特集・連載

UQ「WiMAX2+」の実力をチェック!「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」レビュ-

文●小林誠

2014年03月03日 22時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」レビュ-

通信速度が遅いノーリミット
しかし実はスムーズに使える?

「WiMAX 2+」は使い放題とはいえ、まだまだエリアは狭い。また、屋内ではうまく入るとも限らないし、LTEを使ってしまうと「WiMAX 2+」は通信量制限が課せられる。そう考えると、制約が少なくて自宅で「固定網代わり」に安心して使えるのは、「ノーリミットモード」の従来のWiMAXなのかもしれない。そこで、通信速度が遅い「ノーリミット」モードで、スムーズにパソコンのネットは使えるのかチェックしてみた。ここでは3つの動画を、「ノーリミットモード」を使ってネットに接続し、ノートパソコンで見てみることにした。テストしたのは以下の3本だ。

1.2時間の映画(iTunesStore)。
 視聴中にダウンロードしながら再生する。
2.5分の短いストリーミング動画(YouTube)。
3.1時間のストリーミング動画(Gyao)。

 各測定サイトでノーリミットの通信速度を計測すると、以下の通りだった。

  最高速度
USEN 1.588Mbps
BNR 0.704Mbps
ブロードバンド 6.99Mbps

 残念ながら、速度はかなり遅い。BNRスピードテストでは0.7Mbpsという速度しか出ていなかった。これは、ひと昔前のフィーチャーフォン並の通信速度という感じだろう。もちろん常にこの速度ではないだろうが、心配になるくらいの遅さだ。

wimax

▲BNRスピードテストでは704kbpsという低速だった「ノーリミット」の「WiMAX」。果たして動画はスムーズに再生できるのか?

 ただ、実際にそれを使って動画を見てみたところ、結果は以下の通りとなった。

  再生の印象 途中の停止・中断
2時間の映画 スムーズ 1回
5分のYouTube スムーズ 無し
1時間のGyao スムーズ 1回

 回線スピードで心配したものの、実際に動画を視聴してみると、まったく問題なくスムーズ。「ノーリミット」の低速でも、動画はとても快適に見ることができた。YouTubeはまったく問題ないし、映画の場合は最後に止まってしまったものの、少し巻き戻してから再生すればスムーズに元通りとなった。Gyaoの1時間の動画の場合は、1度止まったがすぐ再開した。

 iTunesの映画の場合は、ダウンロード時間に「3時間」と表示されて焦ったのだが、数分待つとダウンロードの途中でも再生が可能になり、そのまま3時間もかからずに最後まで見終えることができた。なお、この2時間の映画はHD版で、データ容量は4GBもある。3GBのテザリングなら通信量制限に引っかかり、7GBでも通信量の半分以上が映画1本で失われることを考えると、Wi-Fi以外では通信量に制限のない「ノーリミット」でなければ楽しめないといえるのかもしれない。

 WEBサイトの表示に待ち時間があったり、動画の再生まで少し時間がかかったことはあるが、基本的に一度表示してしまえばスムーズ。これなら、十分、固定網代わりに「ノーリミットだけ」という使い方も可能だと感じた。

wimax

▲映画を再生しているところ。視聴したのは冷戦時代の諜報活動を描いた「裏切りのサーカス」。視聴が終わる頃にはルーターが熱を持っていたが、ノートPCに接続して充電しているので、電池は減らなかった。

wimax

▲映画のダウンロード状況の画面。「裏切りのサーカス」は4.1GBもあった。

十分固定回線の代わりになる
部屋探しのときにルーターチェック!

 最後にまとめ。まず、筆者の一番の驚きは、「WiMAX 2+」ではなく、「ノーリミット」の従来の「WiMAX」がかなり使えるということだった。もちろん「WiMAX 2+」が入るエリアではどんどん「WiMAX 2+」を使えばいいと思うが、たとえ遅い「WiMAX」であっても実用上は問題ないというのは、新生活を送る人にとっては安心だろう。

 IT技術者といった上級者や仕事でバリバリネットを使うという人の場合は、ブラウザのわずかな遅さにイライラすることがあるだろうし、違う印象を持つかもしれないが、新生活をするぶんには「WiMAX」は十分使えるネット回線になるという印象だった。

 ただし、ルーターを使ったエリア確認は必要。せっかく「Try WiMAX」があるのだから、利用しない手はない。自分の住む部屋で使えるかは、絶対に確認しておこう。「WiMAX 2+」はまだまだエリアを広げている途中なので入らなくても仕方がないが、従来の「WiMAX」が入りにくいのはキツイ。「WiMAX」を固定網代わりに使うのなら、安定して(といってもアンテナが2~3本立てばいい)つながる部屋に引っ越してほしい。そのとき、自分の使っているスマホやフィーチャーフォンのアンテナも一緒にチェックすれば、完璧といえるだろう。


レビュアー
小林誠
(こばやしまこと)

ケータイライター。宮城県出身。生き物と釣りが好きで水産高校へ入学。しかし、読書も好きで、めぐりめぐって神奈川大学在学中に編集プロダクション・ゴーズへ入社。携帯電話の記事を手掛けることに。独立後はフリーランスのライターとして活動中。暇なときは釣り三昧な生活を謳歌している。

 

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ