ドコモがマンホールに入る携帯基地局!? 混雑した観光地も快適通信!

文●オカモト/ASCII編集部

2018年04月11日 14時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは、アンテナが観光や景色の障害になったり、人が集中する都市部などを携帯エリア化するのに適した「マンホール型基地局」の試作機を国内で初めて開発し、実証実験を開始したことを発表した。

このようにマンホールの中に基地局が設置される

 マンホール型基地局を運用するにあたり、3つの条件を満たすことが必要だったという。具体的には「快適な通信環境を提供できるサービスエリアの確保」「マンホールの上を含む、周辺の電波の強さが法令を順守していること」「マンホールのふたが安全基準に準拠した強度であること」だ。

 今回、札幌市のドコモ管理下の環境における実験では、鉄製と同様の規格を満たし、電波を通すことができる樹脂製のマンホールふたを用いて、半径90メートル程度の範囲をエリア化することに成功したという。

樹脂製だが十分な強度を持つマンホールのふた

 札幌市のマンホール型基地局のスペックは、1.5GHz帯を用いて、256QAMとの組み合わせで、下り最大150Mbps。埋設部分のサイズは70cm四方で約15kg。テストでは45cmの積雪やアイスバーン状態でも電波が減衰しないことが確認できたという。今後は沖縄県南城市、東京都渋谷区も加え、高温多湿や降雨、高負荷、また利用する周波数帯を変更するなど、多様な環境での実験を進めて、2018年度中の本格運用を計画している。

中の仕組みはこのようになっている

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク