特集・連載

【タッチで使うWindows 8.1タブレット活用ガイド-第3回-】

慣れれば速い!タッチキーボードでの文字入力をマスターする

文●タトラエディット

2014年02月20日 19時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
windows

 ウェブ検索やメールの送信などで利用するキーボードは、パソコンやタブレットには欠かせない存在です。しかし、タブレットパソコンには、キーボードが付いていません。代わりに、画面上に表示されるタッチキーボードを用いて、文字を入力します。タッチキーボードは触れた感触がないため、慣れないうちは入力ミスをしがちですが、画面の向きに応じサイズが変わったり、不要な時には非表示にしておけたりというメリットがあります。さらには、自分が入力しやすいよう、キーボードの形状や種類を変えてしまうこともできます。

 タッチキーボードは、従来のバージョンにも搭載されていましたが、Windows 8.1からはさらにパワーアップして使いやすくなっています。まずは、キーボードの基本的な使い方を見てみましょう。

[ キーボード操作の基本/各種キーの名称と配置 ]

 タッチキーボードは、ストアアプリを利用しているときと、デスクトップアプリを使っているときで、開き方が異なります。ストアアプリを使っているときは、文字入力が必要なタイミングで自動的にキーボードが表示されるようになっています。

 一方、デスクトップアプリでは、自動では表示されません。通知領域にあるキーボードアイコンをタップし、手動で表示/非表示を切り替えます。

windows

▲タッチキーボード。最低限のキー数を備えつつ、表示を切り替えることによって、ハードウェアキーボードとそん色ない文字入力ができるようになっています。

windows

▲デスクトップアプリで文字入力するときには、通知領域の左端にあるキーボードアイコンをタップすることで、タッチキーボードを表示できます。


① 記号や数字の入力

 タッチキーボードの配列は、ノートパソコンなどに付いているハードウェアキーボードとほぼ同じような配列となっていますね。しかし、記号などのキーがありません。記号の入力は、「&123」と書かれたボタンをタップすることで、入力できるようになります。

windows
windows

▲数字や記号を入力するには「&123」と書かれたキーをタップします(上写真)。すると、表示が切り替わり、目的の文字を打てるようになります(下写真)。


② 数字をすばやく入力する

 文章内に数字を入力したり、数字混じりのパスワードを入力するときはフリック入力を使いましょう。フリック入力とは、指を滑らせることで、入力できる文字種を増やすことができる、タッチキーボードならではの特別な入力手段です。

 タッチキーボードの上段をよく見ると、数字が書かれているキーがありますね。このキーを上方向にフリックしてみてください。キーボードを切り替えることなく数字を入力できましたね。

windows

▲数字が書かれているキーをロングタップすると、上部に数字が表示されるので、そのまま指をスライドします。すると、数字を入力できます。操作に慣れれば、表示を待つことなく、すぐに上方向にフリックしてすばやく入力することも可能です。

次ページ>>
日本語テンキーや手書き入力の
操作もチェック!

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク