Android iPhone 特集・連載

【「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」総力特集-第3回-】

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』基本攻略「後編」

文●中里一雅

2014年04月09日 18時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総力特集3回目は、引き続き基本的なゲーム攻略方法をお届け。モンスターの育成方法をメインに攻略していくので、参考にしてほしい。

「ドラクエMSL」開発者インタビュー

基本攻略4:「モンスター・集める編」
ダンジョン探索や「地図ふくびき」を活用して、
モンスターを集めよう!


 ときに敵として立ちふさがり、さまざまな経緯で仲間となるモンスター。まずは、そのモンスター収集の手段を紹介しよう。ここで紹介しているやり方以外にも、期間限定イベントや期間限定の「地図ふくびき」で仲間になるもの、そして期間限定で配布されるモンスターもいる。


CHECK7:ダンジョンでモンスターを倒して入手する

 ダンジョンで出現するモンスターを倒すと、運が良ければ戦闘終了後に起き上がって後を着いてくる。ただし、この時点では正式に仲間になっておらず、ダンジョンを無事クリアできたときに、晴れて仲間になるのだ。戦闘で全滅した場合(ジェムを消費してコンティニューすれば続けられるが、あきらめた場合)は、仲間にはできない。

【長所】
入手しやすく、初期レベルが高い

 このケースのメリットは、なんといってもモンスターを仲間にしやすいこと。ダンジョンに挑戦し、すべての敵パーティを倒せば、高確率で1体以上のモンスターが仲間になるはず。スタミナさえあればダンジョンには挑戦できるので、引くのに制限がある「地図ふくびき」よりも、はるかに集めやすい。もうひとつのメリットは、ダンジョンに応じてモンスターの初期レベルが決まっていることが挙げられる。同じモンスターでも後のダンジョンで登場するほどレベルが高く、レベル1で加入する地図のモンスターよりも気合伝授の伝授側として使いやすい。

DQML DQML

▲戦闘終了時に仲間になるかどうかは運次第。運がいいと、1回のダンジョン探索で4、5匹集まることも。

【短所】
低ランクのモンスターしか仲間にならない

 仲間にできるモンスターは原則としてDランク以下で、なおかつ一部例外を除いてボスでないことが条件。Dランク以下ということで、転生狙いでない限りは、メインパーティとして使い続けていくのは難しいだろう。ただし、例外としてイベント限定モンスターはCランク以上であっても、仲間になる可能性がある。

DQML

▲E、Fランクが多く、Dランクが出現するのは少なめ。序盤では即戦力になるが、中盤以降は気合伝授用の伝授する側として使うことが多い。

【用途】
気合伝授の伝授する側として

 強いモンスターは望みにくいものの、仲間にしやすく初期レベルも高いことから、用途的には「気合伝授」(後述)用の伝授する側がオススメだ。本命に直接与えてもいいし、伝授する側に回すCやDランクを鍛えるためにも効果的。どんどん仲間にして、どんどん気合伝授に使用していこう。


CHECK8:「地図ふくびき」で入手する

 一般的なゲームアプリのガチャに相当するのが「地図ふくびき」だ。ふくびきでモンスターが記された地図を入手し、地図で冒険するとモンスターが必ず出現。倒すと仲間になるという仕組みだ。モンスターはレベル1相当なので簡単に倒せるうえ、万が一負けても地図は消滅しないのでご安心を。

 サポートポイント200で1回引けるのがノーマルガチャに相当する「地図ふくびきライト」で、こちらはC~Fランクのモンスターが手に入る地図をランダムで獲得できる。一方、有料アイテムであるジェム300で1回引けるのが、有料ガチャに相当する「地図ふくびきスーパー」。こちらは有料だけあって、最高ランクのSを筆頭に最低でもDランクのモンスターを獲得できるのだ。また、「地図ふくびきスーパー」は期間限定で入手可能なモンスターが登場したり、新規追加されたモンスターの入手確率が上がるキャンペーンが頻繁に開催されている。

【長所】
主力となりうるモンスターを入手しやすい

「地図ふくびき」の魅力は、Cランク以上の主力となりうるモンスターが入手できる可能性があることだ。特に「地図ふくびきスーパー」は、(3月1日現在)70%以上の提供割合でC以上を獲得できる仕様になっている。運がよければ、強力な”とくぎ”や”2回攻撃”といった特殊能力を持つ、SランクやAランクのモンスターが入手できるかもしれない。

DQML

▲Sランクのモンスターは現状3%の提供割合とかなり低い。それだけに入手できたらガッツポーズしちゃうくらいうれしい!

【短所】
ジェムやサポートポイントを入手する必要がある

 ジェムは有料で、サポートポイントはログインボーナス、フレンドや助っ人のパーティ参加報酬として獲得となるため、コストをかけずに大量入手することは難しい。ただし、ジェムやサポートポイントはログインボーナスやミッション報酬のほか、キャンペーンなどでの無料配布が行われることがあり、無課金でもある程度は貯まる仕組みとなっている。

DQML

▲100万ダウンロード突破や通算30日ログインなど、さまざまな節目でジェムが配布されるので、ある程度プレイしていればそれなりに貯まる。もちろん、300貯まったら即「ふくびき」に使うので貯まらない、というユーザーも多いはず。

【用途】
高ランクモンスターを期待するなら、コレ一択

 パーティのメンバーとして使えるモンスターを、集めるのがこちら。特に「地図ふくびきスーパー」は、確実に戦力となりうるモンスターが期待できるので、ジェムを入手したら迷わず使っていこう。

 TIPS 
ジェムのその他の使い道


 ジェムは「地図ふくびきスーパー」を引く以外にも、以下のような使い道がある。特にモンスター所持枠はある程度拡張しないと、気合伝授や転生用のモンスターを確保しにくい。「ふくびき」にとらわれず、ジェムを活用してほしい。

・スタミナ回復
 100ジェムでスタミナが完全回復する。イベントや特別クエストなどで、集中的にダンジョン探索をしたい場合に使おう。

・モンスター牧場を広げる 
 初期のモンスター所持枠は20。100ジェム消費するごとに+5される。

・地図の所持枠を増やす
 初期の地図所持枠は50。これもモンスターと同様、100ジェム消費するごとに+5される。

・旅の僧侶
 戦闘で全滅した場合、旅の僧侶に100ジェムをお布施すれば、パーティ全員HPとMPが満タンの状態で復活する。そのダンジョンで後を着いてきたモンスターも、そのまま引き継がれる。また、パーティ全員でなく、1体30ジェムで復活させることもできる。


CHECK9:転生で入手する

 転生とは、モンスターに転生用モンスターのタマゴロンを与えることで、上位のモンスターに生まれ変わるというもの。詳しくは”基本攻略5:「モンスター・育成編」”で説明するが、主に以下のような特徴と用途がある。

【長所】
「とくぎ」や能力値を引き継げる

 転生すると、転生前のモンスターの「とくぎ」のほか、「とくぎ」を持つ転生用タマゴロンを与えることで、2種類の「とくぎ」を習得引き継げる。また、パワーアップで強化された能力値もある程度引き継げる。

DQML

▲転生用タマゴロンの「とくぎ」は特別クエストの難易度が高いほど強力なものを入手できる。ただし、とくぎ持ちのタマゴロンは低確率で出現するので、根気よく集めよう。

【短所】
モンスターを最大レベルまで育て、タマゴロンを集める必要がある

 最大レベルまで育て、転生用タマゴロンをそろえるためには、それなりに気合伝授やダンジョン探索を行わねばならず、相応の時間と労力が必要となる。高ランクのモンスターほど最大レベルが高いので、転生もそれだけ難しくなってくるぞ。

DQML

▲特別ダンジョンは曜日ごとに内容が変わるので、運悪く逃してしまうと次の入手機会は1週間後、なんてことも。

 TIPS 
モンスターの最大レベル


Sランク 80
Aランク 70
Bランク 60
Cランク 50
Dランク 40
Eランク 30
Fランク 20

次のページ>>モンスターの育成方法をチェック!

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク