年01月17日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表示まわりをカスタマイズ


iPhoneの使い始めに効くオススメ設定を伝授!

 iPhoneに何を求めるかは、人によって違います。文字の大きさひとつとっても、若い人なら、小さくてもいいのでできるだけ多くの文字を表示させたいと思うかもしれません。一方、高齢者は少しでも大きな文字のほうが読みやすく感じるでしょう。iPhoneは、このような利用者の多様性に対応するために、設定項目を複数用意し選択の幅もある程度広くとっています。自分に合った使い方をするためには、このことを理解し設定をカスタマイズする必要があります。しかし、使い方をよく知らないとそれができないので、本当は快適なはずのiPhoneにストレスを感じることがあるかもしれません。
 今回は、カスタマイズするためのさまざまなオススメ設定をご紹介します。iPhoneの使い方をマスターして、より快適なiPhoneライフを楽しんでください。


 画面表示の設定は、スマートフォンを快適に利用するための、最も重要な要素のひとつです。標準の設定でも十分に使えますが、より使いやすくするために踏み込んだ設定方法を理解しましょう。


文字の表示方法を変える

【設定場所】
●設定 > 一般 > 文字サイズ変更
●設定 > 一般 > アクセシビリティ

 文字は、大きさや太さ、コントラストを変えることができます。文字を太くしたり、コントラストを上げたりすると、文字の視認性が上がります。

iphone

▲写真右で、「より大きな文字」をオンにすると通常の大きさの約2倍までスライダが延びます。「文字サイズ変更」にはこの機能がありません。ただし、文字の大きさ変更ができるアプリは、設定画面に書いてあるように、Dynamic Typeをサポートしている「メール」など一部のアプリだけ。

iphone5sc iphone5sc

▲「文字を太くする」をオンにしたホーム画面(写真右)とオフにした画面(写真左)の比較。明らかに右のほうが、視認性がよくなっています。


キーボードを日本語仕様にする

【設定場所】
●設定 > 一般 > キーボード

 キーボードは、複数の国のキーボードを追加することができます。しかし、日本語を使うのであれば日本語と英語程度で十分でしょう。また、絵文字も追加できますが、人によっては不要な場合もあるかもしれません。必要なものだけを追加するようにしましょう。また、英語の場合、自動的にスペルチェックをしたり、Caps Lockをかけたりすることもできます。必要に応じてチェックしましょう。

iphone5sc iphone5sc

▲英語では、「自動大文字入力」「自動修正」「スペルチェック」「Caps Lockの使用」「ピリオドの簡易入力」をオン・オフできます。これらの機能は便利な反面、ローマ字で名前を入力する際に自動修正されて文字が変更されるなど日本語を使用する場合は不都合なこともあります。


壁紙と明るさを変える

【設定場所】
●設定 > 壁紙/明るさ
●コントロールセンター(明るさ変更のみ)

 明るさは、スライダを移動させて変更します。「明るさの自動調節」をオンにすると、環境光センサーが働き最適な明るさに調節してくれます。これはバッテリの節約にも役立ちます。壁紙は、用意された画像だけでなくカメラロールにある画像を壁紙に設定できるので、お好みの写真を選ぶといいですね。

iphone5sc

▲明るさの調節は、画面下から上に向けてスワイプして呼び出すコントロールセンターからも設定できます。ただし、「明るさの自動調節」ボタンはありません。壁紙は、写真左で下の2枚のうち、左をタップするとロック画面を、右をタップするとホーム画面を変更することができます。、いずれも、写真アルバムの中にある写真から選ぶことができます。


画面の向きを固定する

【設定場所】
●コントロールパネル

 iPhoneの画面表示は、一部のアプリをのぞいて本体の向きに応じて回転するようになっています。便利な機能ですが、横になってメールを見る場合など縦表示に固定したほうがよい場合もあります。そんなときは、コントロールセンターを呼び出し画面の回転を縦表示にロックします。また、回転ロックをせずにホームボタンが上にくるように本体を逆さまに持つと、横表示となる裏ワザがあります。寝転がって動画を観るときに重宝するので、覚えておくといいでしょう。

iphone5sc

▲ちょっと分かりにくいのですが、アイコンが黒ではなく白抜きになって薄くなった場合、画面回転ロックが有効になります。写真は、回転ロックがオンの状態です。


自動ロックまでの時間を変える

【設定場所】
●設定 > 一般 > 自動ロック

 iPhoneはバッテリーの節約やセキュリティのために、一部のアプリをのぞき一定時間何も操作しないと自動的にロックがかかり、スクリーン表示が消えるようになっています。ただこの時間が短すぎると、メールなどを読む場合は不便ですね。そんな場合は自動ロックまでの時間を長くします。選択肢は、1分から5分まで1分きざみ、または「自動ロックしない」から選ぶことができます。

次ページ>>
「音量」まわりをカスタマイズしてみよう

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

この特集のほかの記事

関連記事

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク