どんどんいい製品を出してイメージを変えたい 新生FREETELが方針説明

文●オカモト/ASCII編集部

2018年02月09日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラスワン・マーケティングから、端末事業とFREETELブランドの譲渡を受けたMAYA SYSTEMが、都内でメディア向けに同社の方針説明を行なった。

左から2人目がMAYA SYSTEM代表取締役 吉田利一氏

 登壇したMAYA SYSTEM代表取締役の吉田利一氏は、同社の概要とプラスワン・マーケティングの関係から話を始めた。MAYA SYSTEMは人材派遣業から始まり、コールセンター業務、ITソリューション、後述する海外で利用可能なルーターと、グループ全体で多様な事業を展開する企業とのこと。

同社はプラスワン・マーケティングから、端末事業の譲渡を受けた。端末事業に関わる70名ほどの社員もすでに転籍している
人材派遣やソリューション提案など多様な事業を展開する。その1つとして海外で利用できるeSIMのルーターがある

 なかでも吉田氏はNTTグループ出身で通信業界に精通した人物。海外で機械を販売する日本企業に、その機械のファームウェアをダウンロードできるよう通信費の見積もりを取った際、あまりに高額な料金が必要なことがわかったことから、eSIMを用いた海外での安価なデータ通信サービスの可能性を見いだしたという。そしてプラスワン・マーケティングとはeSIM端末で協業の話し合いをしていた最中に、同社の経営危機が発生。事業譲渡へ繋がっていったわけだ。

 MAYA SYSTEMとしては、世界100ヵ国以上で使えるモバイルルーターレンタル事業をすでに展開。昨年11月に「jetfi G3」という最新モデルも販売している。eSIMにより、滞在国ごとにSIM情報を書き換えることで、レンタルでは1日300MBの通信量が1日680円~と安価な料金を実現している。

最新機種のjetfi G3はスマホベースでモバイルルーターとして以外に通話機能やモバイルバッテリー、さらに翻訳機の機能も追加予定
こちらが実際の端末

 FREETELブランドの端末事業の買収については、MAYA SYSTEMにとってはもちろんプラスであるとし、プラスワン・マーケティングに所属していた70名ほどの優秀な社員と30万のユーザーを加えることができたほか、良くも悪くもFREETELブランドはjetfiブランドより(知名度的に)ずっと上を行っているといった表現で、そのメリットが語られた。

 一方今後の事業展開については、着実にしっかりとした体制を作っていきたいとしている。現在繋がりにくいサポートセンターの電話についても、グループ内のコールセンターに3~4月にかけて移管し、しっかり受け付けられるようにするほか、「どんどんいい製品を出し、悪いブランドイメージを消していこうと心に決めている」とする。

 また、今後の目標としては「ファーウェイなどの大手と戦うのはリスクがあって利が無い」と現状分析し、まずは国内のユーザーに特化した“尖った”端末を出すとともに、前述したeSIM搭載端末も夏頃までには提供していきたいとのことだった。

グループ間のシナジーを活かしてサポート体制の強化も行なう
国内ではSIMフリースマホとして使え、海外に持っていけばeSIMで現地キャリアに安価に繋げられるスマホの開発を進める

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク