「Xperia Z2」の強みはディスプレーとカメラ!

文●ASCII.jp編集部

2014年02月26日 17時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すでにASCII.jpでもレポートしているように(関連記事)、ソニーモバイルコミュニケーションズは、MWC 2014で次期フラッグシップスマホ「Xperia Z2」および「Xperia Z2 Tablet」を発表した。

 現時点で日本でのリリースは未定だが、3月には世界で発売される予定だ。そして今回、MWC会場で同社のUX商品企画統括部長兼クリエイティブディレクターである黒住吉郎氏に、発表された新製品について話を伺ってきた。

Xperia Z2の強みを説明する、ソニーモバイルの黒住吉郎氏

Xperia Z2の実機で最もよくなったとわかるのは
ディスプレー

 その黒住氏は、「Xperia Z2を実際に触って最も良くなったと感じる部分はディスプレー」と語る。輝度を表す数値自体は従来モデルのXperia Z1からほとんど変わっていないそうだが、圧倒的に明るく、鮮やかになったように感じるという。

 実際にXperia Z2実機を見るとそのように感じるのだが、これはパネルの種類がIPS方式に変更されたことのと、新バックライトシステムの「Live Color LED」の採用によるところが大きいとのこと。

Xperia Z2は液晶パネルがIPSとなり、Live Color LEDバックライトの採用で、明るくブラビアシリーズ同等の発色性能を実現

 「従来より広視野角となったことと、発色性能がソニーの液晶テレビ、ブラビアシリーズとほぼ同等レベルの色域となったことで、鮮やかな色合いが直接目に飛び込んでくるかのように感じる」という。

 実際に、ブースでの来場者の声も、有機ELディスプレイを搭載する競合製品に比べてXperia Z2の方が映像がキレイという声が多かったそうだ。液晶自体の進化もそうだが、ソニーは映像の絵作りに秀でていて、繊細な表現もしっかりできているからこそ、こういった評価につながっていると黒住氏は指摘する。

 また、Xperia Z2のもうひとつの強みとして黒住氏があげたのが、カメラ機能だ。Xperia Z2では、搭載プロセッサが強化されたことにより、4Kビデオの撮影に対応。さらに、MHL 3.0出力を備え、MHL 3.0対応の4Kテレビに接続して、撮影した4Kビデオをそのまま再生できる。ソニーの4K対応テレビ「ブラビア」の2014年モデルでは、MHL 3.0の入力に対応。「Xperia Z2での4K動画撮影から4Kブラビアを利用した4K動画の再生まで、しっかりサポートできるのがソニーの強み」と語る。

4K動画の撮影に対応した点も大きな強みという

 4K動画で見逃せない部分となるのが、再生中のズームイン機能。競合のスマホでも同様の操作が可能な製品もあるが、Xperia Z2では、4Kテレビに接続して再生した状態でもズームインが可能というユニークな仕様となっている。「4倍にズームインしても解像度はフルHDなので、精細感が失われない。こういった部分も大きな魅力」だという。

ノイズキャンセリングへの対応は
「ずっとやりたかったこと」

 サウンド面で特徴となるのが、デジタルノイズキャンセリング(NC)への対応だろう。黒住氏いわく、「NC対応はずっとやりたかったこと」だそうだが、今回ウォークマンの事業部と密接に連携することでようやく実現できたとのこと。またこのNCへの対応があったからこそ、Xperia Z2のアクセサリーとして用意されたステレオマイクも実現可能になったとする。

デジタルNCヘッドホンへの対応は、ずっとやりたかったことだという
デジタルNCに対応したことで、外付けのスレレオマイクの搭載も実現可能となったため、オプションのステレオマイクが用意された

 ところで、Xperia Z2では、あまり大きく訴求されてはいないが、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の再生に対応している。ただ、実際に再生にはUSB接続のハイレゾ音源対応DACやハイレゾ音源対応スピーカーを接続する必要がある。「一手間かかるので、強く訴求することは見送った」そうで、今後の課題として解決していきたいという。

 なお、発表会でも披露された、Xperia Z2とマイケル・ジャクソンとのコラボレーションについては、ソニー社長兼CEOの平井一夫氏や、ソニーモバイル社長兼CEOの鈴木国正氏の尽力もあり、「念願なかって」実現されたのだという。CMなどで利用される「スレイブ・トゥ・ザ・リズム」は、マイケル・ジャクソンの未発表曲。この楽曲が使われること以外の展開は「こうご期待」とのことだ。

Xperia Z2とマイケル・ジャクソンとのコラボレーションは、楽曲使用以外にも展開が期待できそう

一方のXperia Z2 Tabletは
「より薄くより軽く」

 タブレット新モデルである「Xperia Z2 Tablet」は、昨年Xperia Zに合わせてXperia Tablet Zが登場したのと同じで、Xperia Z2に合わせてXperia Z2 Tabletを投入することになったという。

 進化のポイントは、「より薄く、より軽く」(黒住氏)の一言に尽きる。ディスプレーは、Xperia Z2とまったく同じテクノロジーを取り入れているため、非常に美しいとのこと。そのうえで、「ここまで精魂込めて薄く軽く作るのは難しいことで、開発陣への感謝が尽きない」とは黒住氏の言葉だが、実際にXperia Z2 Tablet実物を手にすると、その言葉に偽りがないことが実感できる。とにかく、完成度に関しては大きな自信を持っているという。

Xperia Z2 Tabletは、薄く軽くを追求。特に、薄さを攻めたとのことだ

 また、Xperia Z2 Tabletは、Wi-Fiモデルに加えて、3G/LTE対応モデルが用意され、通話機能もサポートしている。そこで、Xperia Z2 Tabletでは、通話用のハンドセットとしても使える専用リモコンをオプションとして用意。このリモコンを用意したのは、「どうやったら家庭内でより便利に使ってもらえるか」を考えてのことという。

3G/LTEモデルは、オプションのリモコンを使って通話も可能。タブレットでホームを再定義したいと黒住氏は語った

 電話機能が入り、美しいディスプレイが入り、サウンドも良くなった。「モバイルとホームの境界線がどんどんなくなってきている、ということを実感できるような商品になっている」と、黒住氏は自信のほどを語った。なお、現時点では日本での発売は未定だが、日本でXperia Z2 Tabletを展開することになった場合には、フルセグのサポートなども積極的に考慮していきたいという。

 ところで、Xperia Z2 Tabletは、薄く軽く(6.4mm/439g!)はなったが、フットプリントは従来とほぼ同じだ。これについては「どこにフォーカスを当てるか」が重要で、今回は元々が10.1型とフットプリントが大きいので、フットプリントではなく薄さを攻めていったのだという。ただ、「今後は狭額縁も攻めていきたい」とのことなので、今後のタブレットの展開にも期待したい。

 最後に、1月のCESで発表された、「SmartBand SWR10」について。SmartBand SWR10は、3月からグローバルで発売になることが発表された。MWCでは、新たにサードパーティとのコラボレーションによる対応バンドの発売が発表されたが、今後はアプリケーションについてもサードパーティとコラボレーションし、「SmartWareエクスペリエンスのエコシステムをサードパーティーとともに構築」していきたいという。

SmartBand SWR10は、バンドの多色展開はもちろん、サードパーティーともハード、ソフト面でのコラボも進め、エコシステムを構築したいとのこと

 また、カメラ型のコンセプトモデルも発表されたが、「お見せしたからには、しっかりコミットしてやっていきたい」とし、商品化に向けてて開発を進めており、時期が来れば発表したいのことだ。


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク