バッテリー持ちもカメラ画質も妥協できない! AQUOSは新生活にオススメな欲張りスマホ

文●ASCII.jp編集部

2017年03月17日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新生活がはじまる4月まで残りわずか。新生活準備と言えば、住居に始まり、家電や衣服など、身の回りのあらゆるものを新調することが多いでしょう。

 もちろん、いまや手放せない存在である「スマホ」もこの機会に買い換えようという方は多いはず。サポートの厚いキャリアスマホだけでなく、格安SIMといっしょにおトクに使えるSIMフリースマホなど、選択肢は増えるばかりです。

コレも準備しなきゃ、そういえば、アレはどうしたっけ……と混乱しているうちに新生活は始まってしまいそうです

 しかし、悩んでばかりではすぐに4月はやってきてしまいます。そこで、今回は新生活を無事迎えるための失敗しない安心なスマホとして、シャープの「AQUOS スマートフォン」をチェックしてみましょう。

画質の高さと省電力性を両立するIGZO液晶

 おさらいするまでもないかもしれませんが、そもそも「AQUOS」というブランドは、液晶テレビ生まれ。また、AQUOSの名を冠す同社のスマホはどれも高画質な「IGZO液晶」を搭載しており、テレビで培ってきた画像処理技術を活かすことで、画像や映像を美しく表示します。

 さらに、2016年夏モデル「AQUOS ZETA SH-04H」(ドコモ)や「AQUOS Xx3」(ソフトバンク)については、「ハイスピードIGZO」を搭載しています。

 スマホもテレビなどのほかのディスプレーと同じく、画面を高速に切り替えて僕らに「映像」として表示してくれています。

 ハイスピードIGZOはその速度が1秒間に120回。一般的なスマホと比較して2倍ほどで、動きの激しいアクション映画などはもちろん、長めのニュース記事やSNSのタイムラインなどをスクロールするときにも威力を発揮。実際に、触ってみると他社のハイスペックスマホよりキビキビとした反応に驚きます。

防水スマホゆえ水回りでの使用も多いが、タッチパネル感度の最適化で、たとえ画面に水滴がついていてもキチンと使えます。

 また、IGZO液晶の特性を活かした精度の高いタッチ認識に加えて、最適な感度調整を行うことで、なめらかな操作感を実現しています。これによって、水に濡れている状態でも快適に操作できるのです。

 新生活でひとり暮らしをはじめて、レシピサイトなどを見ながら自炊をする、疲れて帰宅して入浴しながら電子書籍やウェブを楽しんでリラックスする、なんて使い方にピッタリです。

驚きの電池持ちもAQUOSスマホの特徴

 端末によって連続利用時間は異なりますが、電池が長持ちすることも、IGZO液晶を搭載したAQUOSスマホの大きな特長です。IGZO液晶は液晶パネルの透過率が高いので、バックライトの消費電力を抑えつつ明るく鮮やかな画面表示を実現しています。また、静止画表示時は、静止画表示時はスクロールしているときと比べ画面の書き換え速度を遅くするなど「省電力でしかも不便がない」仕様になっています。

 また、2016年冬モデル「AQUOS EVER SH-02J」(ドコモ)、「AQUOS U SHV37」(au)、そしてSIMフリーの「AQUOS SH-M04/SH-M04-A」は「IGZOフルインセル液晶」を採用し、そのほかのIGZO液晶搭載機よりさらに効率的にバックライトの光を活用でき、消費電力を増やさずにより明るく表示できるようになっています。

 とくに日光が降り注ぐ屋外での利用に最適。後述しますが、天気のいい日に写真を撮ろうと外に出かけても最大輝度にすることなく利用できました。

AQUOSスマホにはさらに電池を長持ちさせる「長エネスイッチ」がある
消費電力を節約するさまざまな項目を一括で設定できる

 AQUOSスマホの省電力機能は、IGZO液晶だけではありません。バッテリー項目にある「長エネスイッチ」をオンにすれば、誰でもカンタンに端末の省電力性を最大値まで引き上げることをができます。

 もちろん、その分使える機能などは減ってしまうので、スマホをたくさん使うけれど充電する時間はないすごく忙しいときなどに使うのがベストです。

 なお、ハードに使い倒してしまいがちの人は「20%になったら自動で長エネスイッチをオンにする」なども可能なので、ぜひ設定しておきましょう。

■IGZO液晶の詳細はこちらからご確認ください!
シャープ公式「IGZOスペシャルサイト」

AQUOSスマホはカメラもスゴイ!
カメラメーカー「リコー」も認めた画質でコンデジ要らず!?

 最近のスマホのトレンドは、なんといっても「カメラ」。どのメーカーも「いかにカンタンにキレイな写真が撮れるか」としのぎを削っていますが、AQUOSスマホも同様です。

 とくに、2016年夏モデル以降のAQUOSではハイエンド端末である「AQUOS ZETA SH-04H」「AQUOS Xx3」、プレミアムコンパクトモデルの「AQUOS Xxx3 mini」「AQUOS SERIE mini」の4機種が、老舗カメラメーカー・リコーイメージングのお墨付きである「GR certified」を取得しています。

 たとえば、検証に使ったAQUOS Xx3 miniは、F値1.9の非常に明るいレンズを搭載。スマホのカメラにありがちな「歪み」が少ない仕様で、シャッターを押すだけでまるで高性能コンパクトデジカメで撮ったかのような高品質な写真が撮影できます。

実際にAQUOS Xx3 miniで撮ったデータ(クリックすると実サイズの大きな画像を表示)

 実際、最高画質である「21M(5296×3972)」に設定し、三脚もライトも用意せず、AQUOS Xx3 mini一台ででかけて気になった風景を撮ってみました。すると、青空はより鮮明に、赤い花はエネルギッシュに記録できました。

さきほどの一部を拡大。スマホながら細部までよく撮れていることがわかる

 A4サイズの光沢紙に印刷したところ、花の質感などもキチンと表現。花に近づいて撮影したので、周囲や背景のボケもきちんと出ています。

撮影技法に自信がない人は「フレーミングアドバイザー」をオンにして構図を工夫してみよう

 とはいえ、やはりキレイな写真を撮るにはそれなりの知識が必要なのではないかと心配になります。もちろん、ある程度の知識があった方がより楽しい写真は撮影できますが、AQUOSスマホにはその第一歩を踏み出すための機能が搭載されています。

 その名も「フレーミングアドバイザー」。カメラの設定からこれをオートにしてやれば、カメラが被写体を認識して、その被写体に最適な構図を画面上に表示して教えてくれます。

 構図の工夫で普段撮っている写真も一段と見違えること間違いなし。まずは、フレーミングアドバイザーで構図の基礎を会得しましょう。

■AQUOSカメラの詳細はこちらからご確認ください!
シャープ公式「AQUOSカメラスペシャルサイト」

プロの写真展示スペースにAQUOSで撮った作品が並ぶ!

 普段はプロ機材などで撮られた作品が展示される富士フォトギャラリー。そんな会場でAQUOSスマホで撮影された写真だけを集めた特別な展示会が実施。縦横70インチという巨大プリントされたAQUOSスマホの写真たちの可能性をぜひ実感してください。

■概要

「AQUOSというカメラの写真展」

会期:2017年3月24日(金)~30日(木)

時間:平日 10時30分~19時、土日祝 11時~17時(最終日は14時まで)

場所:富士フォトギャラリー銀座(東京都中央区銀座1丁目2-4 サクセス銀座ファーストビル4F)

スマホの使い方が変わる!?
エモパーやおもてなし機能を堪能する

 さて、ディスプレー、そしてカメラとチェックしてきましたが、AQUOSならではの機能も忘れてはいけません。その中でも異彩を放っているのが、人工知能「エモパー」です。

さまざまなことを話しかけてくれるエモパー。習慣をもとに、アラームの設定し忘れも教えてくれる

 エモパーは、音声で天気やニュース、歩数、電池残量などを声で教えてくれます。声で教えてくれるサービスと言えば、iPhoneの「Siri」や、グーグルの検索アプリをイメージしますが、それらが自分の声に答えてくれる存在なのに対し、エモパーはタイミングを見計らって話しかけてきます。

 使いはじめは、突然スマホから声が出てくるのビックリするかもしれませんが、エモパーはだんだんとユーザーの生活リズムを覚えてくれるため、ビックリする機会も少なくなります。ちなみに、自宅以外ではしゃべらないので、会議中にいきなり話し始めるなんてこともありません。

個人的にはプリインストールされている声の中では「つぶた」が気になる存在に(エモパーのニックネームは変更可能)

 自分が気になる有名人のニュースやテレビ番組を教えてくれたり、「もう一度言って」や「ほかには?」などの声かけに応答してくれたりもします。使っていく内に、エモパーの人格=スマホの人格のような気さえしてきます。特徴だけ列挙すると、スマホのいち便利機能ではありますが、実際にはスマホが本当の意味での相棒になるためのものと言えるでしょう。

ツイストマジックは手首をひねるように回して起動させる

 ちなみに、AQUOSスマホにはほかにも、いわゆる「おもてなし機能」がたくさん搭載されています。なかでも、スマホを手で持って手首をひねるとひとつ前のアプリに戻れる「ツイストマジック」は、もう片方の手がふさがっているときでもスマホを操作できる非常に便利な機能です。

さまざまな機能やTipsを確認できる「SHSHOW」。アプリだけではなくウェブ版も用意されているので、PCからでもチェックできる

 それらの便利機能は、そのほかの活用術を含めプリインストールアプリ「SHSHOW」でも紹介されているので、いつでもAQUOSスマホの機能を調べられます。

■「SHSHOW」アプリはこちらをご確認ください!
シャープ公式「SHSHOW」

自分に合うAQUOSシリーズがまるわかり!
キャリア&SIMフリーモデル スペック比較

 さて、ここまで紹介してきたAQUOSスマホですが、現在販売中のモデルは以下のとおり。価格帯によって機能差はあるものの、ベースとなるIGZO液晶の省電力性や楽しいエモパーなどの部分は共通です。自分の使い方にあったAQUOSスマホをぜひ選びましょう。

  AQUOS ZETA
SH-04H
AQUOS Xx3 AQUOS EVER
SH-02J
本体サイズ 約73×149×7.6mm 約71×143
×8.3mm
重量 約155g 約138g
画面 5.3型
ハイスピード
IGZO液晶
5型
フルインセル
IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット 720×1280ドット
OS Android 6.0
CPU 2.2+1.6GHz
(4コア)
1.4+1.1GHz
(8コア)
ROM/RAM 32GB/3GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC
(256GB)
下り最大速度 337.5Mbps 350Mbps 150Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11b/g/n
(2.4GHz対応)
リアカメラ 約2260万画素
F値1.9
約0.4秒高速起動
約0.02秒ハイスピードAF
GR certified
約1310万画素
F値2.2
インカメラ 約500万画素、広角レンズ
防水/防じん IPX5、8/IP5X IPX5、8/IP6X
ワンセグ ×
フルセグ ○(録画対応) ×
FeliCa
NFC
Bluetooth 4.2
バッテリー容量 3000mAh 2700mAh
生体認証 ○(指紋)
USB端子 micro USB
エモパー v5.0(要アップデート) v5.0
カラバリ ホワイト、グリーン、ブラック ピンク、ホワイト、アクアブルー、アンバーブラック シャンパンゴールド、ピュアホワイト、ローズピンク、ネイビーブラック
  AQUOS SERIE mini
SHV38
AQUOS Xx3 mini AQUOS
SH-M04/
SH-M04-A
本体サイズ 約67×135×9.4mm 約71×143
×8.3mm
重量 約134g 約138g
画面 4.7型
IGZO液晶
5型
フルインセル
IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット 720×1280ドット
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU 1.5+1.2GHz
(8コア)
1.4+1.1GHz
(8コア)
ROM/RAM 16GB/3GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC
(256GB)
下り最大速度 225Mbps 187.5Mbps 150Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11b/g/n
(2.4GHz対応)
リアカメラ 約2100万画素
F値1.9
約0.02秒ハイスピードAF
GR certified
シャッターキー
約1310万画素
F値2.2
インカメラ 約800万画素、広角レンズ 約500万画素、広角レンズ
防水/防じん IPX5、8/IP6X
ワンセグ ×
フルセグ
FeliCa
NFC
Bluetooth 4.2
バッテリー容量 2400mAh 2700mAh
生体認証
USB端子 micro USB
エモパー v5.0
カラバリ ネイビー、ホワイト、シャンパンピンク ブラック、ブルー、イエローグリーン、ピンク、ホワイト ホワイト、ネイビー、レッド(楽天モバイルのみ)

下り最大337.5Mbpsの高速LTEにも対応するハイエンド機
「AQUOS ZETA SH-04H」

●取り扱いキャリア:ドコモ

 下り最大337.5Mbpsの3波キャリアアグリゲーションやドコモの対応機種同士でFMラジオ相当の音質で通話できる「VoLTE(HD+)」などに対応。また、指紋センサーを側面に搭載しているため、画面オンからロック解除までスムーズに操作できます。

春らしい色合いをそろえたハイエンド機
「AQUOS Xx3」

●取り扱いキャリア:ソフトバンク

 約0.4秒の高速起動、約0.02秒のハイスピードAFに対応のカメラを搭載、もちろん、GR certifiedは取得済み。カラーバリエーションは、発売当初ホワイト、アクアブルー、アンバーブラックの3色でしたが、現在は春にピッタリな「ピンク」が追加された4色展開に。

ジャストフィットなサイズと長時間駆動など使いやすさに特化
「AQUOS EVER SH-02J」

●取り扱いキャリア:ドコモ

 CPU性能や5型HD解像度(720×1280ドット)のIGZO液晶など十分なスペックを備えながら、ほかの機種と比べてお求めやすい価格に。さらに、連続待受時間(LTE)の公称値は約780時間とAQUOSスマホのなかでも屈指の駆動時間を誇っています。

高性能カメラを搭載したコンパクト機
「AQUOS SERIE mini SHV38」

●取り扱いキャリア:au

 コンパクト機でありながら、フルHD解像度(1080×1920ドット)のIGZO液晶を搭載。背面カメラは2100万画素で、光学式手ブレ補正に対応しています。また、正面カメラは800万画素で、広角レンズを搭載しているでの複数人でのセルフィーもラクラク可能です。

幅67ミリに最新OSと高性能カメラを凝縮
「AQUOS Xx3 mini」

●取り扱いキャリア:ソフトバンク

 最新のAndroid 7.0の搭載をいち早く発表したコンパクトプレミアム機で、micro USB端子もイヤホンジャックもキャップレスの防水対応。auの「AQUOS SERIE mini」と同じく、高性能なカメラおよび右側面にシャッターキーがついているので、スマホでの撮影をちょっとでもこだわりたいなら最適です。

AQUOSの使いやすさがそのままのSIMフリー機
「AQUOS SH-M04/SH-M04-A」

●取り扱いキャリア:各MVNO

 5型のHD解像度(720×1280ドット)IGZO液晶、おサイフケータイ、防水防じん性能を搭載。ドコモのVoLTEや伝言メモ機能も利用でき、まさにキャリアスマホ並みの機能をもったSIMフリースマホと言える。

(提供:シャープ株式会社)

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク