ニュース

LINE、「LINE電話」やスタンプ販売オープン化など、3つの新サービスを発表!「LINE Showcase 2014 Feb.」概要

文●mobileASCII編集部

2014年02月26日 20時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  LINEは2014年2月26日、都内で新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」を開催し、「LINE 電話」「LINE ビジネスコネクト」「LINE Creators Market」の3つの新サービスを発表した。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表

ユーザー数は3億7,000万人!
さらなる成長のための新展開

  発表会ではまず、LINE取締役・出澤剛氏からLINEの現状について説明があった。LINEは2011年にサービス開始してからグローバルで利用者数が増大しており、2月26日現在、全世界で3億7,000万人の利用者がいるとのこと。主に日本、タイ、インドネシア、台湾、スペイン、メキシコなどで使われており、売上は前年同比450%の122億を達成。iOS・Androidアプリのパブリッシャー別売上ランキング(ゲームアプリを除く)において世界1位を獲得するなど、収益化やプラットフォーム化において順調に推移しているとし、さらなる発展をするために今回新サービスを発表することになったと語った。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表
LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲LINE取締役・出澤剛氏が、LINEの現状などを説明した。

「BEYOND LINE」をテーマに、
3つの新サービスを投入

  続いて、LINE執行役員/CSMOの舛田淳氏より新サービスの発表があった。LINEはこれまで無料通話、トーク、スタンプ、公式アカウントなどで順調に成長してきたが、スマートフォン時代のコミュニケーションインフラとしてさらなる成長を目指し「BEYOND LINE」をテーマに新たな取り組みに挑戦すると説明。LINEから国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で電話をかけることができる「LINE 電話/LINE Call」、公式アカウントのAPIを活用しカスタマイズが可能になる「LINE ビジネスコネクト」、ユーザーが自ら制作したスタンプを販売できるようになる、オープンプラットフォーム「LINE Creators Market」の3つの新サービスを投入するとのこと。新サービスの概要は、以下の通り。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲LINE執行役員/CSMOの舛田淳氏が新サービスを発表!

■LINE 電話/LINE Call
 LINEはこれまで、無料で音声・ビデオ通話を楽しめる機能を提供してきたが、利用はスマホを持つLINEユーザー同士のみに限定されていた。「LINE電話/LINE Call」は、LINEのアプリ上から、国内・国外問わず、一般の固定・携帯電話番号に低料金で電話をかけることができるサービスとなる。

 詳細はこちらから。なお、日本以外の国・地域への発信の際の料金体系についてはサービス公開時に発表されるとのことだ。

LINE、グローバル市場でのさらなる成長に向け「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表!

▲「LINE電話/LINE Call」画面イメージ。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表
LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲LINE技術戦略室の杉本謙一氏が、サービスの詳細について説明した。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表
LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲一般の通話料金と比べかなり格安で、最大85%オフとのこと。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表
LINE、「LINE電話」など新サービス発表 LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲発表会では、実機で「LINE電話/LINE Call」を展示。アプリ内の「LINE Call」という項目から、通話することができる。「LINE電話/LINE Call」を使って、auとソフトバンクの「LINE」アプリが入ってないユーザーに通話すると「国番号+スマホの電話番号」で通知されるが、ドコモユーザーは現状番号が表示されない形で通知されるとのこと。マップと連動した電話番号検索もあり、「LINE電話/LINE Call」を使ってそのまま通話することができる。

LINE、「LINE電話」など新サービス発表

▲2014年の2月27日から、無料通話プレゼントキャンペーンも実施される。

■主な特徴
 1.LINEユーザーであれば初期設定は一切不要、誰でもすぐに利用可能
 2.クリアで途切れにくい、高い音声品質
 3.国内・海外、固定・携帯問わず、低料金で通話可能
※期間限定キャンペーンとして、法人向けビジネスアカウント「LINE@」を導入している一部店舗と、株式会社ゼンリンデータコムより提供を受けた情報をもとに構築した電話番号データベース内の一部の店舗・施設を合わせた約130万件へは、無料で電話をかけることができる(終了時期未定)。
■公開予定
 2014年3月
■対象国
 日本、アメリカ、メキシコ、スペイン、タイ、フィリピン
※サービス対象国の端末からであれば、対象国以外も含めた世界中の固定・携帯電話番号に電話をかけることが可能。
■「LINE電話」のサイトはこちら

<料金プランと決済方法>

日本の電話への通話料金(記載のないものは1分単位)
  携帯電話への通話 固定電話への通話
LINE電話/LINE CALL
コールクレジット 14円 3円
30日プラン
(上限60分/固定・携帯電話に発信可能)
6.5円
30日プラン
(上限60分/固定電話限定で発信可能)
2円
他社サービス 料金例
国内携帯電話キャリア 42円
A社 電話アプリ 21円
B社 IP電話アプリ 16.8円 8.4円(3分)

■料金プラン
 1.コールクレジット
 利用する通話時間分の金額を事前にチャージしておいて利用する方式。
※LINEアプリ内決済では、購入できるコールクレジットのパッケージが限られる。
※Google PlayおよびLINE ウェブストアで購入したコールクレジットの保有期限は180日間。
※コールクレジットと実際の通話レートは、Apple社が定めるアプリの料金ルール変更に伴い変動する可能性あり。
 2.30日プラン
 購入から30日間、“固定電話のみ通話可能“もしくは“固定電話・携帯電話に通話可能“という2つの方式で上限時間(サービス公開時は60分間パッケージのみ)利用でき、日本国内の固定電話・携帯電話への通話1分6.5円、固定電話限定だと通話1分2円と、「コールクレジット」よりも安い料金単価で通話することができる。
※LINEウェブストアでのみ購入可能。
※30日間の利用期限終了後に、通話可能残高を繰り越すことはできない。
※30日プランを利用できる通話先は、購入の際に選択した特定の国に限定される。
※固定電話への通話限定のパッケージは、対応していない国・地域あり。
■決済方法
 決裁は、LINEアプリ内決済(「コールクレジット」のみ)、もしくは「LINEウェブストア」から購入方法を選んで利用することができる。

次のページ>>そのほか、2つの新サービスをチェック

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク