なんと早くも「Galaxy S9」&「Galaxy S9+」がアキバに入荷

文●鈴鹿 廻

2018年03月16日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子が先月末の「MWC 2018」で発表した、最新スマートフォンの「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」が早くも店頭にやってきた。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて販売中だ。

グローバル発売に先駆けアキバに到着した、サムスンの最新スマホ「Galaxy S9」シリーズ。デザインは「S8」に似ているが、中身は大きく進化している

 5.8型のGalaxy S9と6.2型の大型モデルGalaxy S9+からなる、サムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン。店頭には先行発売分が入荷したとのことで、グローバルにおける正式発売より一日前倒しでの販売開始となった。

 外観デザインこそ前世代の「Galaxy S8」シリーズに似ているが、大幅進化のカメラ機能を中心に、フルモデルチェンジをはたした。注目のカメラには、メカニカルな絞りの可変機能実装。明るい場所ではF値2.4、暗い場所ではF値1.5に切り替わり、環境に最適な設定で撮影できる。なお画素数は1200万画素で、Galaxy S9はシングル、Galaxy S9+は光学2倍ズーム対応のデュアルカメラを搭載している。

 そのほか、最大960fpsのスーパースローモーション撮影に対応するほか、12枚の画像を1枚に合成してノイズを低減する機能も実装。800万画素のフロントカメラには、ユーザーそっくりなアバターを作成できる「AR Emoji」などの新機能にも対応した。

5.8型の「S9」と6.2型「S9+」の2サイズ構成。トピックは、初の絞り可変機能がついた高性能カメラだ

 ディスプレーは、アスペクト比18.5:9かつ解像度2960×1440ドットのインフィニティーディスプレイを採用。入荷したのは香港版のため、プロセッサーはSnapdragon 845を搭載、メモリーは6GB、内蔵ストレージは最大256GBだ。OSはAndroid 8.0を搭載している。

 そのほか、生体認証は指紋認証と虹彩認証、顔認証のほか、虹彩+顔認証を組み合わせた「Intelligent Scan」に対応。ボディーはIP68の防水・防塵に対応している。

 対応周波数帯は、LTEバンド1/2/3/4/5/7/8/12/18/19/20/28/29/30/38/39/40/41など。nanoSIM×2のデュアルSIMスロットを備えている。

以前より画面の境界部分が見えにくい、さらに一体化が進んだボディー。スナドラ845、6GBメモリー、最大256GBのストレージと、かなりのハイスペック構成だ

 なお、販売金額はストレージ容量などによって異なり、Galaxy S9(64GB)は10万2800円、Galaxy S9+は64GBモデルが11万9800円、128GBが12万4800円、256GBモデルは13万4800円となっている。

【関連サイト】

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク