iPhone 特集・連載

【「iPhone」カメラ活用ガイド-第1回-】

「iPhone」の基本的なカメラ機能の使い方

文●河野弘道

2014年02月24日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iphone

まずは「iPhone」のカメラの
基本的な
使い方や特徴を理解しよう


 スマホのカメラ機能はここ数年で格段に進化して、コンパクトデジタルカメラとの差が少なくなり、画素数も800万~2000万画素クラスのものがほとんど。また、スマホカメラと合わせて、アプリも充実。カメラ自体の機能の使いこなしや撮影時の構図やライティング術に加えて、画像加工系のアプリの使いこなしや選び方も、よりよい写真を作り出すためのポイントとなっている。

 そこでここでは、数あるスマホの中でも高い人気を誇る「iPhone 5」(記事中では「iPhone 5c」)を使用し、カメラ機能の使いこなしや撮影テクニック、さらには写真関連のおすすめアプリについて解説する。第1回目となる今回は、「iPhone 5c」の基本的なカメラ機能の使い方に加え、現時点での「iPhone」と「Android」スマホのカメラ機能の違いについても解説。ぜひ、これを参考に「iPhone」での写真撮影や画像加工を楽しんでほしい。

iphone

▲「iPhone 5s/5c」は800万画素のカメラを搭載。L判や2L判、あるいはそれ以上のサイズのプリントにも十分耐え、高感度撮影にも一層強くなったことで、夜景なども低ノイズな画質で撮影できる。


LESSON1:カメラの設定
iPhoneのカメラについての設定を確認しよう

「iPhone」の設定には「写真とカメラの設定」という項目があり、iCloudへのアップロード(自分のフォトストリーム)や写真の共有についての設定、写真の概要(コレクションの種別や記録年別)の表示の有無、スライドショーの設定などが用意されている。カメラそのものの設定としては、グリッドの表示の有無とHDR撮影時に通常の写真(HDRを使用しない写真)の保存の有無が設定できる。

 グリッドに関しては、撮影時の構図の決定や画面の水平垂直の確認に役立つため、オンにしておきたい。また、HDRの設定についてもメモリに余裕のある限りオンにしておけば、後からアプリで写真を加工する際の素材などとして使用することができる。

iphone iphone iphone

▲写真撮影の際に使用するのは、カメラアイコンのほか、設定アイコンと写真アイコンを使用する(画面左)。撮影の前には、設定アイコンをタップして写真に関連する設定を確認しておこう(画面中央・右)。


LESSON2:おすすめ設定
フラッシュはオフ、HDRはオン
画面比率は3:4がおすすめ

「iPhone 5s/5c」のカメラは、以前のモデルに比べると強化されているが、機能自体は非常にシンプルだ。考え方の基本は以前のモデル同様、まず撮影してから必要に応じてアプリなどで加工するというもので、露出補正や彩度の調整機能などは搭載されていない。それだけに、撮影時や撮影後に使用するアプリも重要となってくるのだが、まずは「iPhone 5」標準のカメラ機能について解説しよう。

 カメラの機能としては、内蔵フラッシュ(LEDライト)のオン・オフ、HDR機能のオン・オフ、カメラ(アウトカメラ、インカメラ)の切り替え、画面比率(3:4、スクエア、パノラマ)の切り替え、画像フィルタの変更が行える。

 フラッシュに関しては自動も選択できるが、手動でオン・オフを選んだほうが、思いどおりに撮れる(不用意にLEDを光らせずに自然な光で撮れる)だろう。HDR(ハイダイナミックレンジ)は、撮影時に画像の白とびや黒つぶれを防いでくれる機能。撮影時はオンにしておくのがおすすめだ。HDRの設定で「通常の写真を残す」が設定されていればより安心だ。ただし、カメラアプリを起動した状態ではオフに設定される点、HDRオンの状態ではフラッシュが使用できない(オフに設定される)点には注意が必要なので、カメラアプリを起動したら設定をチェックしておこう。

 画面比率については、被写体に応じて変更することになるが、スクエアは実質的に3:4からのトリミングとなり、撮影後に写真の変数機能でトリミングできるので、通常は3:4のままで問題ない。パノラマについては、画面の指示に従ってiPhoneを左から右に振ることで、撮影できる。広大な風景を撮る場合などには、積極的に使用したい機能だ。

iphone iphone

▲カメラの撮影画面では、画面上部に左からフラッシュ設定、HDRの設定、カメラの切り替えがある。画面下部には、左から画像の再生、画面比率の切り替えとフィルタ機能のボタンがある(画面左)。パノラマ撮影は、画面の指示に従って矢印の方向にカメラを振ることで撮影できる(画面右)。

iphone iphone

▲画面比率は、写真に設定すると3:4となり(画面左)、ほかにスクエア(1:1)が選べる(画面右)。スクエアは、3:4の画面では空きスペースが多くなりすぎる場合や写真の印象に変化を加えたい場合などに有効。画面比率を変えることは、手早く写真の印象を変えるテクニックの1つといえる。

iphone

▲横に広がりのある風景や縦方向に振って高層ビルを撮るときなどに有効なパノラマ撮影機能。画面の矢印が画面中央部に引かれた線からずれないように振りながら撮影することで、簡単にパノラマ写真が撮れる。

次のページ>>フィルタ、写真編集

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク