電源がなくてもケーブル品質が分かる玄人向けのテスト基板が発売に

文●ASCII.jp編集部

2017年03月16日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USBチェッカーと組み合わせ、ケーブルの品質などをチェックできるUSBマルチ変換テスト基板「MS-001」がエスエスエーサービスから発売。テクノハウス東映と東映ランドにて販売中だ。

いったい何に使うのか?玄人向けな香りがムンムンのテスト用基板が販売中だ

 USB機器間を流れる電流・電圧が計測できるUSBチェッカーはおなじみのアイテムだが、テストには端末とケーブル、そして電源となるモバイルバッテリーなどが必要だった。今回のテスト用基板は、そのテストを電源なしで行なうためのもので、ケーブルの品質にフォーカスしたテストを手軽に行なうことができる。

 基板の側面には、入力端子としてLightning・microUSB・USB2.0 Type-C、miniUSB、ネジ式ターミナルを備え、反対側にはUSBチェッカーを接続できるUSB2.0出力端子を搭載している。また、簡易のUSBチェッカーだけでなく、基板上にはマルチメーター対応の端子を実装。より正確な値を計測したり、結線を確認できる。

一通りの入力端子を備え、ケーブルの品質チェックに最適な基板。USBチェッカーやテスターを組み合わせ、電源なしでケーブルのテストができる

 ケーブル・コネクターのホスト機能の有無を調べたりすることも可能だが、やや難解な点は否めない。ショップによれば「ケーブルを自作するような人に最適」とのこと。

 東映無線各店における価格は1680円だ。

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク