MWCにF1が参戦! 新しいライブ配信開始も、ただし日本は除く

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年03月01日 18時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MWC 2018の中でもっとも異彩を放っていたブースといえば「F1ブース」だ。F1マシンやF1に関するアプリケーション、ゲームなどが展示されていたのだが、はたして通信に関係あるのだろうか? 5G=速い、F1=速い、といった単純な理由なのかと思いきや、F1の運営会社である「リバティ・メディア(フォーミュラワン・グループ)」が、新しいF1ライブストリーミングサービスである「F1 TV Pro」をブースで発表した。

 F1 TV Proは月額制のサブスクリプションサービス。値段は月8~12ドルほどで、F1全戦とサポートレースなど、F1に関するあらゆるコンテンツを楽しむことができる。F1は練習走行、予選、決勝といったすべてのセッション、サポートレースはF2、GP3、ポルシェスーパーカップなど。また、F1ドライバーのオンボードカメラはもちろん、ブースにも展示されていた360カメラによるレース中のVR映像も見られるという。

ブースの場所も良かったのだが、F1マシンの展示は人の目を惹きまくり!

 気になる対象国だが、鈴鹿サーキットがある日本は残念ながら対象外。14ヵ国でスタートし、対象国を増やすかどうかは未定とのこと。日本が含まれない理由については、すでにストリーミングサービス(DAZNなど)があるからだと説明した。とはいえ、日本でも展開することについては考えていないわけではなさそうなので、今後に期待したい。

 個人的には日本のSUPER GTでこのようなサービスがほしいところだ。

すでに利用されているF1のタイミングモニターアプリのアップグレード版が「F1 TV Pro」だ
本格的な筐体でF1のゲーム大会も行なわれていた。シートポジションがGTカーと違うところに注目!
F1ブースではないが、ドコモブースにスペイン出身のフェルナンド・アロンソ選手も登場。その後キーノートにも参加した。以前はルイス・ハミルトン選手もMWCのキーノートに出たこともあり、すでに通信業界とF1は一蓮托生だ

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク