今度の新WiMAX 2+ルーターは4G LTE対応! 「HWD15」登場

文●ASCII.jp編集部

2014年07月22日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは、WiMAX/WiMAX 2+に加えて、auの「4G LTE」ネットワークにも対応したファーウェイ製のモバイルルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」を8月1日に発売する。

UQのWiMAX 2+&4G LTE対応ルーターに新モデル

 現在リリースされているWiMAX 2+ルーターは、サービス開始当初から用意されている「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」(ファーウェイ製)と、今年6月に発売された「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」があるが、後者についてはau「4G LTE」には対応せず、WiMAX/WiMAX 2+のみの対応だった(その代わりに厚さ8.2mm、重量約81gと小型)。

 つまり、今回発表されたHWD15は、HWD14の後継モデルと言える製品。下り最大110MbpsのWiMAX 2+、通信量制限が無いWiMAXに加えて、実人口カバー率が99%の800MHz帯のau「4G LTE」をサポートすることで、全国の非常に広いエリアで利用できる。また、WiMAXがつながりやすくなる、「WiMAXハイパワー」にも対応している。

 本体にはタッチ操作対応の2.4型カラーディスプレーを搭載し、ルーター単体でも各種設定や通信量の確認が可能。3000mAhという大容量バッテリーを搭載し、USB経由でスマートフォンなどに給電することも可能。連続通信時間は最大11時間。オプションのクレードルに設置すると、有線LAN接続も可能になる。

クレードルも用意される

 料金プランはHWD14などと同様。「UQ Flatツープラス」は端末同時購入で2年契約を前提に月3696円(税抜)となり、WiMAX 2+の通信量も契約から最大25ヵ月間は制限なし。au「4G LTE」をサポートする「ハイスピードプラスエリアモード」(月7GBの通信量制限あり)を利用すると、「LTEオプション」として月1005円(税抜)が追加される。

 HWD15の直販サイトでの価格は、2年契約前提の「UQ Flat ツープラス おトク割」の適用時に4800円。クレードルセットは6800円(ともに税抜)。

カラバリはレッドとホワイトの2色

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ