Xperia XZ1の側面には樹脂ラインが出現!? XZ1/XZ1 CompactとXZをじっくり比較

文●平澤寿康 編集●ゆうこば

2017年09月05日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Xperia XZ1は4色展開。全色ともマット調で、落ち着いた印象だ

 9月1日(現地時間)より開幕した、IFA 2017。開幕直後にソニーブースへ急ぎ、今回発表された新スマートフォン「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」をじっくり触ってきた。

Xperia XZ1は薄くなりつつも、Xperia史上最強の強度を実現

 5.2型液晶搭載のXperiaシリーズ最新フラグシップモデルとなる「Xperia XZ1」(以下、XZ1)。従来モデルのXperia XZsでは、ボディー素材にメタル素材「アルカレイド」を採用していたが、XZ1ではアルカレイドではなく、アルミ素材を使っている。

 基本的なデザインコンセプトは、「ループサーフェスデザイン」と同様だが、側面も含めた押し出し一体成型となったことで、側面に継ぎ目がなく、より一体感の強いデザインとなっている。

 Xperia XZ Premiumのような、光沢仕上げではなくマット調となっているため、全体的にはかなり落ち着いた印象だが、Xperiaらしさはしっかり受け継がれていると感じる。

 そして、今回ボディーが押し出し一体成型の「バスタブ構造」となったことで、ひねりなどへの強度が大きく高まっているという。実際に、かなりの力でひねってみても、ビクともしない。「Xperia史上最強の強度」とのことだが、タフネスさもかなりのものという印象だ。

左がXZ1、右がXZ。フットプリントはXZ1のほうが幅1mm、奥行き2mm大きい
左がXZ1、右がXZ。XZよりも0.7mm薄くなっている
上がXZ1、下がXZ。XZ1は側面のカーブがきつくなったことから、手にしてもフットプリントのサイズ増は感じられなかった

 実際にボディーを手にすると、従来モデルよりも持ちやすいと感じる。今回は、筆者手持ちのXperia XZとの比較となったが、フットプリントこそ幅1mm、奥行き2mmと大きくなっているものの、薄さが7.4mmと0.7mm薄くなったことや、側面がより大きくカーブしていることで、手へのフィット感が高まっているようだ。

XZ1を手に持つと、XZよりも手へのフィット感が高まったような印象だ
背面。左がXZ1、右がXZ。XZで残念だった下部のラインがなく、すっきり
ボディーはアルミ素材の押し出し一体成型のため、側面に継ぎ目がなく一体感が高まっている

 ただ、ちょっと気になったのが、側面にアンテナセパレート用の樹脂ラインが見えるところだ。メタルボディー一体成型ということでの仕様ではあるが、この点は一体感が崩れて見えるということから、従来モデルからやや退化したような印象で、ちょっと残念に感じた。

ボディーが一体成型となった影響で、側面にアンテナセパレート用の樹脂ラインが用意されている。これによってデザイン上の一体感がやや削がれており、残念に感じる
左側面。上がXZ1、下がXZ
上部側面。上がXZ1、下がXZ
右側面。上がXZ1、下がXZ

Xperia XZ1 Compactは、やや分厚いためゴツゴツした印象

Xperia XZ1 Compactも4色展開。ボディー素材はプラスチックだが、XZ1同等の塗装で質感は十分に優れる

 Xperia XZ1 Compact(以下、XZ1 Compact)のほうは、4.6型液晶を採用のコンパクトボディーが魅力。従来モデルのXperia X Compactはミドルレンジモデルだったが、XZ1 CompactはXZ1同等のハイエンドスペックが詰め込まれているため、特に日本では注目度が高いはずだ。

 ボディーサイズは、液晶の小ささもあってXZ1よりもひとまわり小さく、女性の手にも問題なく収まるだろう。ただ、個人的には、XZ1よりも1.9mm厚くなっているためか、手にするとややゴツゴツとした印象を受けた。

XZ1(左)との比較。液晶サイズが小さいため、ボディーはかなりコンパクトとなっている
重ねた状態。こう見ると、ひとまわり以上小さいことがわかる
左がXZ1、中央がXZ1 Compact、右がXZ。やはりXZ1 Compactの小ささが際立っている
左がXZ1 Compact、右がXZ1。XZ1 CompactはXZ1よりも1.9mmも分厚い
左がXZ、中央がXZ1 Compact、右がXZ1。XZ1 CompactはXZよりも分厚いことがわかる
XZ1 Compactは十分にコンパクトなのだが、厚さがあるためか、実際に持つとややゴツゴツとした印象を受ける

 ボディーデザインは、XZ1同等のループサーフェスデザインだが、上面と下面のみメタル素材を採用し、側面から背面にかけてはグラスファイバーを練り込んだ「グラスファイバー強化プラスチック」を採用している。

背面。左がXZ1、中央がXZ1 Compact、右がXZ。素材こそプラスチックだが、塗装の具合がよく、質感に違いはほとんど感じられない

 表面の塗装によって、質感はXZ1とほとんど変わらないという印象だが、手にした時のひんやり感の違いは十分に感じ取れる。ちなみに、上面と下面のメタル素材部分はダイヤモンドカット加工を施すことで、デザイン性が高められている。

下部側面。上がXZ1 Compacrt、下がXZ1。幅の違いはかなり大きい
左側面。上がXZ1 Compacrt、下がXZ1。高さの違いも歴然だ
上部側面。上がXZ1 Compacrt、下がXZ1
右側面。上がXZ1 Compacrt、下がXZ1

XZ1は背面カメラの出っ張りがやや気になる

 今回、XZ1とXZ1 Compactは、ほぼ同じスペックが詰め込まれている。背面のカメラは、1900万画素で、先読み撮影「プレディクティブキャプチャー」や最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能な「Motion Eyeカメラ」を双方とも搭載しており、多彩な撮影が可能となっている。

XZ1のリアカメラ。1900万画素で、先読み撮影「プレディクティブキャプチャー」や最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能な 「Motion Eyeカメラ」を搭載
こちらはXZ1 Compactのリアカメラ。XZ1と全く同じ「Motion Eyeカメラ」を搭載している

 ただ、カメラ周りの処理には違いが見られる。XZ1ではカメラ部分がやや出っ張っているのに対して、XZ1 Compactはほぼフラット。これは、XZ1では本体の薄型化による影響もあるそうだが、カメラ部分を出っ張らせることで、Motion Eyeカメラの存在感を強調するという意図もあるとのこと。

左がXZ1、右がXZ1 Compact。ユニット自体は全く同じだが、XZ1のほうがカメラ部の直径が大きく、存在感がある
こちらはXZ(右)との比較。やはりXZ1のほうがカメラが強調されているという印象だ

 逆にXZ1 Compactは、より普段持ちに近いコンセプトのため、サッと取り出したりしまったりできるように、なるべくフラットにしたそうだ。

 確かにXZ1はカメラ部分が強調されて、存在感はあるが、そうはいっても出っ張りがある点は少々残念。カバーなどを装着せずに背面を下にしてテーブルに置くと、本体もわずかにガタガタするのも気になった。

XZ1のカメラは、存在感こそあるが、やはり上に出っ張っているのが気になる
背面を下にしてテーブルに置くと、カメラ部がテーブルに当たって底面に空間ができ、ガタガタする。できればボディーにはカバーを装着したい印象だ

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク