クアルコムはすでに5Gをスタンバイ状態にしている

文●中山智 編集●ASCII編集部

2018年03月02日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5Gの通信テストでは3.83Gbpsを計測。この高速通信がまもなくやってくる

 クアルコムはMWC 2018に出展し、同社の5Gへの取り組みなどを展示。2019年の商用サービスに向けて、クアルコムの5G関連技術がすでに準備万端であることをアピールしていた。

 クアルコムがMWC 2018で特に力を入れていたのが、ブース中央に展示した「IODT」に関するコーナー。IODTはInteroperability Development Testの略で、スマートフォンメーカーとキャリアが相互接続テストを行なう「IOT(Interoperability Test)」に似ているが、こちらは基地局とチップセットの相互接続テストのこと。基地局に用いられるインフラ機器メーカーは、ファーウェイやエリクソン、ノキアなど数社あり、各メーカーの機器とクアルコム製のモデム・チップが5Gでの接続に問題が無いか確認しているわけだ。

IODTのデモでは、メニューからインフラ機器メーカー各社との実験を行なっているのがわかる

 ブースでの説明によると、大手基地局メーカーのほぼすべてと5Gでの「IODT」が完了しているとのこと。つまりスマートフォンメーカーは、クアルコム製のチップセットを採用すれば、どの基地局とも安定して5Gで通信できるの安心して採用できる。こういった取り組みは2016年ごろから行なわれており、2017年にはスマートフォンタイプの5G対応リファレンスモデルを作成し、テストを続けてきたとのこと。

左が2016年ごろに使用していたテスト機で、右が2017年に開発した5G対応スマホのテスト機

 また、5Gは28GHzなどミリ波、もしくはそれに近い周波数帯を利用するため、エリアが狭くなり実用的ではないのではという懸念もある。クアルコムはミリ波採用に積極的なメーカーで、その懸念を払拭するための展示も用意。既存の4G基地局に5Gの基地局を設置した場合のフィールドテストで、フランクフルトやサンフランシスコの街中で行なったテストでは、既存エリアの65%をカバーできていた。

フランクフルトでの実証実験のシミュレート
フィールドテストでは4Gで約10Mbpsの速度に対して、5Gでは約380Mbpsの速度を計測

 しかしながら、いわゆるプラチナバンドなどを利用する4Gと比べると、建物の中や大きなビルの影などはエリアから外れてしまい、エリアの展開という点では基地局の設置に工夫が必要なようだ。そこで重要になってくるのが、4Gとの共存だ。

「Snapdragon X50 5G Modem」によるミリ波を使ったテスト

 クアルコムの説明によると、5Gのエリアが65%でも、そこにユーザーの通信が集まれば、4Gの混雑が緩和されるため通信状況は改善される。5Gは4Gの置き換えではなく、並立してどちらのサービスも活用していくことになる。

 そこで重要となるのが4Gでの通信だ。5Gで数百Mbpsでの通信ができていたのに、4Gに切り替わった際に数Mbpsにスピードが落ちてしまうのでは使い勝手が悪い。クアルコムは5Gと4Gの通信品質に大差がないよう、4Gの通信技術も強化している。

 ブースでは「Snapdragon X24 LTE Modem」を使った4Gのデモも展示。ここでは5波をまとめたCA(キャリアアグリゲーション)での実験を行なっており、最大2Gbpsでの通信が可能となっている。5Gと強化された4Gと両方とも活用することで、より高速で快適なモバイル通信が実現できるわけだ。

5波のCAに対応した「Snapdragon X24 LTE Modem」搭載のモバイルルーターを使ってテスト
4Gながら5波を使ったCAで、1.99GHzの速度を叩き出している

 そのほか5Gをモバイル通信だけでなく、低遅延という特性を生かして工場などのインフラ用ネットワークに利用するデモも展示。従来工場などの通信インフラは精密な動作が必要なため、遅延の少ない有線を使うのが一般的だ。ただし、有線の場合は工場内にケーブルを数多く配線する必要があるためコストがかかり、工場内のレイアウト変更も容易ではない。その点5Gなら最大で1ミリ秒という低遅延なため、有線接続と置き換えても問題ないレベルを実現している。

高速で回転する円盤に小さな穴が開いており、LEDを穴の位置と会わせて点灯させるテスト。有線接続と同じく5Gでも遅延なくベストなタイミングで光らせている

 クアルコムは「来年のMWCでは、すでに5Gをスタートしているキャリアも出てきているでしょう」と語っており、2019年の商用化スタートに向け準備万端といった様子。MWCではファーウェイが5G対応のルーターを発表。今後はどのスマートフォンメーカーが世界初の5G対応端末を発表するかなど、興味は尽きない。まさに5G夜明け前といった状況だ。

5G対応の「Snapdragon X50 5G Modem」採用を予定している企業の一覧

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク