PC-98の起動音を“ピポッ”と鳴らすUSBアダプターの書き換え装置

文●鈴鹿 廻

2018年02月01日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PC-98の起動音を鳴らせるUSBアダプター「BEEP on USB ver1.0」に対応する、音源書き換え機の「BEEP on USB Writer」が発売。家電のケンちゃんにて1280円で販売中だ。

USBに接続し、通電時に“ピポッ”と鳴らすだけのアダプターに対応する“書き換え機”。内蔵音源を好きな曲に書き換えることができる

 モバイルバッテリーの給電でも動作するため、“どこでもPC-98の起動音が楽しめる”USBアダプターとして話題になったBEEP on USB ver1.0。今回その音源を書き換えることができる、専用の書き換え機なるアイテムが入荷した。

 BEEP on USB本体を装着してUSBポートに接続、PCやスマートフォンと3.5mmオーディオケーブルで接続すれば準備完了。内蔵音源を“ピポッ”から任意のサウンドに書き換えることができる。

 BEEP on USB自体が、PC(ないしUSB電源)の起動信号を読み取って起動と同時に“ピポッ”を鳴らすだけのアイテムだったワケだが、新たにお好みの音を鳴らすことができるようになった。

本体とドッキングし、PCに3.5mmケーブルと一緒に接続。なお、書込みの際は音量を最大まで上げておく必要がある

 書き換えは、BEEP on USBのポータルサイトにてMMLで記述した音楽を書き込む仕組み。書き換え自体は短時間で終了、「アニソン1曲分ほどの長めの曲も書き込める」(ショップ)とのことで、音源の自由度も高そうだ。

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ