最大2万円ほどお得に! 2018年の格安SIM、春のキャンペーンをまとめ

文●正田拓也

2018年03月08日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ

 ケータイといえば新規加入者ばかりが優遇されるものだが、格安SIMはこれまでそういうイメージではなかった。

 しかし、近年は格安SIMでも既存利用者がうらやむほど新規利用者に手厚いキャンペーンが行なわれている。特に春の時期は3大キャリアに対抗すべく格安SIMも手厚いキャンペーンを実施している。2018年3月はじめの状況をチェックしてみた。

月額料金割引、ギガ増量、端末安値提供とお得のオンパレード

 いつ加入しようがどれだけ長く使おうが、端末を自力調達しても料金やサービスに差異がなかった格安SIMだったのは昔のこと。ここ数年はキャンペーンを打ち立て、お得な新規加入をアピールすることが多くなってきた。

 ちょうど1年前の今ごろは、定額の音声通話オプションが続々と登場していた時期で、格安SIMが通話の多い人にも有利になったことをアピールし、キャンペーンよりも通話定額オプションの内容で競っていた。

 ところが2018年は目立った新プランや新サービスはないため、一気に料金や容量や端末価格のキャンペーン戦争という状態になっている。

料金面で割り引くタイプ

 具体的なキャンペーンの内容を見ていこう。初期費用や月々の料金で勝負をしているのは格安SIMのなかでもメジャーな存在の「IIJmio」だ。

IIJmio

初期費用3240円→1円、月額300円(税別)引きを12ヵ月(音声SIMのみ)、データ量月3GB増量を12ヵ月(5/8まで)

IIJmio
IIJmio

 実際のコスト削減は音声通話付きの場合、初期費用と月額費用の合計7128円がお得になり、プラスしてデータの増量分がある。

 月間3GBの「ミニマムスタートプラン」と月間6GBの「ライトスタートプラン」の差は12ヵ月間で8035円、合計で1万5163円お得になる計算だ。

 初期費用無料については、初期費用が含まれた加入パックを購入してしまうと特典が無駄になるが、そのかわりに対象加入パックであれば3000円のギフト券がもらえる。

mineo

音声SIMの900円(税別)引きを6ヵ月間(3月28日まで)

mineo
mineo

 料金割引で金額が大きいのは「mineo」。音声通話付きのプラン限定だがトータルで5400円(税別)がお得になる。キャンペーン期間が3月28日までと短いが、キャンペーンの名目や内容が変わって延長される可能性もある。

 このほか、加入手数料をほぼ無料とするキャンペーンを行なっているのは「イオンモバイル」や「DMMモバイル」がある。「LINEモバイル」は月額基本料無料を初月だけでなく2ヵ月目まで無料とするほか、オプションの無料キャンペーンも同時に実施している。

キャッシュバックは一部で実施

 契約して一定期間が過ぎたらキャッシュバックというキャンペーンを行なっているところもある。

BIGLOBE

音声SIMで加入1年後に1万800円キャッシュバック

BIGLOBE
BIGLOBE

 「BIGLOBE」が実施しているのは音声通話付きプランを契約し、1年経過したら1万800円がキャッシュバックされるというもの。本来キャッシュバックであるが、広告ではその金額を引いた実質的な負担額を強調する方向となっている。

 広告で大きく表示している「700円」というのは、月間3GBで音声通話付きのプランの1600円(税別)が12ヵ月で1万9200円(税別)、そこから1万800円を引いて12で割ると700円という計算からだ。ちなみに消費税は元の金額にかかることになる。

nuroモバイル

音声SIM利用開始から11カ月目の15日に1万5000円または1万円キャッシュバック

nuroモバイル
nuroモバイル

 「nuroモバイル」も音声通話付きプランでキャッシュバックを実施している。加入から約1年後となるが、プランによって1万円または1万5000円のキャッシュバックとなる。1万5000円はドコモ回線7GBまたは10GBを新規契約する場合で、そのプランをキャッシュバックまで継続している必要がある。

 なお、キャッシュバックはあくまで後からお金が戻ってくること。それまでは元々の金額を支払う必要があり、キャッシュバックされるまでに解約してしまうと受け取れない。一度はお金が出て行くことになるので注意したい。

端末の大幅な安値提供や大きな加入特典

 回線と端末の費用をきちんと分離して通信料金の「格安」を実現していたかに見えた格安SIMも、とうとうパンドラの箱を開けてしまった。

 端末の大幅な値引き価格提供に乗り出したところがある。数千円規模の特価提供はこれまでも多数あるが、万単位の大幅割引に足を踏み入れたのが「楽天モバイル」や「OCN モバイル ONE」だ。

楽天モバイル

端末半額などのセール実施や2万円キャッシュバックなど

楽天モバイル
楽天モバイル

 楽天モバイルのスーパーセールによる特価提供は以前から行なわれていたが、通話定額込みで長期契約付きプラン「スーパーホーダイ」が登場してから、スーパーホーダイの特典が極端に多くなっている。

 端末の特価提供は回線契約が前提だが、楽天市場のほかのセール商品と同じように安く提供される。

 そして、長期優待ボーナスとしてキャッシュバックが受け取れる。キャッシュバックは3年契約で2万円。3年の長期契約はなかなか難しいところだが、それを許容すれば2万円までの端末なら費用はほぼゼロになる計算だ。

OCN モバイル ONE

最大1万8000円割引の端末提供

直売サイト「gooSimseller」
直売サイト「gooSimseller」

 OCN モバイル ONEは楽天モバイルと違って年単位の長期契約付きプランがなく、これまでと同様のプランにもかかわらず加入と同時ならば非常に安く購入できる。

 公式サイトの端末購入案内から飛ぶ先の直売サイト「gooSimseller」では「最大1万8000円OFF」の文字が表示され、登場まもない新製品の「HUAWEI nova lite 2」が8800円などで販売されている。

 また、「gooSimseller」はオリジナルブランドのgooのスマホシリーズを出しているが、こちらも登場したばかりのWiko製の「g08」が6800円などとお得な機種が用意されている。

 この金額で購入するためには音声通話付きのSIMを契約する「らくらくセット」限定となるが、音声通話SIMを最低契約期間の6ヵ月間契約した費用を足しても単体で購入するよりも安くなる場合がある。

 ちょうどOCN モバイル ONEの加入を検討している人ならさらにお得だ。

3大キャリア、サブブランドの競争も激しく料金最重視なら注目

 格安SIM勢もけっこう頑張っているが、春の需要期を迎えて3大キャリアの特価も激しいものになっている。キャリア専売店や大手家電量販店店頭では気づきにくいが、併売店と呼ばれる各キャリアをまんべんなく扱うショップでの価格競争は熾烈だ。

 状況を簡単に説明すると「iPhone 8」(64GB)はドコモが「端末購入サポート」機種として、正規の割引込みで機種代金が2万2680円(新規追加、またはMNP転入時)と大幅に下がった。

 そのため、下取りや家族の同時加入、さらに販売店独自の値引きを加えればiPhone 8が一括で0円というのもよく見かける状況となっている。

 ただし、端末購入サポートで購入すると月々の割引がなくなるほか、定められた期間内(基本的に12ヵ月)に解約すると非常に高額な違約金となる仕組みだ。

 また、iPhoneがこのような状況なので、そのほかの機種も割引が大きくなっている。

 一方、サブブランドと呼ばれる「UQ mobile」「Y!mobile」は、「iPhone SE」の安値提供が広がっている。

 こちらは最新iPhoneではないのもの、月々の支払いが3大キャリアよりも大幅に安いことが特徴。サブブランドでは最初に一括購入していれば「マンスリー割」「月額割引」によって月々の支払い額が格安SIMより大幅に安くなることもある。

この春は、格安SIM卒業もアリ? お得を逃すな

 この春は、iPhone 8の特価が進んでいることもあり、端末と月額費用のトータルコストを調べていくと3大キャリア、サブブランド側にも魅力的なキャンペーンが多数用意されている。

 出費削減狙いで格安SIMを使っているユーザーは、この春は3大キャリア、サブブランドの特価情報にも注目し、初期費用と月額費用のトータルで考えた料金シミュレーションをするといいだろう。

 ただし、3大キャリア、サブブランドに戻るということは例の2年ごとの長期縛りの契約に戻ることになる。また、iPhone 8の大幅割引のような条件で購入すると短期解約の違約金は非常に高額となる。

 格安SIMのキャンペーンも含めて、この春は状況を広い視野で調べておいたほうが得。格安SIM同士の乗り換え、サブブランドへの移行、3大キャリアに出戻りも含めてさまざまなものから自分にピッタリのものを探してほしい。

 ちなみに筆者はイオンモバイルからUQ mobileに乗り換えたことも報告しておきたい。

mobileASCII.jp TOPページへ