屋内も一歩目もナビしてくれる「ドコモ地図アプリ」は神アプリ!

文●柳谷智宣

2017年11月18日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 我々の生活に大きな変化をもたらした地図アプリは神アプリ中の神アプリ。基本的には、スマホに搭載されている「Googleマップ」もしくは「マップ」アプリを利用していることだろう。しかし、今回は「地図アプリ」という名前のアプリを紹介したい。ナビの際に最初の一歩の方向をARで示してくれたり、GPSが届かない屋内でもナビする機能を搭載しているのだ。

ドコモの「地図アプリ」はGPSがなくてもナビできたり、間違った方向に出発させない機能を備えている!

GPSがないのにナビしてくれる!?
「屋内ナビゲーション」

 「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」のスマホ向けアプリ「地図アプリ」は、フル機能を使うのであれば月額300円(税抜)かかる有料アプリ。世界最強のGoogleマップがタダなのになぜ? と思うかもしれないが、日本国内で利用するのであれば、なかなか便利な機能を搭載しているのだ。

 まずは「屋内ナビゲーション」機能を紹介しよう。今や、屋内や地下施設の地図を表示できるのは当たり前になってきた。しかし、屋内では当然GPSの電波は届かないので、当然現在位置は表示されない。それなのに「地図アプリ」では、対応機種は限定されるものの、屋内でもナビゲーションしてくれるのだ。

 ドコモとゼンリンデータコムが開発したモーションセンサーを利用してユーザーの動きを解析する技術を搭載。GPSやWi-Fiがなくても、ナビを利用できるというわけ。

 使い方は、普通のナビと同じ。ゴール地点を設定して、ナビをスタートさせればいい。今回は、新橋駅の屋外でトイレにいきたくなったというストーリーで、急遽近くのトイレまでのルートを調べてみた。

漏れそう! でもエスカレーターを表示してくれたおかげで助かった!

 もちろん、本アプリも屋内地図をサポートしているので、地下1階の地図を表示。トイレが見つかったのでゴールに設定し、「ナビ開始」をタップする。まずは、ナビに従って地上を歩くのだが、少しするとエスカレーターのマークが表示された。ここから降りろ、ということらしい。

 ちなみに、新橋駅は何百回も利用しているが、ゆりかもめの出口に下りのエスカレーターがあることは知らなかった。ナビがなければ、振動を我慢しつつ目につく階段を下っていたことだろう。エスカレーターを降りると「屋内ナビ中」という表示になった。普通に歩くと現在位置の矢印が動くし、向いている方向までリアルタイムで表示できている。普通にGPSをつかんでいるような動きだ。そして、無事トイレまで一直線でたどり着くことができた。

 屋内ナビゲーション、超絶便利。ちょっと感動してしまったが、今のところ実は誰でもどこでもというわけにはいかない。まず、屋内ナビゲーションに対応している施設は八重洲地下街や東京駅一番街、黒塀横丁、新宿サブナード、池袋ショッピングパーク、しぶちかショッピングロード、ウィング新橋などをはじめ、全国550ヵ所。対応しているスマホはドコモのスマホもしくはタブレットの一部で、Androidのみ。今回は、対応機種の「Xperia X Performance SO-04H」を利用した。

地図アプリ -迷わない地図(iOS版)
地図アプリ -迷わない地図(Android版)


作者:ドコモ
価格:無料(有料プランあり)


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

新橋の路上で検索スタート
地上にいたが、地下のマップを開くとトイレを発見
トイレをゴールにしてナビを開始
ナビに従って歩くとエスカレーターのマークが出る
今まで知らなかった地下へのエスカレーターを発見
iPhoneや非対応の端末では、屋内に入ると現在位置表示が止まる
電波が届かなくなり、屋内ナビに切り替わった
ナビに従って移動
地下でもナビが動いている!
無事目的地に到着

ナビの最初の歩き出し方向を教えてくれる「ARモード」

 筆者はひどい方向音痴で、地図アプリが手放せない。ナビが始まってしまえば、地図は見られるので目的地へ到着できるのだが、最初の一歩がなかなか苦労する。わかりやすいランドマークがあればいいのだが、ビジネス街の交差点だと大体逆に歩き始めてしまう。現在位置のマークが動いて、ミスに気が付き、Uターンすることが多いのだ。この確率は5割を超えているのが不思議なのだが、ちょっと困っている。

 そんな時に役立つのがARモード。画面の上半分にカメラで撮影した映像がリアルタイムで表示され、歩き始めの方向を示してくれるのだ。OKであればブルーの矢印、間違った方向なら進入禁止マークが表示されるので一目瞭然。

目当ての店までのナビをスタート
どちらに歩いていいのかわからない……
右上の「AR」をオンにする
こっちはNG
これが正解! 一歩目を間違えずに歩き出せるのは助かる

駐車場の満空情報や
ガソリンの価格まで地図に表示

 ナビそのものも、もちろん使いやすい。何より、ルート周辺が明るく表示されるので、とても分かりやすい。住宅地図が利用できる場所であれば、右上のアイコンから超詳細な地図を表示することも可能。ビルの名前から住宅であれば住んでいる人の名前までわかるので、似たような家が連なるところでも表札を見て確認できる。

ナビのルート上が明るく、とてもわかりやすい
ゼンリンの住宅地図が用意されている
表札を見ながら現在位置を確認できる
ビルの名前や店もわかる

 本格的な音声カーナビとしても利用できる。画面デザインもしっかり作られているし、交差点のポップアップ表示も見やすい。渋滞情報やオービスの情報まで教えてくれる。古いカーナビよりはよほど快適にナビしてくれるし、情報も最新なので安心だ。

カーナビの画面。渋滞情報や到着時間もわかる
曲がるところがポップアップするのでわかりやすい
もはやカーナビは不要か。バッテリーの消費は激しいので、充電ケーブルが欲しいところ

 地図の検索機能も充実。駐車場を調べれば満空情報が出るし、ガソリンスタンドを検索すれば価格が表示される。データが提供されていないところは表示されないが、それでも便利ではある。交通機関の乗換案内を含めたルート案内ももちろん可能だ。

駐車場を検索すると満空情報が表示される
ガソリンスタンドを検索すると価格が表示されるところも
乗り換え案内もばっちり

 以上が「ドコモ地図アプリ」の説明書となる。ガソリンを安く入れたり、オービスの場所を教えてもらったり、わかりにくい場所にもきっちり遅れずにいけるなど、メリットはたくさんある。有料だが、外出先で地図アプリをヘビーに利用する人にとっては文句なしに神アプリと言えるだろう。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク